六本木「バーレスク TOKYO」の遊び方を徹底解説!料金や予約方法も

ハイクオリティなステージが話題の人気ショークラブ「バーレスク東京」をご紹介します。 料金システムやキャストの写真などから楽しい遊び方まで解説しているのでぜひチェックしてください!


六本木「バーレスクTOKYO」って?

『新感覚エンターテイメント』をコンセプトとしたショークラブ。
大都会 東京六本木にあるこの「バーレスク東京」は、まるで海外に来たかのような迫力のショーが観れるということで話題沸騰中!!

バーレスク”という言葉自体の意味としては、
・シェイクスピア等先行する文芸作品をパロディ化した茶番
・完全なヌードに至らない女性の色気を強調した踊りを含めたショー
を指すのですが、このお店では主に映画「バーレスク 」のような、もう少し一般的に親しみやすくした世界観をイメージさせる印象です。

バーレスク TOKYO

営業時間:18:30〜深夜1:00
席数:110席
電話番号:03-6447-2037
アクセス:東京都港区六本木3-8-15 六本木日拓ビルB2F(Google Map)
HP:http://burlesque-roppongi.com/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/burlesquetokyo

セクシーな衣装に身を包み、ダンスや歌などのパフォーマンスショーが日々繰り広げられるこの「バーレスク東京」。
男性はもちろん、最近では女性のお客様も急増中だとか!
男女問わず美味しいお酒を飲みながら、本格派ショーが気軽に楽しめるということで人気は高まり続け、2017年には六本木内で更に広い敷地に移転したほど。

まるで海外?好きなダンサーにチップ!

Rion (リオン)』というバーレスク東京内で使える専用のチップ (¥1000/10枚組)があり、応援したいダンサーやキャストにプレゼントできるシステム。
1枚あたり¥100なら、現金をそのままチップとして渡すよりも気軽にやりとりできるのがいいですね。
ショーの合間の時間にはダンサーが実際に席を周り接客してくれるので、来店者にとってはその時間も嬉しいひと時になります。

内装も迫力満点!

華やかなステージがあるのはもちろんですが、その設備もなかなかのこだわりを見せています。
照明やレーザーなども豊富で、会場の臨場感もさらにUP!

公演時間は?

「バーレスクTOKYO」自体の営業時間は【18:30〜深夜1:00】とのこと。
オールナイトで夜通しやっているイメージをお持ちの方も多いようですが、実は案外普通の時間帯での営業時間です。

この営業時間の中で、3部に分かれてショータイムがあるシステム。
どれか一つの時間帯のみ楽しむのもアリ、連続で複数のショーを観るのもアリ!

◼️1部 ショータイム
 入場 18:30〜 / ショー 19:20〜
◼️2部 ショータイム
 入場 21:00〜 / ショー 21:20〜
◼️3部 ショータイム
 入場 23:00〜 / ショー 23:20〜

ショーによっては、平日でも気軽に行ける時間帯なのが嬉しいですね。

料金は?

そして何よりも気になるのは、やはり料金!
どうやら、事前に予約しているかどうかで料金に結構差が出るようです。

また、ショータイム基準か滞在時間基準かでもシステムが異なるので、ここで詳しくご紹介します。
お店に行こうと思っている方は、時間帯を決めて事前に予約するのがオススメ!

予約はこちらから

ショータイムシステム

既出のショータイム時間に合わせて来店し、ショーが終わったら退店という流れのお客様用のシステムプラン。

◼️予約限定プラン (1部・2部のみ) ※前日までのWEB予約限定
 ノーマルプラン:¥5,400 (1Drink+Show)
 ド迫力プラン:¥6,480 (1Drink+Show+10Rion+光る棒)

◼️女子会プラン (1部限定)
 ¥4,320 (1Drink+Show+10Rion+光る棒)

◼️音席プラン
 ¥3,240 (1Drink+Show)
 ※ステージ遠方の席。音と照明等で臨場感で楽しみたい方のためのエリア。

◼️当日プラン
 ノーマルプラン:¥7,500 (1Drink+Show)
 ド迫力プラン:¥8,580 (1Drink+Show+10Rion+ 光る棒)

◼️追加オプション
 お弁当プラン:+ ¥1,620
 飲み放題プラン:+ ¥1,620

タイムチャージ制

ショーの時間帯に関わらず楽しみたいお客様用の席料金システムプラン。

◼️1セット ¥7,000 (80分) ※飲食代別
◼️フリータイム ¥10,000 ※飲食代別
◼️飲み放題オプション 上記+¥2,000 (80分)

飲食メニューも豊富!

ドリンクメニューが豊富なのはもちろんですが、フードメニューも幅広く揃っているようです。

フライドポテト(¥700)のような軽いものから、オムライスやパスタ類(¥1,800)まで様々。
お店イチオシメニューの「おっぱいカレー」が非常に気になります。笑

可愛いキャストが勢揃い!

次のページからは可愛いキャストさんを画像付きで紹介します!
みたらさらに行きたくなること間違いなしです♪