JAPAN DANCE DELIGHT25周年、過去2度の準優勝を果たし、8年ぶりにFINALに挑戦するRepoll:FXが語る想いとは


8月25日、世界最大級のダンスコンテストJAPAN DANCE DELIGHT VOL.25 FINALが開催される。
日本にストリートダンスが輸入され35年といわれる中、25年以上にわたってストリートダンスシーンをけん引してきた最も歴史の古いダンスコンテストの一つだ。
その記念すべき25回目大会とあって、過去のJAPAN DANCE DELIGHT優勝、入賞チームが多数エントリー。各世代、各ジャンルを代表する豪華な顔ぶれがファイナリストとなった。

Dewsではその記念すべき大会に感謝をささげる意味で、JAPAN DANCE DELIGHT VOL.13 FINAL、VOL.15 FINALと2度の準優勝を経験したEntertainment Be-BopチームRepoll:FXにインタビューを敢行。HASEとグラサンサトウにJAPAN DANCE DELIGHT(以下ディライト)への思いを語ってもらった。


STAFF
ディライトファイナル出場おめでとうございます!まずは自己紹介をお願いします。

HASE
リーダーのHASEでございます。

グラサンサトウ
グラサンサトウです。

HASE
唯一の40代二人です。

STAFF
HASEさんはダンス以外にもいろいろプロジェクトを回してるイメージですが、そちらの紹介も簡単にお願いします。

HASE
ダンスチームであるRepoll:FXとは別にRepoll Planningという会社をメンバーのJIMEとやっていて、「RUNUP! DANCE CONTEST」というダンスコンテストや「アシサバキ」というダンスバトルを主催したりというイベント企画運営と教育事業をベースにやってます。継続して学校に教えに⾏ったり、先⽣向けに指導法を伝えるのもそうだし、最近は学校でダンスイベントをやるというのをやってます。
体育館で、照明をセットして映像をプロジェクターで流し、ダンサーとMCを呼んで、SHOWをする、というのをパッケージとして⽤意してます。体験授業として、校⻑先⽣に予算を照会してもらたり、教員養成の⼤学出⾝で、後輩に先⽣が多いから。こっちは事務所だから、チームとはまた別だね。

メンバーと模索したRepoll:FXの次の形


STAFF
なるほどありがとうございます。個人的にRepoll:FXはメンバーの経歴が面白いという印象なのですが。

HASE
僕はプロダンサーでやってますが、教員免許を持っている、元サラリーマンですし、グラサンサトウは現役の家庭科の教師です。メンバーも6名のうち半分が社会⼈です。例えば、HAGEMARU-KUNは○○区の⼟⽊課主任だから(笑)。
それぞれの職業もありながら、だからってアマチュアって意識はないと思う。どっぷりアマチュアでもなくプロでもなく、意識的にはセミプロなのかな。

グラサンサトウ
…。(渋い顔をする)

HASE
でも昔に比べ社会人混成チーム増えたよね。関西のBUSTA JAKK BOOGIEとかTOKYO FOOTWORKZもそうだと聞いてます。
Repoll:FXは結成して今年で17年。一番最初から残ってるのは俺だけ。グラサンサトウが16年、JIMEが15年、大学のサークルつながり。一番新しいNISSHYが8年くらい。

STAFF
以前ディライトで2位になった時のメンバーは?

HASE
NISSHYがいないだけだね。NISSHYはもともとレッスンに来てた弟子みたいな感じ。KITAMってメンバーが辞めたいって時期があって、その時に入れ替えるメンバー3人くらい候補がいて、その中でNISSHYを選んだ。理由はガタイと肩幅(笑)。パワーって⼤事だよね。

STAFF
それは記事に掲載して大丈夫ですか(笑)。実際にメンバー加入してどうでしたか?

HASE
よかったんじゃない?最初はたいへんだったよね。かなり泣かせたし。KITAMとNISSHY入れ替わって、入賞しなかったけどVOL.17で決勝行ったときは、合宿をして、僕がボロクソに言ったことがあった。
スキルもそうだけど、姿勢とか。「何のためにダンスやってるの?」って。できないことに対する超克の仕方(を考えてほしかった)。そうしてほかのメンバーにフォローしてもらって。
そのNISSHYも今はスーパーキッズのファイナルに行くようなキッズダンサーも育ててるし。

STAFF
それから何年ぶりのファイナルですか?

HASE
予選は最後の決勝から、2回くらいチャレンジしたけど、休もうって⾔って5年たった。VOL.25は記念⼤会であることは間違いないし、⾃分が40歳でファイナル迎えるってことで、最後の挑戦にしようかなって。FINAL出場7回⽬で

グラサンサトウ
やめるやめる詐欺みたいな(笑)。

Be-Bopと生きざまを見せたい

HASE
でもvol.25というのもあるし、40歳超えて、⼈⽣の分岐点というか⾊んなタイミングが重なった。昔はチームや⾃分の意地で挑戦してたけど、今はグラサンサトウも嫁も⼦供もいるし、チームメンバーの半分以上が結婚してる。ファイナルを⾒に来るチームメンバーの家族のためにってのもある。

グラサンサトウ
俺らの中でvol.15が⼀つの形を作った。情熱⼤陸の作品ができたり。それが(今回の挑戦は)何か次のステップを⾒つけるためのいい機会になってるしチームの中のモチベーションになってる。あとは25って数字が好き。記念⼤会は毎回すごいチームが出てるし、それ⾒てしびれたよね。

WRITER
Showgo