【現役ダンサーが解説】ディズニーダンサー合格の為の4つのポイント

「ディズニーダンサー」のオーディション情報から受かるためのコツ、気になるお給料の事など、ディズニーダンサーを目指す上で知っておくべきことをまとめました。 実際の現役ディズニーダンサーの意見と共にご紹介するので必見です!

ダンスをやっている人はもちろん、やっていない人ですら憧れてしまう職業の一つ「ディズニーダンサー」。ディズニーで踊ることを目標にダンスを始める人も大勢いるほどです。
しかし、やはりそこは天下のディズニー。かなり狭き門という事もあり、難しいオーディションを勝ち抜いた人のみ活躍できる厳しい世界です。

日々自分のダンススキルや表現力を鍛え、且つ 観ている人たちに夢を与える。そんなダンサー冥利に尽きる仕事のディズニーダンサーになるには、一体どうしたら良いのでしょうか…?

今回は、オーディション情報や受かるためのコツ、気になるお給料の事など、ディズニーダンサーを目指す上で知っておくべきことを実際の現役ディズニーダンサーの意見と共にご紹介します!
ディズニーはもちろん、テーマパークダンサーを目指している人も必見です!

.

ディズニーダンサーとは?

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでエンターテイナーとして各ショーやパレードに出演するダンサーのこと。
ダンサーの種類としては「パレードダンサー」と「ショーダンサー」の大きく2種類に分けられ、基本的に1年間同じプログラムの出演を務めます。

.

パレードダンサー

各パーク内で開催される、目玉プログラムの1つでもある「パレード」。
時には全長約700mの距離をパフォーマンスしながら進んでいくのが「パレードダンサー」です。配役によっては衣装がとても重かったり個性的な靴だったりする上に、屋外のため天候に左右されたりなど、踊る上ではなかな過酷な環境と言えますが、その分大勢の人が観てくれる花型のコンテンツです。アトラクションよりパレード目当てで来場する人も少なくなく、パレード開始の数時間前から場所取りが始まるのはもはや定番の光景になっているほど。

例:エレクトリカルパレード(東京ディズニーランド)

ショーダンサー

各パーク内にいくつかあるパフォーマンス用ステージで踊るのが「ショーダンサー」です。
パレードダンサーのように踊る場所が移動していくのではなく、舞台セットなども使いながらミュージカルショーのように展開していきます。パレードとは違い席数が決まっている会場がほとんどで、中には観覧のための抽選が行われるプログラムもあるほどの人気ぶりです。

例:ビッグバンドビート (東京ディズニーシー)

誰もが魅了される表現力

ダンススキルはもちろんのこと、ディズニーダンサーと言えば表現力がピカイチ!
喜怒哀楽の表情や、指の先まで洗練されたパフォーマンスをディズニーの世界観の中で見ると、更に素晴らしいエンターテイメントが生まれます。
Instagramで「#ディズニーダンサー」という投稿は160万件を超えるほど。それだけたくさんの人がディズニーダンサーの表現力に魅了された証拠ですね。
ディズニダンサーの投稿が見たい方はぜひチェックして見てください。