DA PUMP KENZOの「MY NAME IS KENZO」が「門真国際映画祭2018」のダンス映像部門で大阪府知事賞を受賞

DA PUMPのメンバーKENZOの映像作品「MY NAME IS KENZO」大阪門真市で開催された「門真国際映画祭2018」のダンス映像部門で大阪府知事賞を受賞した。


劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

現在、「U.S.A」が話題沸騰中のダンスヴォーカルグループDA PUMPのメンバーであり、ダンサーとしては数え切れないほどのタイトルを残し、世界的活躍をみせるKENZO。
そんなKENZOの映像作品「MY NAME IS KENZO」が29日(日)、大阪門真市で開催された「門真国際映画祭2018」の《ダンス映像部門》で「大阪府知事賞」を受賞した。

DA PUMP KENZO

「門真国際映画祭2018」に入選した映像作品は、自主制作映画部門、ダンス映像部門、舞台映像部門、海外映画祭招待作品部門で合わせると41作品で、ダンス映像部門の入選作品は20作品。KENZOは「今まで支えてくれている皆様のおかげです。これに傲ることなく精進して頑張っていきます」とコメントした。

「門真国際映画祭2018」は、特定非営利活動法人 門真フィルムコミッションが地元を盛り上げ、未来の映画監督を育てることを目的に立ち上げた映画祭。
国内外を問わず自主制作映画を公募し、有識者と市民審査員によるコンペを経て、入選作を上映。今年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)の3日間初開催。
「門真国際映画祭」は、ニューヨークで毎年6月に開催されている映画祭「NY JapanCineFest」と提携し、門真国際映画祭の上映作品の中から現地のプロデューサーが選んだ優秀作品は、翌年の「NY JapanCineFest」ならびにワシントンD.C.、ヒューストン、ボストン、サンフランシスコ等アメリカ各地で行われる映画祭で上映される。

以前、KENZO本人にも自身のダンスについてや「MY NAME IS KENZO」の撮影秘話をお聞きしているので合わせてチェックしてほしい。

「自分がダンスをやめる時」 ソロDVDリリースを記念してDA PUMP KENZOをインタビュー

この記事をシェアする