ダイエットを成功させる習慣10選!成功談や失敗しがちなダイエットまで

ダイエットを成功させる習慣って?もしかしたら、あなたがダイエットに失敗するのは間違った習慣が身についているからなのかもしれません。今回は、ダイエットを成功に導く10の習慣と、成功談や失敗しがちなダイエットをご紹介します!


ダイエットを成功させたいなら、まず日々の習慣から改善していきましょう。痩せられない悪習慣が身についていると、努力しても効果的に痩せることはできません。また、ある程度体重が落ちたとしても、今度はリバウンドの心配があります……。

そこで今回は、ダイエットを成功に導く10の習慣をご紹介します。成功談や失敗しがちなダイエットも参考もしてみてくださいね!

  1. ダイエットを成功に導く習慣10選
  2. 失敗しがちなダイエットとは?
  3. みんなのダイエット成功談

ダイエットを成功に導く習慣10選

ダイエットは、1日や2日でどうにかできるものではありません。痩せやすい体を作るために、ダイエットを成功に導く習慣を身につけなければならないのです。そこで、ダイエットの成功率をアップさせる10の習慣をご紹介します!

1. 空腹と”偽の空腹”を見分ける

朝ごはんを食べて、お昼ごはんを食べて、夜ごはんを食べる。そして、合間におやつをつまんでいる人も多いと思います。私たちは、こうして1日3食食べることを当たり前だと思って生活しています。けれど、それは本当にお腹が空いているから食べているのでしょうか?

もちろん、1日3食食べてはいけないと言っているのではありません。ただ、お腹が空いていないのに無理して食べる必要はないのです。口寂しいから、甘い物が食べたいから……。これらは偽の空腹かもしれません!

また、空腹にまつわる興味深い研究結果も出ています。それは、じつは空腹にはたくさんのメリットがあるということ!例えば、
・空腹時は免疫力がアップする
・空腹は美肌をつくる
・空腹は長寿の秘訣
・空腹は血液サラサラ効果がある
・空腹時は記憶力がアップする
など。ダイエットを成功させるためにも、偽の空腹に惑わされず、空腹の恩恵を受けましょう!

2.毎日体重計に乗る

本気でダイエットを成功させたいなら、怖がらずに毎日体重計に乗ることです。たとえ食べ過ぎた日であっても、自分はこれだけ食べると〇g増えると理解するためにも必ず体重を測るようにしましょう。

3.見える化する

私の経験上、今回は本気で痩せるなどといった意識改革をするだけでは痩せることはできませんでした。どれだけ熱意があっても、結局は1~2kg落とすだけで精一杯。そのうえ、熱意を保つのは至難の業です。

そんな気合を入れずとも、その日の体重や食べたものをノートに記録して”見える化”する方が断然楽なうえ効果的です。たとえ0.1kgでも数字が減ったら、嬉しいものなんですよ。

4.全部食べ切ろうと思わない

食事は、全部食べるのが基本です。残したら、せっかく作ってくれた相手に申し訳ないですし、食材にも失礼……。実家暮らしの方はとくに「残さず食べなさい」と注意されて、ダイエットなんかできないと悩むことも多いでしょう。

そこで私が企てたのは、夜ご飯の半分を朝ごはんに回す作戦です!この方法なら、誰に対しても、何に対しても罪悪感なしで取り組めます。

5.半身浴

よく、半身浴では痩せないといいますよね。確かに、生活を変えずに半身浴をプラスしただけでは痩せることはできないかもしれません。しかし、私は半身浴で確実に体重を落とすことに成功しました。

半身浴をすることで、体がぽかぽかして代謝が上がります。さらに、半身浴後はそこまで食欲が湧かないもの。代謝を上げて、食事量を減らす。これがダイエット成功への近道です!

6.歩く

普段、電車を利用している方なら一駅前で降りて歩きましょう。私はこれで節約も成功しました(笑)車生活の方は、近くのスーパーやコンビニぐらいは歩く習慣をつけたいですね。

7.お菓子を買い置きしない

あるから食べちゃう。ということは、買い置きがなければ食べずに済むということです!お菓子を食べているときは、大抵偽の空腹に惑わされているか、ストレス解消のための場合が多いのでないかと思います。それらは、お菓子以外、たとえば野菜などで満たすことができればいいですね。

食べたいときは、歩いて買いに行けばいいだけのこと。ストックは家族や友人にもらってもらいましょう。

8.体重が増えたり、停滞したりしても焦らない

私の中でかなり重要なポイントが、体重が増えたり停滞したりしても焦らないことです。ダイエットをしていると、必ず停滞期がやってきます。さらに、頑張っているのに体重が増えている日もやってくるでしょう。ここで焦ったり、投げやりになるのは禁物です。

私は、ダイエット中は食事量や食事内容を見直すのですが、いつも野菜を摂ることに気を取られてお肉を食べるのをないがしろにしてしまいます……。そして、そんな風に肉や油を避けすぎると体重が落ちなくなることがあります。ダイエットを頑張っているのに体重が増えたり、停滞し続けているようなら、思い切って肉や油を摂ってみてください。初めは怖いかもしれないですが、次の日には不思議と体重が減っていることがあるんですよ。

9.ストレスを溜めない

ストレスが溜まると、食欲が減退する人もいます。しかし、反対にストレスによって過食に走ってしまう人も多いですよね。そんな方の中には、イライラしながら食べることで普段なら考えられないような量を食べてしまった……という経験のある人もいるでしょう。

ストレスのない生活なんて無理かもしれません。それでも、ストレスを減らす努力はしたいですね。ストレス解消法を見つけたり、自分の考え方を見直したり……。そうしてストレスによる過食を防ぎましょう。

10.「食べない」ダイエットは禁物

もちろん、ダイエットに食事制限は必要です。食事制限とまでいわなくても、食事改善は必要不可欠ですよね。しかし、食べないという極端なダイエットは絶対にNGです。

そもそも”ダイエット”とは、健康を手に入れるためのものです。それなのに食べないという方法を取ってしまったら、自ら健康を手放すことになってしまいます。食べないダイエットは心身ともに悪影響を及ぼすので、興味本意であっても試してはいけません。

失敗しがちなダイエットとは?

ここまでダイエットを成功させる習慣をご紹介してきましたが、反対に失敗しがちなダイエットとはどのようなものなのでしょうか?あなたのダイエットは、成功を導くもの?それとも、失敗に終わるもの……?

食事面

本当に効果を出したいなら、必ず食生活を見直す必要があります。ダラダラと間食したり、お腹いっぱいになるまで食べたりしていては、いくら運動したってなかなか効果は出ないでしょう。「食事制限なしでダイエット」と謳っているダイエット方法は、今の体重を増やすことなくキープするためのもの。今より痩せたいなら、食事の質や量を1から見直して!

運動面

運動なしで痩せられるか?その答えはイエスです。確かに、食事量を減らせば運動なしでも痩せられます。ただ、この方法はおすすめできません。

運動なしで痩せると、アンバランスな見た目になります。どこか一部分だけ痩せたり、病的に見えたり……。それに、体は痩せても心が貧しくなります。ミス・ユニバースの候補者は、食べずに痩せることはNGだそうです。その理由は、食べずに痩せるとオーラが消えるから。

ダイエットのための運動は、毎日継続することがポイントです。エクササイズDVDやウォーキングなど、取り組みやすいものから始めてみましょう!

ダイエットの捉え方

ダイエットを決意するときって「同窓会までに痩せたい」など、何かしらのイベントがあるタイミングだと思います。そのほかには、買った服が入らなかったときとか、友人に太ったと言われたときとか……。そういう、何か焦りのようなものが付きまといますよね。しかし、短期間で急激に痩せようと思ったことろで、それは無理です。

私が過去に10kgダイエットしたときも、半年~1年ほどかかりました。とくに女性は、急激なダイエットで体調不良を起こしてしまうことが多いので、できるだけ長い期間で少しずつ痩せた方がいいです。すぐに痩せたいという安易な考えは、ダイエット失敗の思考です。