今年こそ挑戦してみよう!2018年のバレエのオーディション情報一覧

バレエのオーディション情報を知らべているプロ・セミプロバレリーナのために、2018年版オーディション情報一覧です。 2018年も半分が過ぎましたが、まだバレエ公演の出演者オーディションや、海外への留学のためのワークショップ&オーディションはありますよ!


プロバレリーナを目指す上で、欠かせないオーディション。一般に公開されていないものも存在しますが、インターネットで募集している情報を一覧でわかりやすくまとめました。
締切が迫っているオーディションもあるので、ダンサー人生に悔いのないようにチャレンジしてみるのもよいでしょう。それでは、バレエのオーディションの日程や会場、内容をチェックしていきましょう!

バレエ公演出演者オーディション情報

IWAKI BALLET COMPANY『ジゼル』全幕 出演者オーディション


出典:https://ibc.yukie.net/『ballet-gala-2017』開催決定とオーディションのお知らせ-2/

日程:8月3日(金) 10:00~12:30 新宿村スタジオ
   8月4日(土) 17:00~19:00 IBCスタジオ(四ツ谷)
申込み方法:URLからお申し込みください。申込用紙に必要事項をご記入の上、写真を添えて郵送してください。
締切:2018年7月31日(火)
詳細はこちら:http://ibc.yukie.net/

2018~2019年度海外合同バレエ学校&カンパニーオーディション


出典:https://balletnavi.jp/article/audition/

日程:2018年8月12日(日)
会場:新宿村 スタジオ セントラル402(東京都新宿区北新宿2丁目1―8)
内容:10:00~10:30 受付
   10:30~12:00 オーディションマスタークラス
   12:15~12:45 オーディションポワント
   12:45~14:00 バリエーション(一次通過した方のみ)
対象: 各学校年齢制限はありますが、年齢に関しては臨機応変に対応できる場合がありますのでまずはお問合せ下さい。
特典:・オーディションの参加者全員各学校の詳細(ビザの取り方、住まい等)を受取ります。
   ・才能のある方には各学校のスカラーシップ、カンパニーコントラクトを授与致します。   
審査員:ディミトリー・マジトフ(ドイツ名門ジョンクランコバレエスクールより)
費用:オーディション ¥10,000
   マスタークラスのみ ¥8,000
   ※プロフェッショナルダンサーの特別料金あり。詳細はお問合せ下さい。
応募方法:japan-audition@mail.comまでメールでお問い合わせ下さい。
締切:2018年7月22日(土)
   ※定員になり次第締め切らせて頂きます。去年は締切前に定員に達してしまったので、余裕を持ってお申込みください。
詳細はこちら:https://www.japan-ballet-audition.com/

【イングリッシュ・ナショナル・バレエスクール】カルロス・バルカーセル校長によるワークショップ&オーディション


出典:http://shballet.jp/audition_info.html#enb

日程:2018年10月13日(土)・14日(日)
会場:新宿村スタジオ(最寄り駅:丸ノ内線西新宿駅徒歩7分 大江戸線中野坂上駅徒歩5分)
内容:[10月13日](土)
   13:00 – 14:30 バレエクラス
   14:40 – 15:40 ポワント / レパートリー
   [10月14日](日)
   13:30 – 15:00 バレエクラス
   15:10 – 16:10 ポワント / レパートリー
   16:10 – 16:30 学校紹介 / 合格発表
対象:ワークショップ 10歳~19歳
   オーディション 16歳~18歳 (2019年9月時点)
費用:ワークショップ 27,000円
   オーディション 6,000円
応募方法:HPの履歴書をプリントアウトし、必要事項を記入、写真貼付の上ご郵送ください。
詳細はこちら:http://shballet.jp/audition_info.html#enb

2019年新規団員/ジュニアカンパニー同時オーディション


出典:https://www.sdballet.com/school/class/

日程:2019年2~3月に開催予定
会場:スターダンサーズ・バレエ団スタジオ(南青山)
内容:クラス審査(女性はポアント含む)
対象:【団員・準団員】原則4月から日中のリハーサルやSDBの公演活動に参加可能であること、日本での就労資格を有する方
   【ジュニアカンパニー】プロフェッショナルダンサーを目指す24歳までの方
費用:¥8,000
詳細はこちら:https://www.sdballet.com/company/audition/

バレエ留学情報

第6回湘南バレエ・コンペティション パリ留学オーディション


出典:https://balletnavi.jp/article/audition/

日程:2018年8月24日(金)
会場:藤沢市民会館大ホール(神奈川県藤沢市鵠沼東8-1)
対象:中学2年生~22歳 定員:20名 審査料:¥10,000
特典:受賞者にはグーベ・ヨーロピアンダンスセンターの入学許可証、奨学金が授与されます。
   ※湘南バレエ・コンペティション本選へのご参加が受講条件となります。
審査員:ギイ・ポジョリ(元ミラノスカラ座、20世紀バレエ団)
費用:プレ・コンペティション部門 ¥21,000(DVD、採点シート、損害保険料を含む)
   ジュニアB・C部門 ¥24,000(DVD、損害保険料を含む)
    採点シート¥2,000
    クラシック・ワークショップ¥4,000
    講座各¥3,000(各ご希望の方のみ)など
応募方法:ホームページより湘南バレエ・コンペティションホームページ参加申し込みバナーをクリック。
     (郵送の場合:応募要項を下記までご請求ください。
湘南バレエ・コンペティション事務局
〒251-0015 神奈川県藤沢市川名1-4-23-604
      TEL:070-5466-7194
      E-mail: info@s-balet-c.jp)
締切:2018年3月17日(土)~7月22日(日) ※郵送の場合、締切日当日消印有効。
詳細はこちら:http://www.s-ballet-c.jp/participation/

セントラル・スクール・オブ・バレエ

日程:近年は11月末
取得コース:第1、2学年:学士基礎コース Foundation degree course
      第3学年:学士コース:BA(Hons)in Professional Dance and Performance (the University of Kent)
授業料:£17,600
    その他、滞在費、ユニフォーム、シューズ代、英語授業料などは別途。
    ※入学時1学期分の保証金を納めるが、これは卒業後に未払い分を差し引いて返金される。
締切:願書締め切りは例年1月
学校HP:http://www.centralschoolofballet.co.uk/index.php
詳細はこちら:https://www.balletnavi.jp/ballet_ryugaku.html

ロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクール

日程:例年3月頃
内容:バレエクラス、コンテンポラリークラス、1分以内の自由振付作品、面接。
修得コース:学士コースBA(Hons) in Contemporary Dance(the University of Kent)
授業料:£17,600(2016/2017年)
    その他、保険、滞在費、ユニフォーム、シューズなどは別途。
申込み方法:例年10月頃より願書受付が始まる
学校HP:http://www.lcds.ac.uk/
詳細はこちら:https://www.balletnavi.jp/ballet_ryugaku.html

エルム・ハースト・スクール・フォー・ダンス

日程:例年11月から1月にかけて予選が実施され、3月中旬頃本選となる。海外からのDVDによる審査も可能(〆切に要注意)
授業料:授業料(寮費/メディカルセンター費用込み)£ 23,556(2016/2017年)
    その他、学校保険、教科書、英語授業、ユニフォーム、シューズ、音楽レッスン(楽器演奏)、課外授業費などは実費。
学校HP:http://www.elmhurstdance.co.uk/
詳細はこちら:https://www.balletnavi.jp/ballet_ryugaku.html

ランベール・スクール・オブ・バレエ・アンド・コンテンポラリー

日程:例年2月頃
内容:バレエクラス、ポワントクラス、コンテンポラリークラス、1分以内の自由振付作品(選抜者のみ)。海外からはDVD審査も可能。
対象:16歳以上
取得コース:第1-2学年Foundation Degree course in Ballet and Contemporary Dance(基礎学位)
      第3学年 Degree(Hons) in Ballet and Contemporary Dance(学士課程)
授業料:£17,600(2016/2017年)
    ※その他、保険、滞在費、ユニフォーム、シューズなどは別途
申込み方法:例年11月以降願書のダウンロードが可能になる
学校HP:https://www.rambertschool.org.uk/
詳細はこちら:https://www.balletnavi.jp/ballet_ryugaku.html

まとめ

2018年も半分以上が過ぎてしまっているため、すでに締切られたオーディションも多いようですが、バレエ公演の出演者オーディションではなく、バレエ学校への入学のためのオーディションは今からというところも多いようです。
またより高みを目指すために、留学のオーディションを考えてみるのもよいかもしれません。

私自身、幼少期から20代前半まで数々のオーディションを受けてきました。
オーディションは、合否に関わらず”自分を試す場”となります。ときには、圧倒的な技術を持ったダンサーを目の当たりにして、愕然とすることもあるでしょう。
それでも、私はチャレンジせずに後悔するよりも、たとえ結果が不合格だったとしてもチャレンジする方が良いのではないかと思います。
そして、たとえ不合格だったとしても、それはあなたの人格を否定されたのではないということは覚えておいてほしいのです。

オーディションというのは、選ばれたり、選ばれなかったりする厳しい世界です。それでも、自身を試す場として積極的にオーディションにチャレンジすることで、オーディションをダンサー人生に有意義なものにしていただけたらと思います。

この記事をシェアする