ダンサーから学ぶ!キャップのおしゃれな被り方 10選【メンズ編】

どんなシーンにも多様に着用されているファッションアイテムのキャップ。そんなキャップの被り方を良く知っているダンサーにスポットをあてて、オシャレな被り方を見ていきます。


現代に欠かせないファッションアイテムの一つとしてあげられるのがキャップです。
今や多くのブランドでキャップラインを展開しているところも多く、皆さんが通っている服屋やセレクトショップなどでもよく見かけるのではないでしょうか?
顔の印象や見せ方を変えられるキャップは、被りこなせればオシャレになれます。
今回は普段から人に見られ慣れ、常にファッション第一線で暮らしているダンサー陣に焦点を当てて、キャップの被り方を見ていきます。
キャップを被る機会があまりない人も、上手く被りこなす自信がない人も当記事を参考に明日からキャップ取り入れてみましょう!

キャップは被り方で印象が全然違う!

キャップは、前被り、後ろ被りなど被り方が何パターンかあり、被り方によって印象が変わるということをまず覚えておきましょう。
時代や流行りによっても違いがありますが、現代では特にスタンダードな前被りが多く、前髪を出したり、ほかのアイテムとの組み合わせでも印象が変化します。
実際に見ていきましょう!

ダンサーから学ぶ!キャップのおしゃれな被り方

シンプル前被り

(ダンサー:hiroto)
少し長めの襟足を後ろに流しつつの深被りスタイル。
目元に出来上がる影がクールさを増大させています。

シンプル浅被り

(ダンサー:Jun)
顔立ちもハッキリと分かる浅めな被り方は、短い髪型とも相性がよくさわやかな雰囲気も出せていますね。

前被り&メガネ

(ダンサー:YOH UENO)
メガネというアイテムが加わる事によって、同じ浅被りでも印象が変わります。
色味が服装とマッチングしていてカッコいいです。

前被り&サングラス

(ダンサー:KIMI)
ブルーを基調とし、シンプルに被ったキャップとサングラスの相性は◎
統一感のあるストリ-トなファッションですね!

前被り&ヘッドホン

(ダンサー:KTR)
スタンダードな前被り。アーチの強いツバのキャップにサイドのヘッドホンが際立ちます。
ミュージックライクなダンサー感が出ていてクールです。

シンプル後ろ被り

(ダンサー:REO)
シンプルな赤キャップの後ろ被り。
後ろ被りは特に顔の表情が分かりやすく、男らしさとラフさのバランスがとてもとれています。

後ろ被り&サングラス

(ダンサー:RIHITO a.k.a つとむ a.k.a Yuki)
後ろ被りとサングラスが組み合わさっています。
少しヤンチャな感じも出せますし、街を歩くのにもぴったりです。

前髪出し後ろ被り

(ダンサー:shoji)
前髪を出しつつの後ろ被りです。
金髪とシックな色のキャップの相対性のある組み合わせがバッチリです。

前髪出し斜め被り

(ダンサー:Yu Hosokawa)
今度は逆に黒髪の大人な印象を白キャップで上手く演出しています。
ヘアースタイルとキャップの良さを両方引き出しています。

前深被り&イヤーフラップ

(ダンサー:issei)
イヤーフラップのニューエラキャップを目深に着用。
玄人な雰囲気と、ストリートな雰囲気が同時に出せます。
冬などにはオススメです!

まとめ

今回はキャップの被り方について見てきました。
シンプルな角度で見てしまえばそれまでですが、キャップはそのものの形や、髪型、服装などでも身に着けているときの印象はガラッと変わります。
キャップは一度ハマってしまえば、被ってないと落ち着かないくらい中毒性も高い最強アイテムなのでお気を付けください!(笑)
というのは冗談で、まずはお気に入り・お手持ちのキャップから合わせてみて、慣れてきたら段々とバリエーションを増やすといいかもしれませんね。