【2018年版】エイベックスオーディションを丸裸!合格率アップのポイント

日本でも屈指のレコード会社エイベックスでは、年に何種類かのオーディションを開催しており、そこから有名になったタレント・歌手・ダンサーが多く存在します。 エイベックスのオーディションとはどのような内容なのか、合格するためのポイントまでを解説いたします!


動画撮影

・明るくて騒音の少ない場所で撮影する
・カメラは横にして撮影する
・カメラを三脚などで固定する
・撮った映像をチェックする(顔が映っているか、音がちゃんと聞こえるか、はみ出したりしていないかなど)

アドバイス
写真も動画も、審査にはとても重要なものです。エントリーとはいえ、100%を発揮するために、リラックスして気持ちを整えてから臨みましょう!
また、エントリーは専用フォームから送信後、入力したメールアドレス宛てに返信メールが届きます。迷惑メールフォルダに入ったり、ドメイン拒否などで届かないなどのトラブルを避けるためにも、かならず受信設定をしましょう。

オーディション当日

一番緊張するのはやはり当日。事前までに練習したことを活かすためのポイントをまとめました。勝ちあがるためのコツについても後述します。

・早めに会場入りして余裕を持つ
・待ち時間には好きな音楽などを聞いてリラックスする
・オーディションが長引く可能性もあるので、その後の予定はなるべく空けておく

アドバイス
しっかりと会場の空気に慣れることが、自分らしいパフォーマンスをする上で必要です。もちろんデビュー後には、もっと大きな舞台で、何万人も観客がいる中でパフォーマンスをすることもあるかと思います。「オーディションなんかで緊張してられない!」というくらいの気概がちょうどいいですね。

審査後

やるだけやった後はもはや待つだけですが、不要なトラブルを避けるためにも、かならず理解しておくべきポイントがこちらです。

・審査結果の通知方法や時期については、公式ページで必ず確認しておく
・審査状況や結果についての問い合わせには回答できない場合がある

アドバイス
エイベックスのオーディションは厳しく狭い門なので、もし落選してしまったとしても、諦めずに「何度でも挑戦してやる」という情熱をもち続けましょう。何度も落選を経験してから夢を掴んだ先輩もたくさんいます!

オーディションを勝ち上がるコツ

一人ひとりの個性は違うので、全員に共通する「勝ちあがるためのコツ」というものは存在しえないものかと思いますが、あえて言うならば、「自分の強み」を伸ばすことがコツのひとつかと思います。

その理由として、オーディションを審査する側としては、「歌手やダンサーとして活躍できそうか」「人気が出そうか」といった点はもちろん意識しているかと思います。なので、自分の強みをちゃんと理解したうえで、それを自信を持って披露することが一番大切です。それが審査員の求めている像とマッチしたり、売れると判断された場合は合格を勝ち取れるのではないでしょうか。

ダンス面で言うならば、いろいろなジャンルを踊れた方がいいでしょうし、その中でも誰にも負けない技を持っていれば、それは個性であり勝ちあがる要素になりえます。そういったパフォーマンス面での腕や気持ちはもちろん必要ですが、同時に人としてのマナー、礼儀がちゃんとできていることも必要不可欠です。

avex audition MAX 2013の決勝大会にゲストとして参加したAAAからのメッセージ映像がこちらです。ぜひご覧ください。


まとめ

いかがでしたでしょうか?国内でも最も有名なオーディションとして名前が上がるだけあり、過去の倍率などを鑑みても、非常にレベルが高いことがうかがえます。しかし、それゆえにチャレンジのしがいがありますし、自分のキャリアや実力にもなるかと思います。夢への第一歩はエイベックスオーディションから踏み出してみてはいかがでしょうか!
それではまた次の記事でお会いしましょう♪