増田惠子、銭湯でダンサーと踊る。「富士山だ」MV公開!

加藤登紀子カバー&ヒャダイン編曲「富士山だ」MV公開! ピンク・レディー作品の振付師・土居甫の愛弟子とタッグ!


増田惠子が、2月21日に発売したニューシングル「最後の恋/富士山だ」より「富士山だ」のミュージックビデオを自身のYouTubeチャンネルで公開した。

増田惠子は1976年にピンク・レディー「ペッパー警部」でデビューし、「UFO」など作詞家の故・阿久悠作品が大ヒット。2月21日に発売した約13年ぶりとなるニューシングル「最後の恋/富士山だ」では、阿久の未発表詞に加藤登紀子が作曲したラブ・ソング「最後の恋」で、ソロ転向後初となる恩師・阿久悠による新曲をリリース。一方カップリングでは加藤が2014年にリリースした「富士山だ」をカバーし、両曲ともに編曲はヒャダインこと前山田健一が担当したことでも話題になった。

「富士山だ」は、増田のコンサートを観覧した加藤が「何で歌って踊らないの!あなたはピンク・レディーのケイちゃんだということを忘れては駄目」と振り付けも印象的な同曲を贈ったという。公開されたMVでは、ピンク・レディーの「UFO」や「サウスポー」など数々の名曲の振り付けとして知られる故・土居甫(どいはじめ)の愛弟子、渡辺美津子が振り付けを担当。富士山をかたどったユニークな振り付けは、自身のライブでも客席総立ちで一緒に踊るなど盛り上がっており、ファンや子供といった各方面より振付を覚えたいという要望が多数あったことから今回のMV制作につながった。

MVの原案は増田自身によるもの。東京・中野区の「千代の湯」でロケを敢行し、子どもたちを含むダンサー17名とともに、銭湯の壁に描かれた富士山の前で踊る印象的な映像に仕上がっている。公開にあたって増田は「このMVを見て、みんなで一緒に歌って踊れたら嬉しいです。」とメッセージを寄せた。なお、この映像は、7月7日(土)12時より日本テレビ系で約11時間にわたり放送される大型特番『THE MUSIC DAY 2018 ~伝えたい歌~』の日本縦断 47都道府県メドレー(東日本編)中でも紹介される予定。必見の映像をお見逃しなく!

RELEASE

2018/2/21
増田惠子「最後の恋/富士山だ」
CD:COCA-17419 ¥1,204+税
「最後の恋」作詩:阿久悠 / 作曲:加藤登紀子 / 編曲:前山田健一
「富士山だ」作詩:阿久悠 / 作曲:加藤登紀子 / 編曲:前山田健一

≪Official Site≫
http://columbia.jp/artist-info/masudakeiko/

PROFILE

増田惠子
1976年 ピンク・レディー「ペッパー警部」でデビュー。
1981年 ピンク・レディー解散。
1981年11月 中島みゆき作詞作曲「すずめ」でソロデビュー。
1982年 「すずめ」40万枚の大ヒットでYTV有線放送大賞特別賞をはじめ各賞受賞。
その後、女優として映画、ドラマも本格的に開始。
1989年 フランスにて「Kei」で Just in PANTHE レーベルよりデビュー。
2003〜2005年 ピンク・レディー メモリアルコンサートツアー100ヵ所200回公演実施 総動員数40万人(〜2005年)
2005年12月 15年振りのシングルCD「奇蹟の花」リリース。
2008年 アルバム「もいちど遊びましょ〜Now & Then〜」発売。
2010年9月1日 “解散ヤメ!” 発表をする。ピンク・レディー・アルバム「INNOVATION]を発売。
2011年 ピンク・レディー再始動。全国22か所コンサート・ツアーを行う。
2012年 ソロ・デビュー30周年記念アルバム「カラーズ」を発売。
2014年 アルバム「愛唱歌」を発売。
2018年2月21日 13年ぶりとなるシングル「最後の恋/富士山だ」を発売。