ウォーキングダイエット成功のコツを伝授!歩き方や時間がポイント

ダイエットに失敗しないウォーキングのコツを伝授します。 痩せるためにはどのようなウォーキングがいいのか、歩き方から時間帯まで細かくレクチャーしているので、ウォーキングダイエットを考えている方は必見の内容です。


劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

ウォーキングダイエットは、その名の通り”歩くだけでダイエット効果を得る”というかなり手軽なダイエット方法です。
しかし、ウォーキングダイエットを行う際は、ただ歩けばよいというわけではないのです。
そこで今回は、ダイエット成功するためのウォーキングの方法をご紹介します。
歩き方や歩く時間に気をつけて、より高いダイエット効果を得ましょう!

  1. ウォーキングダイエットの効果
  2. ウォーキングダイエットの正しい歩き方
  3. 効果を出やすくするポイント
  4. アプリを上手に活用

ウォーキングダイエットの効果

Fit Me Bootyfullさん(@fitme_bootyfull)がシェアした投稿


ウォーキングダイエットは、ジョギングやランニングとは違って”歩く”という日常の動作を見直すことでダイエット効果を得る方法です。消費カロリーはどこまで多くはないため、急激な体重減少を目指す方には不向きなダイエット方法です。しかし「確実に痩せたい!」「リバウンドのないダイエットを探している」という方には最適なダイエット方法です。

ウォーキングダイエットは、特に脚痩せに効果的です。女性の憧れである細く、ほどよく筋肉のついた脚を手に入れるには、食事改善に頼っているだけではいけません。ウォーキングダイエットは、太ももやふくらはぎに余分な筋肉がつくことがないため、筋肉質の方も安心して取り組めるダイエットです。

脚痩せに効果的なウォーキングダイエットは、ヒップアップにも最適です。正しい姿勢で歩くことで、ダイエット中の気になるお尻の垂れ下がりを防止しましょう。さらに、ウエストのくびれ作りや二の腕のたるみ解消にも役立ちます。

もう1点、ウォーキングダイエットは背中痩せにも抜群の効果を発揮します。背中は、自分では見えないものの他人から見られることの多い部位です。うっかり見落としていたら、年齢よりも老けて見られる可能性も・・・。ウォーキングダイエットを行う際は、背中まで意識を向けましょう。

ウォーキングダイエットの正しい歩き方

アキコさん(@akiconsa)がシェアした投稿

準備を入念に

ウォーキングダイエットは、日常の歩く動作をダイエットに取り入れるため、体への負担を最小限に抑えることができます。しかし、そうは言っても準備運動は必要不可欠です。ゆっくり首を動かしたり、腕を回したり…。屈伸や足首回しは、必ず行いましょう。

姿勢

ウォーキングダイエットは、普段何気なく歩いている姿勢で行っていても意味がありません。ウォーキング時は、正しい姿勢を心掛けましょう。腰が入り過ぎていませんか?胸骨を開き過ぎていませんか?首が前に出ていませんか?歩き始める前に、ぜひ鏡の前で姿勢をチェックしてみてくださいね!

腕の振り

ウォーキング時は、腕を前ではなく”後ろに振る”ことを意識しましょう。そして、肩甲骨が動いているかどうか、背中まで意識を向けましょう。腕を後ろに大きく引くことで、二の腕のシェイプアップが期待できますし、肩甲骨を意識的に動かすことで背中痩せに効果を発揮します。

呼吸法

ウォーキングダイエットの重要なポイントである呼吸法についても覚えておきましょう。ウォーキングダイエット時は、鼻から吸って口から吐く「腹式呼吸」を行います。腹式呼吸が分からない方は、寝転んで試してみてください。そのとき、息を吸ってお腹が膨らみ、息を吐いてお腹がへこめばOKです。有酸素運動であるウォーキングの効果を高めるためにも、ぜひ腹式呼吸を意識しながら歩いてみましょう!

参照:https://dews365.com/newpost/148404.html

効果を出やすくするポイント

KIT STOREさん(@kitstorejp)がシェアした投稿

時間や距離を意識しよう!

ウォーキングダイエットは、20分以上継続して歩き続ける必要があります。その理由は、ウォーキングは有酸素運動なので、脂肪の燃焼が始まるまでに20分程度かかるためです。そのため、10分や15分しかウォーキングの時間を取ることができないという日は、ウォーキングではなく筋トレなど無酸素運動にシフトした方がダイエット効果を得ることができるでしょう。

また、ウォーキングダイエットでは歩く距離も重要になります。ウォーキングは、ただでさえジョギングやランニングに比べると運動量が少ないため、消費できるカロリーは限られています。例えば、20分散歩程度のスピードで歩いたとすると、梨1個分しかカロリーを消費できません。これでは、ダイエットというよりも運動不足解消の域を超えませんよね・・・。ウォーキングでダイエット効果を得るためには、最低でも4~5kmは歩きたいところです。

夜ウォーキングが効果的

ウォーキングダイエットは、行う時間帯も重要です。ウォーキングダイエットに適している時間帯は、夜だといわれています。その理由は、1日のなかでも食べ過ぎてしまう可能性の高い夕食のカロリーが消費できるからです。また、質の良い睡眠を取れるようになるのも、夜にウォーキングダイエットを行うメリットのひとつです。

もちろん朝に行うと効果がないというわけではありません。
血糖値が下がっている朝食前にウォーキングダイエットを行うのも良いといわれており、朝日を浴びることによって、幸せホルモンと呼ばれる”セロトニン”が分泌されるため、心のバランスを整えてくれるでしょう。
結局は夜でも、朝でも、ご自身のライフスタイルに合わせて継続できる時間帯を選ぶべきなのです。

アプリを上手に活用

ウォーキングダイエット時に、大半の方はスマホを持って出掛けると思います。そこで、スマホのアプリを上手に活用して、飽き性の方もウォーキングダイエットを長く継続しませんか?

なかでもオススメなのが、
・万歩計アプリ
・距離測定アプリ
・ウォーキングコース紹介アプリ

の3つです。

万歩計アプリは、すでに使用している方も多いかもしれません。万歩計アプリのよいところは、アプリを開いていなくても歩数を測定してくれるところです。実際に万歩計を持ち歩いてもよいのですが、うっかり持ち出すのを忘れてしまう可能性があるため、忘れる可能性の低いスマホのアプリを活用してみましょう!

距離測定アプリは、ウォーキングしようと思っているコースの距離を測ってくれるアプリです。ウォーキング前に事前に計画を立てられるので、絶対にこれだけの距離は歩かなきゃ!とやる気にさせてくれるでしょう。

最後のウォーキングコース紹介アプリは、著名人や有名ランナーが自分の好きなウォーキングコースを紹介してくれるアプリです。素敵なウォーキングコースの写真ばかりなので、ウォーキングダイエットのモチベーション維持に役立つはずです!

まとめ

ウォーキングダイエット成功のコツをご紹介しました。いかがでしたか?

ウォーキングダイエットは、ただ漠然と歩いているだけではダイエット効果を得ることはできません。姿勢や呼吸法を意識しながら、20分以上ウォーキングし続ける必要があります。しかし、これはキツい…苦しい…と感じるほどではないはずです。むしろ、20分のウォーキングでは物足りなく感じる方が多いのではないでしょうか?

ダイエットにも、ストレス解消にも効果を発揮するウォーキングダイエットは、運動は苦手だけれどリバウンドなしで痩せたいと願うダイエッターの味方なのです!

この記事をシェアする