大会成績を元に評価!ダンス部の強い高校ランキングTOP10

近年、注目を集めている高校ダンス部。 夏の全国大会では、数々の高校が個性的な作品を作り、競い合っています。 そんな数々の高校ダンス部が存在する中で、強豪校はどこなのでしょうか? 今回は、都内のダンス部を大会ごとに点数を付けてランキング形式でお届けします。


近年、高校ダンス部が急激に注目を集めていますよね!
そこで気になるのが「東京にある高校ダンス部って、結局どこが強いの?」ということではないでしょうか?

今回は、高校ダンス部3大大会といわれる、「日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)」、「DCC(DANCE CLUB CHAMPIONSHIP)」、「全日本高校生ダンス部コンペティション(HIGH SCHOOL DANCE COMPETITION)」での勝敗をベースに、ダンス部を点数で評価してみました。

それぞれの大会で、
優勝  : 5点
準優勝 : 3点
入賞  : 1点
で評価しています。(ネット上に結果が出ているものに限ります。)
※日本高校ダンス部選手権は2013年~2018年、DCCは第1回~第6回、全日本高校生ダンス部コンペティションは2015年~2018年の結果を元に作成しています。

高校野球でもチームを点数で評価するのと同じように、高校ダンス部で試してみてもいいかも・・・!?という思いつきから始まった今回の企画。なので「ダンスは点数だけでは分からないでしょ!」など意見はさまざまだと思いますが、のんびり楽しんで見ていただけたらなと思います!なお、「うちの高校の結果がおかしいわよ!」という声がありましたら、結果とともに教えていただけたら嬉しいです!

  1. 第1位 東京都立狛江高等学校 21点
  2. 第2位 二松學舍大学附属高等学校 17点
  3. 第3位 日出高等学校 11点
  4. 同率6位 東京都立大森高等学校 3点
  5. 同率6位 駒澤大学高等学校 3点
  6. 同率6位 東京都立武蔵丘高等学校 3点
  7. 第7位 広尾学園高等学校 2点
  8. 同率10位 東京都立八王子東高等学校 1点
  9. 同率10位 城西大学付属城西高等学校 1点
  10. 同率10位 東京都立東大和高等学校 1点

高校ダンス部評価ランキング トップ10

第1位 東京都立狛江高等学校 21点

優勝歴  : 2回
準優勝歴 : 3回
入賞歴  : 2回

東京都立狛江高等学校ダンス部は、大会や発表などに参加し、結果を出すことを目標として練習に励んでいます。また、文化祭や地域貢献活動、校内集大成ライブ等も行うことで、結果に固執せず、楽しく踊ることも忘れないように活動しています。ジャンルは、ブレイク・ヒップホップ・ガールズヒップホップ・ジャズ・ジャズヒップホップ・ロックの6種類を中心に練習しています。

第2位 二松學舍大学附属高等学校 17点

優勝歴  : 3回
準優勝歴 : 0回
入賞歴  : 2回

二松學舍大学附属高等学校ダンス部は、ダンスを踊るうえで重要なコミュニケーションや、自分自身を表現することを大切にしながら活動しています。大会や文化祭に向け、皆で1つの作品を作り上げるということを大事にしています。

第3位 日出高等学校 11点

優勝歴  : 2回
準優勝歴 : 0回
入賞歴  : 1回

日出高等学校ダンス部は、Mステ(ミュージックステーション)で「GENERATIONS」の『BIG CITY RODEO』に合わせて踊ったこともある有名ダンス部強豪校です。GENERATIONSのメンバーの小森準さんが日出高校の卒業生ということで、出演が決まったそうです。ももいろクローバーZの百田夏菜子さんや佐々木彩夏さん、女優の剛力彩芽さんなど、数々の芸能人を輩出する日出高校ダンス部。今後のさらなる活躍に期待します!

同率6位 東京都立大森高等学校 3点

優勝歴  : 0回
準優勝歴 : 1回
入賞歴  : 0回

東京都立大森高等学校ダンス部は、男子も女子も仲良く元気に活動しています。ダンス部の結果など、高校のホームページにも随時アップされています。

同率6位 駒澤大学高等学校 3点

優勝歴  : 0回
準優勝歴 : 0回
入賞歴  : 3回

駒澤大学高等学校ダンス部は、明るい雰囲気が特徴です。ダンス初心者であっても、やる気さえあれば大歓迎!男子部員も大募集中です!駒澤大学高校ダンス部は、進路に合わせて活動日程の調整にも柔軟に対応してくれるため、勉強と部活動の両立に不安を抱いている新入生も安心して大丈夫です♪

同率6位 東京都立武蔵丘高等学校 3点

優勝歴  : 0回
準優勝歴 : 0回
入賞歴  : 3回

東京都立武蔵丘高等学校ダンス部は、生徒思いの顧問の先生3人のもとで元気に活動しています。毎日の練習では、ストレッチ・アイソレーション・筋トレ・ステップを中心に取り組み、イベントや大会に向けて日々励んでいます。大会で優勝することを目標に掲げており、少しでも多くのイベントや大会に呼ばれるように頑張っていきたいと決意を新たにしています!