5分でわかる!社交ダンスの漫画・アニメ「ボールルームへようこそ」

社交ダンスをテーマに描いた漫画「ボールルームへようこそ」はご存知でしょうか? 現在はアニメ化もしており、ダンスを題材にしたアニメという意味では異例の人気作品となっています。 今回は、そんな「ボールルームへようこそ」について紹介します。

みなさんはアニメは見ますか?
アニメや漫画は様々な人生や世界観を感じさせてくれる素敵なサブカルチャーですよね。
実はダンスがテーマの漫画があるのはご存知でしょうか?
今回は社交ダンスがテーマの「ボールルームへようこそ」についてご紹介します。
社交ダンスをやっている人はもちろん、漫画・アニメ好きは必見です!

社交ダンスアニメ「ボールルームへようこそ」

TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】
月刊少年マガジンに連載されていていた漫画をアニメ化したもの。ア
ニメは2017年7月から放送されています。
テーマは社交ダンス(競技ダンス)、青春について描かれています。

あらすじ

あらすじ
平凡な中学生、富士田多々良(ふじた・たたら)は将来の夢も特に無く、無為な日々を過ごしていた。そんなある日、謎のヘルメット男に出会った多々良は訳もわからず連れ去られてしまう。男が向かった先は……何と社交ダンスの教室だった。ダンスの世界に一歩を踏み出した多々良の日常が、みるみる変わり始める――!! 剥き出しの才能が描く“ボーイ・ミーツ・ダンス”!! 踊り手の魂が交錯する舞踏室(ボールルーム)で繰り広げられる、激アツ! ダンスストーリーに酔いしれろ!!

何もやりたいことがない、特に夢や目標がない、という状態からダンスに出会い、人生が変わった人、というのは読者さんの中にも案外いるのではないでしょうか。
ダンスについての葛藤や悩み、挫折、挑戦、がとても忠実に描かれています。
ダンスが楽しくて楽しくて楽しいのに、なかなか上手い人へ追い付けないもどかしさや悔しさ、自分の実力のなさ、どうすればもっと上手くなれるのか悩む毎日。
ダンスをやる上での心の葛藤にダンスをやっている人は特に共感するのではないでしょうか。
そして、誰かと一緒に踊る楽しさ、幸せ、、難しさもかなりリアルに描かれています。ダンサーにとって、誰かと踊ること、は欠かせないことですが、誰かと踊ることは楽しい半面、振りを合わせなければならなかったり、難しいところや大変なところもたくさんありますよね。

そして、主人公の多々良は年頃の男の子なのですが、ダンスをテーマにした題材の作品は女の子が多いですよね。なので、とくに男性には見て欲しいですね。ダンスがやりたくても、中高時代は恥ずかしくてダンスをやりたい!とも言えなかった、という男性は必見ですね。ダンスをよく知らない人は、絶対にダンスに興味が湧きますよ!

「ボールルームへようこそ」が面白い理由

ダンスと通して成長していく人間ドラマの部分がかなりおもしろいです。
今回の作品はテーマは社交ダンス、競技ダンスです。競技なので、点数化される訳です。優勝者も決まる。目に見えた結果、というのが叩きつけられるわけです。そして、誰かとペアで踊る。誰かと踊る、ということは、当然、ぶつかり合いますよね。
勝負でもあり、表現でもある、というのが難しいところなのです。
そして、やはり一番のおもしろみは主人公のダンスに懸ける青春ですね。
何もやりたいことがなかった普通の男の子が、本気でダンスと向き合い、成長していく姿には本当に胸が打たれますよ。

5分でわかる!「ボールルームへようこそ」

オフィシャルサイトでも紹介されていますが、5分で分かるTVアニメ「ボールルームへようこそ」という動画もあります。
こちらの動画を見ると、絶対に見たくなること間違いナシです!

まとめ

ダンスがテーマだから、というわけではなく、この作品はひとつの作品として、とてもおすすめです。さまざまなスポ根ものがありますが、その中でもより情熱的で人間模様もとてもリアルに描かれています。感動、というよりはつい感情移入して見てしまいます。ダンスをしている方は絶対に見た方がいいですよ!

この記事をシェアする