ウォーキングで痩せない人必見!失敗例から改善ポイントを解説

ウォーキングダイエットをはじめたのになかなか効果がでないという方には必ず痩せない理由が存在します。 当記事ではウォーキングダイエット失敗例から改善するべきポイントを解説いたします。


手軽なダイエット方法として知られる、ウォーキングダイエット。
しかし、なかには「効果が出ない・・・」と嘆いているダイエッターさんもいるようです。
そこで今回は、ウォーキングで痩せない人の間違い例から改善するべきポイントを解説します。
どうせウォーキングダイエットに取り組むのなら、効率よく痩せられるようにポイントを押さえておきましょう!

  1. ウォーキングダイエットについて
  2. ウォーキングダイエットで効果が出ない方もいる?
  3. ウォーキングで痩せる3つのポイント

ウォーキングダイエットについて

ウォーキングダイエットとは、歩き方・腕の振り方・呼吸法を意識しながら歩くことでダイエット効果を得る方法です。手軽で身体に優しいダイエットとして、女性を中心に注目を集めています。

ジョギングやランニングのようにハードではないウォーキングダイエットは、年齢・性別問わずライフスタイルに取り入れやすいのが特徴です。

気になるウォーキングの消費カロリーはというと、体重50kgの人が1時間ウォーキングをしたと想定すると100kcal程度です。そのため「短期間で痩せたい」「大幅なサイズダウンや体重減少を狙っている」という方には向いていないダイエット方法かもしれません。その代わりに、リバウンドのないダイエットを探している方や、太りにくい身体づくりがしたいという方には最適なダイエット方法です。

ウォーキングダイエットで効果が出ない方もいる?

健康的に、リバウンドなく痩せられるウォーキングダイエットですが、じつはなかなか効果が出ない人もいるのです。それは、
・日常的に運動している人
・消費カロリーより摂取カロリーが多い人
・短期間で痩せようと焦っている人
です。

日常的に運動している人は、ウォーキング程度の軽い運動ではダイエット効果が出ません。ウォーキングダイエットは、あくまでも運動不足気味の人向けのダイエット方法です。しかし、日常的に運動している人でも、ウォーキングはストレス解消に効果的!ウォーキングをしても意味がないというわけではありません。

また、消費カロリーより摂取カロリーがオーバーしている人もNGです。先ほど触れたように、ウォーキングの消費カロリーは決して多くはありません。そのため、ウォーキングダイエットを実施する際は、必ず食事改善をする必要があります。大幅な食事制限はせずに、和食中心の食事を心掛けたり、野菜から食べるようにしたりと簡単なことから始めましょう!

そのほかには、短期間で痩せようと焦っている人もNGです。ウォーキングダイエットは、数ヶ月~1年ほどかけて効果があらわれる場合がほとんどです。そのため、1ヶ月経っても痩せないと諦めてしまう方にはダイエット効果は出ません。

ウォーキングダイエットで痩せない人の間違え例

【水分補給は”水”か”お茶”がおすすめ!】

Yuuさん(@yuu.kgram)がシェアした投稿


ウォーキングの消費カロリーはそこまで多くないため、水分補給にはできるだけ”水”か”お茶”を飲むようにしましょう。ウォーキングのたびにスポーツドリンクやジュース、ましてやビールなどを飲んでいては、せっかくのウォーキングが台無しになってしまいます・・・。

【猫背はウォーキングダイエットの大敵!】


ウォーキングダイエットは、正しい姿勢で行うことで効果が出るダイエット方法です。猫背や反り腰では、身体の各部位(とくに背中とウエスト)を効率よく動かすことができません。

【ウォーキングダイエットは腹式呼吸を意識する!】


ウォーキングダイエットは、胸式呼吸ではなく腹式呼吸を意識します。腹式呼吸とは、簡単にいうと息を吸ってお腹を膨らませ、息を吐いてお腹を凹ませる呼吸法です。胸や肩で呼吸する癖のある人は、まず寝転んで腹式呼吸の練習をしてみましょう!

【ハンバーグを食べるなら、ステーキを選ぶべき!】

みづきさん(@hanaruka)がシェアした投稿


飯テロごめんなさいm(__)m

ウォーキングダイエットを頑張ったご褒美に、お肉料理~♪ここまではOKです。しかし、ハンバーグには脂身が入っているため、できればステーキの赤身部分だけを食べた方がダイエットにはよいのです。

【パンを食べるなら、白いパンより黒いパンを!】

Bakery O-BALさん(@bakery_obal)がシェアした投稿


パンが命!とくに女性は、そういう方も多いのではないでしょうか?それなら、白いパンではなく、ライ麦パンや全粒粉パンなど黒いパンがおすすめです。

ウォーキングで痩せる3つのポイント

ポイント1「1回に20分以上続ける」

Umiさん(@umichannnn)がシェアした投稿


ウォーキングは有酸素運動なので、20分以上続ける必要があります。

20分以内でやめてしまうと、脂肪燃焼が始まる前にストップしてしまうことになります。そのため、10~15分のウォーキングを2回するのではなく、20~30分のウォーキングを1回した方が効果が出ます。時間が取れる方なら、1時間以上続けてウォーキングするのがよいでしょう。

ポイント2「ストレス解消には朝ウォーキング、カロリー消費には夜ウォーキング」

by michi😃さん(@rera_made)がシェアした投稿


よく「ウォーキングダイエットに適した時間帯は?」という質問を受けますが、基本的に朝でも昼でも夜でもOKです。20分以上時間が取れるときに行うようにしましょう。

ただし、ストレス解消目的であれば朝、カロリー消費が目的なら夜がおすすめだといわれています。朝ウォーキングでは、朝日を浴びることで幸せホルモンと呼ばれる”セロトニン”が分泌するため、心のバランスを整える効果が得られます。対して、夜ウォーキングでは夕食で摂取したカロリーを消費することができます。

ポイント3「楽しく継続するためにウェアにこだわったり、スマホアプリを活用したりする」


ウォーキングダイエットは、少なくとも数ヶ月は継続しなければ意味がありません。そのため、楽しく継続するためにウェアにこだわったり、スマホアプリを活用したりしましょう。

いまやスポーツウェアは、デザイン性重視のものもたくさんあります。そのため、ファッションが好きな方でも満足できるウェアが簡単に手に入るようになりました。可愛いもの、カッコイイもの、着心地抜群のもの。気に入ったスポーツウェアを着用して、ウォーキングダイエットを成功させましょう!

また、万歩計や距離計測アプリ、ウォーキングコース紹介アプリなどスマホアプリを活用するのもおすすめです。携帯を持って出掛ける方が多いと思うので、音楽を聴くだけでなく、アプリを上手に活用してみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする