クラブでよく流れる!定番&人気クラブミュージック50選

絶対に聴いておくべきクラブミュージックを50曲厳選!クラシックから最近のものまで幅広くご紹介します!クラブでかかれば盛り上がること間違いなしです!


11. Strong Enough(Larry’s Remix) / Loleatta Holloway

Paradise Garage伝説のDJ Larry Levanの遺作とも言われるこの曲。Larryのサウンドが十分に活かされています。

12. Who Dares To Believe In Me? / The Believers

重厚なリズムにサックスの音色が軽快に混ざり合う1993年の曲です。The Believersはシカゴの大御所Roy Davis Jr.の別名義です。

13. The Nervous Track / Masters At Work

Kenny DopeとLouie VegaによるMasters At Workの名曲の1つです。ブレイクビーツなどの要素を取り入れており、クラブで聴くと非常にテンションの上がる一曲。

14. Deep Inside / Little Louie Vega

Little Louie Vegaの名曲。「Beautiful People」のサンプリング元でもあり、ボーカルのリフレインがたまりません。

15. Independence (CJ Mackintosh Club Mix) / Lulu

1993年のLuluの楽曲のCJ Mackintoshによるクラブミックスです。少しメロウで切なさ漂う心地の良いサウンドです。

16. Trouble / Joi Cardwell

1994年リリースのガラージ・ハウスです。サウンドもボーカルもオシャレでイントロから引き込まれます。

17. Love & Happiness / River Ocean

Louie VegaのRiver Oceanとしてのトライバル・ハウス。ヨルバ語のボーカルと軽快なサウンドが気持ちいいです。

18. Soul Roots / Edward’s World

ピアノとドラムの音がガンガン鳴り響きテンションの上がる一曲。ここまでピアノが前に出てくる曲はなかなかありません。

19. Missing / Everything But The Girl

Todd Terryプロデュースのじっくり引き込まれる名曲。哀愁のあるボーカルに身を委ねたくなります。

20. Drunk On Love / Basia

1994年の大ヒット曲。重なり合うボーカルとストリングスの音で盛り上がること間違いなし。