歩数や距離でどう変わるの?ウォーキングの消費カロリーの計算方法

ウォーキングの消費カロリーの計算方法をご紹介します。 体重と運動時間さえわかれば誰でも簡単に計算することが出来るのでダイエットする際に是非活用してください。


効果が出やすいウォーキングの方法

kaさん(@ktwalking)がシェアした投稿

ウォーキングをする際に重要なのが”正しい姿勢”を保つことです。猫背になっていたり、胸骨を開きすぎていたりする無理な姿勢でウォーキングを続けていても、良い効果は得られません。目線は真っすぐ前、遠くを見るように心掛けましょう。

また、歩くときはおへその下にある丹田・肩甲骨・骨盤の3つを意識しましょう。大股で歩くことを心掛け、腕は前ではなく後ろに振ることで運動量をアップさせることができます。

ウォーキング時は、歩くときの呼吸法にも意識を向けましょう。ウォーキング時は、鼻から吸って口から吐く”腹式呼吸”を意識しましょう。腹式呼吸を意識することで、有酸素運動の効果を最大限に得ることができます。

さらにウォーキングの効果を効率よく得るために、食事にもこだわりましょう。和食中心の生活にシフトすることで、ダイエット効果が高まります。20分以上のウォーキングと、健康的な食生活でダイエットを成功させましょう!

まとめ

ウォーキングの消費カロリーの計算方法をご紹介しました。いかがでしたか?

ウォーキングは、手軽でありながらも確かなカロリー消費が期待できる運動です。しかし、より高いダイエット効果を得るためにはジョギングを取り入れたり、食生活を改善したりする必要もあるでしょう。

ダイエット中は摂取カロリーを計算するだけでなく、ぜひ消費カロリーも計算してみてくださいね!