コツさえ掴めばすぐに出来る!前宙のやり方を初心者向けに解説!

様々な舞台やアクション映画のワンシーンなどでもよくみるアクロバット前宙。 手をつかない宙返り技は、初心者では怖くて練習方法もわからないという方も多いはずです。 当記事では、そんな初心者に向けて前宙のやり方とコツを解説します。


本日、ご紹介するのは、アクロバット系ムーブの中でも、前宙に的を絞った内容でございます。
見た目はシンプルな技ですが、ちょっとしたコツを覚える必要があるという点で、ほんの少しだけ難易度が高い技と言えるかもしません。
とはいえ、そのあたりもきっちりカバーしていきますので、ご安心ください!
前宙をイチから学んで身につけましょう!

前宙とは

いわゆる「前方宙返り(Front Flip)」の略称で、正面に向かって進みながら、ジャンプして、空中で前向きに体が一回転し、着地する技です。

バク転やバク宙と違い、後ろにジャンプする恐怖心はありませんので、後ろに飛ぶ系の技が苦手な方にとっては、習得するのにぴったりな技かもしれません。

コツについて

記事の冒頭で「ちょっとしたコツを覚える必要がある」と書かせていただきましたが、どんな点にコツがいるかを端的にまとめます。

1. 助走の勢いを保ち高く飛ぶ
2. 踏み切ると同時に腕を振る
3. 空中で、膝を胸に当てるように引き付ける(抱え込み)

上記の点がきっちり抑えられていれば、初心者やアクロバットが苦手な人でもできます。
聞くところによると、なんと初挑戦でもできてしまったという例もあるようです!

練習環境について

前宙を練習するにあたって、というよりはアクロバット全般に共通することですが、やっぱり怖いのは怪我ですよね。
特に、空中で回転する系の技については着地がちゃんとできずに怪我することも多いかと思います。ですので、練習するときは、マットやクッションなどが準備された状態で行うのがベストです。

また、ロイター版を使って高いジャンプをする練習方法もありますので、ロイター版が使える環境なら、ぜひ使ってみてください。

練習方法

先述のコツについて詳しく解説しているレクチャー動画や講座がたくさんありますので、その中から厳選した数本を紹介いたします。

助走の勢いを保ち高く飛ぶ

最初は飛び込みの前転(でんぐり返し)を練習して、だんだんと飛び込む高さを上げていくような練習方法です。

踏み切ると同時に腕を振る

こちらの動画では、踏み切った後の腕の振り方に着目したレクチャーをしています。腕の振り方は何パターンかあるみたいなので、自分に合ったものを見つけましょう。

空中で、膝を胸に当てるように引き付ける(抱え込み)

踏み切った後の空中姿勢についてわかりやすい解説がされています。足を胸に引き付けて、勢いを殺さずに体を丸め込むことが大切です。抱え込んだ後は、すぐに足を伸ばして着地に備えましょう。

前宙の派生技

「身体が正面を向いたまま、空中で前方に一回転する」ということであれば、ウェブスターという派生技があります。こちらは片足で踏み切り、もう片方の足の遠心力を使って回る技です。 もし前宙を覚えて、回る感覚を掴んでいるなら、挑戦してみてもいいかもしれません。

※空中で身体が横を向くとまた別の技になるので、今回はウェブスターのみ紹介いたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は前宙にフォーカスいたしましたが、アクロバット系の技は本当にたくさんありますし、回る感覚が身につけばアクロバット自体が得意技になってくる人が多いみたいです。そんなアクロバットの入り口としてはもってこいの技かもしれませんね。きちんと柔軟や準備体操をして、どんどん挑戦していきましょう!

それでは次回の記事でお会いしましょう♪