バレエの代表的なバリエーション35選を動画付きでご紹介!

バレエでは、ソロで踊る曲を"バリエーション”と呼びます。 舞台の真ん中で一人で踊るので、見せ場の一つでもあるのです。 こちらでは、代表的なバリエーション35種類を動画でわかりやすく解説し、その特徴を紹介します!


バリエーションには様々な種類があり、有名なところでは『白鳥の湖よりパドトロワ』や『眠りの森の美女よりリラの精』、『ジゼル』などが挙げられます。コンクールに出場するときは、課題曲の中から踊りたいバリエーションを選びます。そのため、多くのバリエーションを踊ることができた方が有利になります。
そこで今回は、バレエのバリエーションをまとめてご紹介します。
得意なバリエーションを増やし、憧れのバレエダンサーに近づきましょう!

代表的なバリエーションまとめ

ジゼル

ローザンヌ国際コンクールや全日本バレエコンクールなどで踊られる、バレエダンサーには必須のバリエーションです。ロマンチックバレエを代表する作品として知られており、難易度の高いターンに悩まされるダンサーは数知れず…。

ジゼルよりペザント

日本ではコンクール初心者が踊る演目となっているジゼルですが、ローザンヌ国際バレエコンクールでは課題曲として指定されるため、バレエのバリエーションの中ではかなり重要な演目です。若い世代の候補者に踊られることが多く、可憐さを表現することが求められます。

パキータ

パキータは、スローテンポな曲に合わせて踊るバリエーションです。キープが多く、ターンの難易度も高いため、上級者向けのバリエーションといえるでしょう。

ワルプルギスの夜

ロシアバレエの特徴であるダイナミックさが散りばめられたバリエーションです。

白鳥の湖よりオデット

オデットは、白鳥を模した羽ばたくような振り付けが特徴的なバリエーションです。白鳥の繊細さを表現する力が鍵となります。

白鳥の湖よりパドトロワ

軽やかに、かつ優雅なパドトロワ。バレエ初心者さんに挑戦してもらいたい演目です。

白鳥の湖よりオディール(黒鳥)

黒鳥のオディールは、難易度の高いバリエーションとして有名です。キレのあるダンスと、王子を誘惑する表現力が問われるため、バレエ上級者でも難しい演目です。

海賊(メドーラ)

振り付けに複雑さはないものの、高い技術とキープ力が必要になるメドーラは、難易度の高いバリエーションといえるでしょう。

シルヴィア

基礎が試されるシルヴィアは、バレエ初心者さん向けのバリエーションです。これぞバレエと思わせるポーズがいくつも取り入れられています。

アレルキナーダ

唇に「シーッ」と指をあてる振り付けが特徴的なアレルキナーダ。若い世代に人気の高いバリエーションです。

チャイコフスキー・パドドゥ

チャイコフスキー・パドドゥは、チャイコフスキーが『白鳥の湖』の初演後に追加したものです。軽快さを必要とする、比較的難易度の高いバリエーションといえるでしょう。

ファラオの娘(アスピシア)

全体的に可愛らしい振り付けで、1度観たら覚えてしまいそうな中毒性がありますね。若い世代に人気のバリエーションです。

タリスマン

連続シェネが美しいタスマリンは、基礎がしっかりあるバレエダンサーにおすすめ演目です。

ゼンツァーノの花祭り

名前の通り可憐な『ゼンツァーノの花祭り』は、子どもたちに大人気のバリエーションです。

ラ・フィユ・マル・ガルデよりリーズ

『ラ・フィユ・マル・ガルデ』は、ジゼルと並ぶ最古のバレエ作品です。可愛らしい振り付けが小学生や中学生に人気のあるバリエーシですね。

シンデレラ

連続ターンに心を奪われる『シンデレラ』は、ターンが得意なダンサーにしか踊ることのできないバリエーションです。

眠りの森の美女よりリラの精

ゆったりしたテンポのリラの精は、確実なテクニックが必要になるバリエーションです。ある程度レッスンを積んだ、バレエ上級者におすすめです。

眠りの森の美女よりオーロラ姫1幕(ローズアダジオ)

オーロラの16歳の誕生日に踊られる演目です。16歳という、子どもでも大人でもない難しい年代を表現する力が試されます。

オーロラ姫3幕

美しいパで魅せるオーロラ姫3幕のバリエーションは、バレエ初心者さんでも挑戦できる演目です。

眠りの森の美女よりフロリナ王女(青い鳥、ブルーバード)

フロリナ王女は、年少者を対象としたコンクールでしばしば踊られるバリエーションです。バレエ団では、新人の中でも人気のあるバレリーナが踊ります。

くるみ割り人形より金平糖の精

名前からして可愛らしいこのバリエーションは、日本では金平糖と訳されていますが、果物を砂糖でコーティングした”ドラジェ”というお菓子の精によるダンスです。どのバレエスタジオでも、キュートな振り付けを真似する子どもがいるはず!

ドン・キホーテよりキトリ1幕

キレのよさ、ダイナミックなダンス、アクロバティックなジャンプがミックスされたキトリ1幕のバリエーション。バレエ上級者向けの難易度の高い演目です。

ドン・キホーテよりキトリ3幕

1幕と同様、確実なテクニックが必要になるバリエーションです。持久力や表現力を身につけるにもぴったりの演目です。

ドン・キホーテよりキューピッド

キューピッドは、ドンキホーテ2幕の夢の場のバリエーションとして知られています。テンポが速くノリやすいので、コンクール初心者向きの演目です。

ドン・キホーテより森の女王

優雅さがポイントになる森の女王の見せ場は、ラストのターンではないでしょうか?ステップは比較的単調なため、質の良いレッスンを積むことで踊ることができるようになるはず!

ドン・キホーテよりドルシネア姫

ターン、キープ、ポワントが要所に織り込まれており、高度なバレエ技術を要するバリエーションです。バレエ初心者さんは、ドルネシア姫のように優雅な踊りができるようにレッスンに取り組んでほしいですね。

パリの炎

パリの炎は、革命を前に民衆が沸き立つ大事なシーンで踊られるバリエーションです。生き生きとしたパ(ステップ)が特徴的です。

ダイアナ

高いジャンプで魅せたいダイアナは、難易度の高いバリエーションだといえるでしょう。どれだけ体の軸がブレることなく踊れるかがポイントになります。

サタネラ

アームスの使い方によって作品の表情が変わるため、ダンサーにとっては面白いバリエーションといえるでしょう。

コッペリアよりスワニルダ1幕

ポーランドの農村で、明るく無邪気な人気者の少女スワニルダを演じるバリエーション。バレエではありますが、ダンサーというよりもアクトレス並みの表現力が求められる作品です。

コッペリアよりスワニルダ3幕

結婚式の賑やかな場で、新婦スワニルダが踊る場面。可憐さと優雅さを織りなす振り付けは、バレエ上級者向けです。

ラ・バヤデール(ガムザッティ)

古代インドが舞台の『ラ・バヤデール』は、悲しい結末を迎える作品です。しかし、ロシア革命後にはラストが省略され、原作とは異なる結末に仕上げている場合もあります。

エスメラルダ

タンバリンを小道具として使用する『エスメラルダ』は、バレエには珍しく観客の手拍子を誘うバリエーションです。バレエに興味のない人でも楽しめる演目なので、ダンサーの魅せる力が試される作品といっても過言ではありません。

この記事をシェアする