涼宮あつきがレポート!RAB主催のアニソンダンスバトル全国大会『アキバ×ストリート5』女性ダンサーの活躍が輝きを放っていた北海道予選!

2018年9月9日(土)RABことリアルアキバボーイズが主催しているアニソンダンスバトルの全国大会『アキバ×ストリート5』通称『アキスト』の北海道予選が開催された。


東京、名古屋、大阪、福岡予選を終え、
ついに地方予選ラストの土地。

北海道は過去に前回ファイナル優勝者の「ゾマやかじゃない!」がこの土地の代表になっていることもあり、自分にとっては少し特別な地域に感じていた。

しかしいずれも過去にこの予選から北海道ダンサーのファイナリストは出ておらず、毎回地方からやってきたダンサーに優勝を取られているだけに道民からは悔しい結果となっているだろう。

果たして今回も地方から来たダンサーに取られてしまうのか、はたまた今回こそ道民がそれを阻止するのか、
そんな気になる北海道予選をレポート。

この日、エントリーは去年に比べ倍近くの参加者で賑わった。
この一年で北海道のA-POPシーンがどれほど進化したのか、それが伺える。

そんな賑わいを見せた北海道予選注目のカードは
一回戦目、道民対決の”ふぐり vs みかん200%”
「ふぐり」は北海道でも名のあるロッカーで
過去に東京の大きなストリートダンスの大会でも結果を残している程の実力者だ。
対する「みかん200%」はダンスとしての実力はまだまだ若手だが、過去のアキスト北海道に置いて毎回インパクトを残している若手ポッパーである。
そう、つまりダンスの実力で言うならば「ふぐり」の方が明らかに上を行っているはずなのだが、ここでA-POPバトルならではの番狂わせが起こる。
「みかん200%」がアニメ「ハヤテのごとく‼」ED曲「本日、満開ワタシ色!」の選曲に合わせ自身が用意したオタグッズ(ラブライブの園田海未)とシンクロした見事なパフォーマンスを披露しこれには会場一体が大盛り上がり、優勝候補の呼び声が高かった「ふぐり」を見事下す。

そして東京からやって来た刺客達もやはり印象的であった。
”となりの水瀬リトルデーモン vs いけさく”は関東からやって来たコンビでありながら、まさかここ北の大地にて一回戦目から当たるというなんとも皮肉な展開になった。

また北海道A-POPダンサー達の成長も素晴らしく
前回準優勝のBBOY「RON」そして「TaMRock」は去年よりも更に動きに磨きが掛かり、BBOYとしてのカッコ良さが増したなと感じた。
「NUR(ぬる)」や「KINO」「仙狐(せんこ)」と言ったキャラクター押しで個性的なダンサーもまた良い意味で異彩を放っていた。
惜しくも一回戦で負けてしまったフリースタイルバスケの「藤堂あき(おーたむ)」も去年より更に完成度が上がり、アキストで勝つんだという気合を感じた。

そして去年に比べ、また一つ変わったなと感じたところは
女性ダンサーの活躍が輝きを放っていたということだ。
とくにB-GIRL「リーヌ」の踊りはそのポテンシャルの高さを強く感じることができた

そんな中トーナメントは順当に進み、
準決勝のカードが出揃う。
”μ(ミュー) vs レーザー級BETA@666戦術機中隊”
そして”jun-G vs せッきー”
奇しくも地方勢vs北海道の戦いとなった。

まずは準決勝第一試合
「レーザー級BETA」は過去のアキスト北海道で準優勝の経験があり今回は何としても優勝を取りたいところだろう、得意の軟体ブレイクダンスで攻め会場を沸かせる。
対する関東からやってきたフィメール「μ(ミュー)」はこのシーンに置いての唯一無二のジャンル、新体操で戦っている開拓者だ。そして何より先日行われた福岡予選で見事優勝を果たした「りょ→」の相方でもある。

このバトル、見事制したのはアニソンに自分の想いを爆発させながら舞った「μ(ミュー)」に軍配が上がる。

そして準決勝第二試合
”jun-G vs せッきー”
「jun-G」は過去のファイナリスト経験者であり、このA-POPシーンの古くから関わっている歴史あるAB-BOY、オタグッズとブレイクダンスの高レベルな融合で今回関東から挑みに来た。
対する「せッきー」は北海道出身のロッカーで、まだまだ荒削りではあるがそのスタイルを見る限り、ひた向きにLOCKを磨いていることが彼の踊りから感じ取れる。

しかしここはアイテムを使ってオーディエンスを沸かせたり、全ての決めの音に対してフリーズを決めたjun-Gが勝利する。

これで北海道ダンサーはベスト4で全員敗退してしまい、道民にとっては悔しい結果となってしまった。

そして決勝のカードはお互い関東からやって来た”jun-G vs μ(ミュー)”
その行動力からはアキストに対しての強い想いが感じ取れる。

まずはファーストラウンド、選曲はアニメ「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」ED曲の「ワイズマンのテーマ」から始まった。
ここで先攻を取ったのは「jun-G」
得意のエアベイビーフリーズと共に会場を沸かせ、そこから高度なパワームーブ、フリーズで確実に決める
そして後攻「μ(ミュー)」がjun-G対策か、自身の私物であるオタグッズの抱き枕を使い得意の新体操フリーズで決める。
そこから見事に音とあったバトンを披露し隙を与えないと言った印象だった。
そしてセカンドラウンド、選曲はアニメ「メガロボクス」ED曲の「かかってこいよ」にチェンジ。
「jun-G」は最後の最後までスキルフルかつパワフルなムーブで攻め、体力的にも消耗が見えてもおかしくないムーブチョイスだったが彼は最後まで決めてみせた。
対する「μ(ミュー)」も歌詞の「かかってこいよ」に合わせその気迫と彼女のバックボーンを踊りから強く感じさせた。
そしてバトルは終了、文字通り「死闘」と言ってもおかしくない決勝戦であり審査は見事に難航した。