2018年最新!キッズダンスの発表会にオススメの髪型・ヘアアレンジ20選

お団子ヘアー、コーンロウ、バンダナなど、キッズダンスの発表会にオススメしたい髪型・ヘアアレンジを一覧でまとめました。キッズの髪型に迷っている方はぜひ参考にしてください!


年末に向けて、ダンスの発表会やイベントが盛んに行われる時期ですよね。
親御さん方は衣装や髪型など、準備も大変なのではないでしょうか。発表会で不可欠なのがヘアメイク。発表会の特別な日には、お子さんにはいつもとは違った髪型をやってあげたいですよね。
今回は、キッズダンスの発表会やイベントでも使える髪型をご紹介します。

ポニーテールヘアー

View this post on Instagram

この前リクエスト頂いてた、なんちゃってソフトモヒカンヘアアレンジ動画★ ピンは一切使いません★ 前髪ポンパ作る→動画の様にくくっていく→コテで巻く→ほぐして逆毛にする→ケープで固めて出来上がり★ 今回はFAKEヘアゴムを使ってないですが、編み込み得意な方は横を編み込んでもOK★ 詳しくはアメブロに載せています★プロフィールからアメブロ、メルカリ見れるようになっています❤︎ #ヘアアレンジ #キッズヘア #ヘアアクセ #ヘアゴム #ハンドメイド #のこゆん #キッズダンス #キッズダンスヘア #簡単ヘアアレンジ #アップスタイル #子供ヘアアレンジ #FAKEヘアゴム #アメブロのこゆん #ヘアアレンジ動画 #anapgirl #hairstyle #Hairarrange #モヒカンヘア

A post shared by のこゆん (@nokoyun) on

キッズダンスの髪型の定番といえば、ポニーテール。
ポニーテールはシュシュや髪飾り用のゴムも多様にあり、可愛く仕上げやすいですよね。また発表会などには逆毛を立てるて、ボリューム感を演出するとお子さんのテンションも上がります。ポーニーテールだけでもたくさんのアレンジができますよ。
また、この写真のように、巻髪ポニテなどもオススメです!
その他のポニーテールシリーズもご紹介します。

サイドポニーテール

View this post on Instagram

@junko6729がシェアした投稿

サイドポニーテールは右横もしくは左横でつくるポニーテールのこと。ダンスで床に寝転がったりする振りがあるときはこちらの髪型がおすすめですよ!そして。ポニーテールのいいところはいろいろなヘアアレンジを組み合わせてできるところも魅力のひとつです。

サイドポニーテール×逆毛ポニーテール

サイドポニーテール×編みこみ

サイドポニーテール×編みこみ×リボン

View this post on Instagram

@junko6729がシェアした投稿


ポニーテールだけで一部分だけ編みこみを入れたり、逆毛を立てるなどアレンジも取り入れるとよりオリジナル感がでますよ!

おだんごヘアー

ポニーテールのちょっとした応用としてもあるおだんご。激しい踊りの場合は、ポニーテールの毛が当たってしまい、邪魔になることもあります。そのようなときにおだんごヘアーはオススメです。

ひとつおだんご

ふたつおだんご


ひとつのおだんごと、ふたつのおだんご。子供がするとどちらもとてもかわいいですよね。
また、普段の練習でも、おだんごヘアーはトレードマークにもなりかわいいですよ。おだんごは大変…!と思う方もいるかと思いますが、子ども用のおだんごネットというのが100円均一などにあります。
リボンやパールが付いていたり、おしゃれなものも多いです。子ども用のおだんごネットはポニーテールを丸めて被せ、パッチンと止めれるようになっているのでとても簡単ですよ。

ハーフアップおだんご

これも羊さんヘアーでかなりかわいいです。
小さな子どもであればあるほど、かわいくて、似合いますよね☆
この髪型の場合は、上のおだんごは固めにしてくださいね。

巻髪ヘアー

ダンスは髪の毛を使うとより艶やかに見えますよね。女性らしいダンス、かわいいダンスの場合は、巻髪ヘアーがおすすめです。
特にキッズダンスではかわいらしいヒラヒラのお姫様のようね衣装も多いと思いますので、普段なかなかやらない巻髪はテンション上げてくれること間違いナシ!小物が自由であれば、りぼんやかわいい髪飾りなども付けるとより可愛く仕上がりますよ♪

巻髪ヘアー×帽子

ツインテール

ツインテールは結ぶ高さなどによっても、かなり印象が変わりますよね。ダンスのツインテールは、高めに結び、巻髪でツインテールにするのがおすすめです。短めの髪の子であれば、耳あたりで結ぶのも髪の毛がぴょんっとなり、かわいいですよ!ポイントはきつめに結ぶこと。ツインテールも激しい踊りだと、意外とゆるくなってきてしまいます。ゴムに髪の毛が少しひっぱられるくらいきつめに結ぶのが発表会などでは崩れずらくなるコツですよ。

巻き髪×ツインテール

View this post on Instagram

ふわふわ逆毛ヘアアレンジ動画★ ピンは使いません★ 髪の毛の少ない次女が小さい頃ボリュームを出したい時によくしてたアレンジです★ 2回に分けてくくるので後ろの髪の毛もくずれにくいです★ ふたつにくくる→動画のようにくるりんぱ→髪の毛をコテで巻く→逆毛にしたら完成★ 前髪コーンロウにしても良いし、FAKEヘアゴムclothタイプをバンダナにして巻いてもok★ 逆毛のやり方など詳しくはブログに載せています★ プロフィールからブログ、メルカリ見れます★ #ヘアアレンジ #キッズヘア #ヘアアクセ #ヘアゴム #ハンドメイド #のこゆん #キッズダンス #キッズダンスヘア #編み込みアレンジ #簡単ヘアアレンジ #子供ヘアアレンジ #FAKEヘアゴム #アメブロのこゆん #ヘアアレンジ動画 #コーンロウ #anapgirl #hairstyle #Hairarrange #イベントヘア #逆毛

A post shared by のこゆん (@nokoyun) on

ツインテール×おしゃれアレンジ

三つ編みヘアー

三つ編みで、サイドポニーテール、おさげ、編み込みと様々なアレンジができますよね。
また、編み込みの中に小花やカラーエクステなどを入れて一緒に編み込むのも個性が出ますよ。
編み込んでいるとピンなどで止めやすいので、バンダナなど、頭になにか付けたりする場合は特にとてもおすすめです。上から編み込みをしておさげにする、すべての面を三つ編みにする髪型もキューティーに仕上がります。また、三つ編みは動くとゆるみやすいので、スプレーでしっかり固めることもお忘れなく!!

三つ編み×ツインテール

編み込みヘアー

コーンロウとも似ていますが、三つ編みの編み込みヘアーです。

編み込みだけでもかわいいですが、ワンポイントにあみこみを入れて、他の髪型と組み合わせるのもおしゃれです。「ポニーテール×あみこみ」や、「前髪編み込み×巻髪」など、組み合わせヘアーにすることでより特別感がでますよね。おすすめは「編み込みヘアー×アップスタイル」です。編み込みをしてから、ぽにーテールやツインテールなどをして、最後に付け毛なども加えて完全なアップヘアーに仕上げると横から見たらかわいい、アップヘアーでボリューミー!キッズダンスで早着替えもたくさんあると思いますが、そのときも邪魔にならずに済みますよ!

ハーフアップ


ハーフアップは上品でおとなしい髪型のイメージがあるかと思いますが、高めに結び逆毛を立てるとかなりダンサーのような仕上がりになります。また、写真のように横に編み込みをしてからハーフアップにする、というのもとてもオシャレに仕上がります。
ひと手間かけるだけで、一段とオシャレになりますよ!紐リボンでもかわいいこの髪型。リボンを付けたい!という人には特にオススメですよ。

ダンス髪型の定番!コーンロウ

その他にもダンスのヘアスタイルは多様にあります。
ダンスのヘアスタイル専用の一覧がサイトでも見れたりしますよ。ぜひ、こちらも参考にしてみてくださいね!この中でもダンスのヘアスタイルとして一番多いのがコーンロウですよね。
コーンロウはハート型に編み込みをしたり、かわいいアレンジもできるようです。続いてはコーンロウについてご紹介します。

コーンロウ

ダンスヘアスタイルの定番。
簡単に説明すると、コーンロウとは細かい編みこみのような髪型のこと。裏編みこみというやつです。セルフでやるには難しいと思う方も多いですよね。

コーンロウのやり方

今回はセルフでも簡単にできるコーンロウの動画もご紹介します。
これでお子さんにもやってあげることができますよ♪
まずは太めの裏編みこみから習得してみましょう!

こちらで慣れた!という方は、本格的なコーンロウに挑戦してみましょう!

その他コーンコウアレンジ

アレンジコーンロウが実際にどのようなものなのか、ご紹介します。

ハート型コーンロウ

うずまきコーンロウ

カラーエクステコーンロウ


 

キッズ髪型のおすすめの最強アイテム

ヘアアレンジをさらに彩る、便利でかわいいアイテムをご紹介します。

エクステ

美容院などでわざわざ付けてもらうのもいいですが、時間がかかったり、発表会当日であればバタバタしてしまいますよね。
最近では、市販でもさまざまなカラーのエクステや元々巻いてあるエクステなどがあり、雑貨家やネットなどでとても簡単に手に入ります。そして、自分で付けるタイプのものは安く購入できます。仲良しの子供同士で色違いやお揃いにしてもかわいいですよ!
蛍光のカラーエクステが一番、ダンスキッズ感がでますよ☆

バンダナ

最近はストールやバンダナをファッションで取り入れ、カラーを楽しむのもトレンドのひとつですよね。バンダナもカラフルなものが多いので、髪型をセットした上で更に小物として取り入れるとおしゃれ感アップ!また、バンダナは男女ともに使えるのもいいですよね。
練習の際にもバンダナを巻いたりすると、髪の毛が抑えられて変に気にしたりする必要もなくなるので、普段使いとおしゃれ使いの両方知っておくと便利ですよ!いろいろな巻き方もあるので、気分によって変えてみてくださいね!

キャップ

ダンサーといえば、キャップですよね!かわいいものから、かっこいいものまでとても種類も豊富ですよね。練習でも、帽子を被っているだけで、ダンスがかっこよく見えたり、上手く見えたりしちゃいますよね。練習後の汗をかいた髪にも帽子を被ればおしゃれに見えますよね。また、発表会などで帽子を使う場合には落ちないようにしっかりピンなどで止めるのもお忘れなく!!

まとめ

キッズダンスにかわいいヘアアレンジは不可欠ですよね!今回の記事を参考にセルフでも様々なアレンジができるようなものを紹介しました。アイテムなども紹介したので、是非ともダンスのレッスンやイベント、いろんな場面で活用してみてくださいね。