ヒップホップってどんなダンス?種類やステップ、スクールまで丸わかり

今や学校教育にも取り入れられているストリートダンス。その中にはヒップホップも含まれていますが、「名前は知ってるけど、どんなダンスかはよくわからない……」という人もいるかもしれません。そこで今回はヒップホップダンスについてその種類から、どこで習えるかまで全部教えます!


ヒップホップダンスってなに?

ヒップホップの曲に合わせて、身体を大きく使って踊るのが特徴のダンスです。ストリートダンスの中でも最も有名なダンスの1つと言えるのではないでしょうか。最近ではエクササイズとして取り入れられるなど、ストリートダンスをしたことがない人にとっても始めやすい種類のダンスです!

どんな種類があるの?

ヒップホップダンスは今や数えきれないほどのスタイルに細分化されています。ここではその中でも代表的なスタイルを5種類紹介していきます!
また、ダンス初心者に向けて、芸能人に例えるとどんなダンスかも紹介します!

①ミドルスクール

1980年代半ばから90年代初頭に誕生したと言われています。重い音の音楽を使うことが多く、そのため深く沈むような動きをしたり、重い表現をしたり、あえて音に対して遅れる動きをしたりするような特徴があります。
このスタイルは、日本独自の言い回しでもあり、オールドスクールとニュースクールの中間的な意味合いで呼称されるようになりましたが、現在はそこまで多用することは少ないです。
芸能人でいうとEXILEのダンスをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

②ニュースクール

時代や流行とともに進化し続けているのがニュースクールで、その幅はとても広くダンサーによって動きはかなり異なります。ヒップホップ音楽の進化とともに今も変化しており、他の種類のダンスの動きも積極的に取り入れられています。一般にヒップホップと言うときはニュースクールを指していると考えてもらってよいと思います。ダンスシーンではKING OF SWAGというチームが人気です。
DA PUMPがこのスタイルにあたり、サビの動きに取り入れられているシュートダンスもニュースクールと言えると思います。

③スタイルヒップホップ

LAスタイルとも呼ばれており、PVの振り付け等を通してハリウッドのあるLAから発信されたそうです。洒落た雰囲気で、音楽の歌詞や世界観から得たイメージを表現する特徴があります。
ダンスシーンではs**t kingz(シットキングス)というチームが特に有名です。三浦大知さんのダンスがこれに近いのではないかと思います。

④ジャズヒップホップ

ジャズとヒップホップを掛け合わせたような種類のダンスで、ジャズの柔軟性やターン、ジャンプ、表現力とヒップホップのノリ、ステップが混ざり合っています。
比較的アップテンポな曲で踊られることが多いように思います。倖田來未さんの「Juicy」の女性パートの振付(1:47)はダンスはジャズやジャズヒップホップに近いキレのある踊りをみせています。

⑤ガールズヒップホップ

女性らしさにフォーカスしたダンスで、胸や腰を強調することでセクシーさやかわいさなどをアピールする特徴があります。ジャズヒップホップとの明確な区別が難しいのですが、女性らしさの要素がより強いと考えていただければと思います。E-girlsのダンスがこれにあたると思います。

どんなステップがある?

ヒップホップにはかっこいいステップがたくさんあります!ここではその中からよく使われるステップを5つ紹介していきます!「見たことある!」というようなステップもあるのではないでしょうか?

①ダウン

ステップを踏む前にまず大事になる基本のリズムです!一見地味ですが、様々なステップの基礎になるほか、身体の感覚やリズム感などダンスをする上での基礎を養うためにも重要な動きです!

②クラブ

文字通りカニをイメージした動きで、かかととつま先を駆使してカニのように左右に移動するステップです!両足で八の字、逆八の字を交互に作る特徴があり、様々なダンス・ステップをする上で重要になるのがこのクラブというステップです。

③ランニングマン

まるで走っているかのような動きであることから名づけられたステップです!三代目 J Soul Brothersさんの「R.Y.U.S.E.I.」でブームになったあの動きですね!この動きだけはやったことがある! という人も多いのでは?

④バートシンプソン

ダウンのリズムをキープしながら左右に移動するステップです!移動するときに脚で粘りを出す特徴があり、音を伸ばすような表現ができます。

⑤バタフライ

レゲエダンスにある動きをヒップホップ的に解釈しなおしたステップで、膝を閉じたり開いたりするのが特徴です。ランニングマンとは異なり身体全体を柔らかく使うことで少しセクシーな見え方にもできます。

ヒップホップダンスのスタジオ紹介

自宅でも動画を見ながら練習することである程度までは独学でできますが、本格的にするにはどうしても限界があります。ですがスタジオに通えば、プロのダンサーに直接学ぶことができますし、またダンス仲間も増えてどんどん楽しくヒップホップができるようになります!そこでここでは、ヒップホップを習える東京のスタジオを5つ、大阪のスタジオを2つご紹介します!

東京① ボックス・パフォーマーズ・アカデミー

初心者クラスがなんと脅威の月間340クラス開講しています!

HP: http://www.boxacademy.jp/

・アクセス:JR池袋駅より徒歩3分
・ジャンル:HIPHOP・Girl’s・R&B・JAZZ・STYLE
・レベル:超スーパー入門・入門・初級・中級
・体験料:初回2,160円
・料金目安:月4回7,776円/月1回2,376円

東京② NOAダンスアカデミー

都立大、池袋、新宿、秋葉原、中目黒にスタジオを抱える歴史あるダンススタジオです!HIPHOPもGirl’sやJAZZ、STYLEなど幅広く網羅しています!
Feature5
HP: https://www.noadance.com/

・アクセス:JR池袋駅より徒歩4分(池袋校)
・ジャンル:HIPHOP・Girl’s・R&B・JAZZ・STYLE・リズムトレーニング
・レベル:超入門・入門・初級・中級
・体験料:初回2,000円
・料金目安:月4回8,640円

東京③ Enダンススタジオ

HIPHOPクラスが非常に充実しているので、忙しい人でも空いた時間に通いやすいです!

gallery03
 HP: http://en-dance-studio.com/

・アクセス:JR渋谷駅より徒歩5分
・ジャンル:HIPHOP・R&B・JAZZ・リズムトレーニング
・レベル:入門・初~中級
・体験料:初回3,240円(Web申し込みの場合1,080円)
・料金目安:月4回9,072円/月間パス13,824円(受け放題)

東京④ 東京ダンスビレッジ

未経験者にとって非常に気軽に受けやすいスタジオで、未経験者のための超入門クラスや体験レッスンの受講が無料なのが嬉しいところ。初心者の女性に最もおすすめです。

HP: https://www.dancevillage.jp/lineup/hiphop/

・アクセス:JR池袋駅すぐ
・ジャンル:HIPHOP
・レベル:超入門・初級
・体験料:初回無料
・料金目安:月4回11,400円

東京⑤ STUDIO FAMILY(スタジオファミリー)

高田馬場、赤羽にあるストリートダンススタジオです。クランプなども習えるので

HP: http://www.first01.com/

・アクセス:JR渋谷駅より徒歩3分
・ジャンル:HIPHOP・Girl’s・R&B・JAZZ・STYLE
・レベル:基礎・初~中級
・体験料:1回 1,150円
・料金目安:1回2,150円

大阪① STUDIO A-Sh

有名ダンサーが数多く在籍し、レベルも超入門~初中級と幅広く網羅しているため、自分に合ったクラスが見つかるのでは!?さらに超入門は1000円と初心者にとても嬉しい値段で受けられます!
05
HP: http://www.studio-ash.com/

・アクセス:JR大阪駅より徒歩10分
・ジャンル:HIPHOP・JAZZ・STYLE・GIRL’S
・レベル:超入門・入門・初級・中級
・体験料:初回1,000円
・料金目安:超入門1,000円/入門1,600円

大阪② SOUL AND MOTION

TRFのSAMさんが主宰するダンススタジオで、回数チケットは北梅田や八尾の他店でも利用可能です!初心者レッスンも毎日開講されているので通いやすいです!

HP: http://www.soulandmotionosaka.com/

・アクセス:JR大阪駅より徒歩10分
・ジャンル:HIPHOP・JAZZ・STYLE・GIRL’S
・レベル:超入門~初中級
・体験料:初回1,000円
・料金目安:超入門1,000円/超入門クラス専用回数チケット(12回、2ヶ月)10,000円

都内のダンススクールの比較はこちらをチェック

東京都内の人気ダンススクールをランキングで紹介!安さ、設備なども比較

まとめ

いかがでしたでしょうか?ヒップホップにより興味を持っていただけたら幸いです。ヒップホップは本当に幅が広く、今回ご紹介したのはほんの一部でしかありません。さらに知りたいという方はご自身でさらに調べていただければその奥深さがより理解できると思います!