バレエ・ドン・キホーテのあらすじやストーリーをバレエ経験者が解説!

バレエの『ドン・キホーテ』は少々滑稽な物語が、美しいバレエと相まってクスッとさせてくれる作品です。 今回は、『ドン・キホーテ』のあらすじやストーリーをバレエ経験者が解説いたします。


バレエ作品『ドン・キホーテ』とは?

バレエ作品の『ドン・キホーテ』は、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説が原作となっています。 騎士道物語の読み過ぎで現実と物語の区別がつかなくなった郷士が、自らを”ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ”と名乗り、冒険の旅に出かける物語です。出版当初、滑稽本として高い評価を受けたドン・キホーテ。登場人物たちも道化としてのイメージで受け取られたようです。17世紀初頭には、スペインや南米で行われたいくつかの祭りでドン・キホーテに扮した人物が人々の笑いをとったという記録まで残っています。

クラシックバレエでは、ドン・キホーテは主役ではなく、物語の端々に登場するだけの脇役的存在です。物語は、バジルとキトリの恋物語として進んでいきます。

ストーリーを教えて!

プロローグ
書斎で騎士物語を読みふけるドン・キホーテは、次第に現実と空想の境目がなくなり、サンチョ・パンサを従者に物語の中に出てきたドルシネア姫に会いに旅に出ます。

【第1幕】
舞台はスペインの市場。床屋の息子バジルと宿屋の娘キトリの2人は恋仲にありました。しかし、キトリの父親は金持ちのガマーシュと結婚させたいと考えているため、2人の仲を許そうとはしません。

町人や闘牛士たちで活気づく街に、突然風変わりな風貌のドン・キホーテ一行が現れます。ドン・キホーテは、キトリをドルシネア姫だと思い込んでしまいます。

【第2幕】
市場の騒動の合間にバジルとキトリは駆け落ちし、ロマの宿営地に辿り着きます。2人を追いかけて、ドン・キホーテたちもやってきます。やがてロマたちによる人形劇がはじまりますが、ドン・キホーテは人形劇に登場する悪者を敵と勘違い。風車を巨大な敵だと思い突撃し、意識を失います。意識を失ったドン・キホーテは、夢の中でドルシネア姫に会うのです。

舞台は居酒屋に戻ります。どうしても結婚を認めないキトリの父親に対し、バジルは狂言自殺をし、その演技に騙され父親は結婚を認めてしまいます。

【第3幕】
キトリとバジルの結婚式が盛大に行われます。ドン・キホーテは、ドルシネア姫を探してまた旅に出るのでありました。

どんな歴史があるの?

ドン・キホーテの音楽は、ロシアで活躍した作曲家レオン・ミンクスによって作曲されました。振り付けは、マリウス・プティパです。

ドン・キホーテは、前編が1605年に出版され、1615年には後編が出版されました。

『ドン・キホーテ』を動画でご紹介!

新国立劇場バレエ団のこの動画は、たった3分でドン・キホーテの内容が分かるというものです。滑稽な場面がうまく散りばめられており、バレエを知らない方でも楽しめる動画になっています。

日本を代表するバレエダンサー熊川哲也さん演じるドン・キホーテは、エネルギーに溢れています。確かな技術と豊かな表現力は、観る者の心を一瞬にして掴んでしまうほど。

ドン・キホーテの夢の場の動画をご紹介します。上からのアングルもあるため、衣装や構成が分かりやすく、バレエ経験者の方なら参考になるのではないでしょうか。

まとめ

バレエ作品『ドン・キホーテ』をご紹介しましたがいかがでしょうか?

言葉のないバレエ作品は、内容やストーリーが分かりにくいと敬遠しがち。しかし実際は、バレエに興味のない方にも分かりやすく作られているため、下調べなしの状態で観劇しに行ったとしても楽しめると思います。
そんなバレエ作品の中でも、特にドン・キホーテは滑稽にも思える内容と登場人物の個性、美しいバレエが織りなす躍動感溢れる作品です。

あなたもドン・キホーテと一緒に、現実と空想の境を楽しんでみませんか?