クラブでよく流れる!定番&人気クラブミュージック50選

絶対に聴いておくべきクラブミュージックを50曲厳選!クラシックから最近のものまで幅広くご紹介します!クラブでかかれば盛り上がること間違いなしです!


21. Beautiful People / Barbara Tucker

Masters At Workによるミックスが最高なガラージ・ハウス。「Deep Inside」がサンプリングで使われています。

22. A Deeper Love / Aretha Franklin

Arethaの力強いボーカルに圧倒される1994年の楽曲。壮大なスケールで一気にその世界観に引き込まれます。

23. The Boss / Alessandro Siani

Masters At Workによる説明不要の大名曲。絶対に外さない珠玉の一曲です。

24. You Are The Universe / The Brand New Heavies

The Brand New Heaviesの名曲。底抜けの明るさにどこか励ましてもらっているような気持ちになれる一曲です。

25. Pienso En Ti / Masters At Work

1998年のLuis Salinasの甘く爽やかな歌声がメロウなメロディとマッチした名曲。

26. Closer I Get / Osunlade

1999年にリリースされたOsunladeプロデュースの名曲。Marieの繊細で美しいボーカルに魅了されます。

27. I’m Happy / Osunlade

2011年リリースのOsunladeによるヨルバ・ハウス。大きな盛り上がりはないもののシンプルな作りでグルーブが身体にスッと入ってきます。

28. Dance / Louie Vega

ゴスペルの原曲をLouie Vegaによってリミックスされた作品。ラテンのサウンドと原曲のボーカルが心地よい名曲。

29. Love song 28 (Galaxy Art Remix) / Julian Gomes

Julian Gomesの楽曲をAtjazzがリミックスした作品。重厚なベースラインに美しいボーカルが美しい世界を紡いでいます。

30. It’s Just / Leon Vynehall

Leon Vynehallによる2014年の作品。美しく印象的なメロディに男性ボーカルのサンプリングが乗っかり浮遊感のあるサウンドを醸成しています。

31. Overshadowed / Atjazz & Julian Gomes

AtjazzとJulian Gomesの2人による2012年の作品。パーカッションで刻まれるビートにシンセサイザーの音加わり幻想的な世界を作りだしています。

32. I Feel The Rhythm / Ron Trent

シカゴ・ディープ・ハウスの重鎮Ron Trentによる1999年の作品。テッキーなビートに優美なメロディが乗ったアップテンポな一曲。

33. Coma Cat / Tensnake

Tensnakeによる2010年の作品。ディスコの雰囲気がありつつも特徴的な鍵盤の音色など今風な仕上がりに。

34. It’s House Music / Lady Alma

Lady Almaの美しい歌声とアフロやトライバルといった雰囲気の混ざりあった2014年の一曲。

35. Somethin’ Wit Jazz (Jimpster Remix) / Mr. V

Mr.Vによる2016年の楽曲。Mr.V本人のボーカルに疾走感あふれるメロディが踊りたい気持ちを駆り立てます。

36. Hey Hey / Dennis Ferrer

Dennis Ferrerの2010年リリースの大ヒット作。ソウルフルな女性ボーカルに男性の「hey hey」の歌声は一度聴くと耳から離れません。

37. Candidate For Love / Joey Negro

T.S. Monkの大ヒットナンバーをディスコ・ハウスにリミックスしたJoey Negro2014年の作品。

38. Eminesence / Vince Watson

Vince Watsonによる2015年にリリースされた作品。デトロイトのバックグラウンドを持ちながら、壮大な大地を思わせる開放的な楽曲です。

39. Somewhere Else / Crackazat

Crackazatによる2014年の作品。非常に特徴的でオリジナリティあふれる軽快なメロディに心躍ります。

40. 64 Ways (Kerri ‘Kaoz’ Chandler vocal Remix) / Detroit Swindle

アムステルダムのハウスデュオDetroit Swindleの曲をKerri Chandlerによるリミックスした2014年の作品。重厚なサウンドから突如音がクラップのみになるところが印象的です。