ワークキャップコーデで男らしさアップ!被り方とおすすめコーデ10選

作業員や技術者のアイコンであったワークキャップは、その利便性の良さや耐久性の高さも相まって今やファッションアイテムとして浸透しています。今回はワークキャップの男性コーデを一挙10選ご紹介!


元々は作業員や技術者向けのキャップとして認知されていたワークキャップですが、ワークウェアブランドや、アメカジブランドなど、多くの若者ファッションのトレンドを作ってきたブランドがラインナップに取り入れることによって、誰でも抵抗なくオシャレに取り入れることができるようになりました。
今回はそんなワークキャップでより男らしく魅せるためのワークキャップコーデをご紹介いたします!

ワークキャップの被り方

ワークキャップは元々作業着のひとつと捉えられていたアイテムというのは先程言った通りで、その背景柄作りもいたってシンプルな構造になっています。ですが、それも被り方によって見え方が異なり、それぞれの人によって適した被り方があると思うので、色々チャレンジしてみるのもいいかもしれません。
被り方はザックリ分類すると、浅めに被るのか、深め被るのか、前髪を出すか出さないかで印象が変わることを覚えておきましょう。

メンズワークキャップコーデ10選

  1. ワークキャップ×オーバーオール
  2. ワークキャップ×ロンT
  3. ワークキャップ×Tシャツ
  4. ワークキャップ×Tシャツ②
  5. ワークキャップ×プルオーバー×カーゴパンツ
  6. ワークキャップ×スウェット×デニム
  7. ワークキャップ×ダウンベスト
  8. ワークキャップ×ベースボールシャツ
  9. ワークキャップ×シャツ
  10. ワークキャップ×ロングジャケット

ワークキャップ×オーバーオール

ワークキャップとオーバオールの組み合わせです。
デニム地のワークキャップとデニム地のオーバオール、そしてデニムの色合いも組み合わさっているので、まとまりがあります。写真のように中のトップスが派手な色味だとオシャレさが出ます。

ワークキャップ×ロンT

ワークキャップとロンTの組み合わせです。
ワークキャップは深めに被りつつ、前髪出しでカッコいい印象が出せます。
男らしさにプラスして、若さも出すことのできる被り方ですね。

ワークキャップ×Tシャツ

ワークキャップとTシャツの組み合わせです。
こちらは前髪を出さずに深めに被っていますね。キャップとTシャツもシンプルですが、どちらも落ち着かせた色合いを選んでいるので、それだけで凛々しく見えます。

ワークキャップ×Tシャツ②

こちらもワークキャップとTシャツの組み合わせ。
キャップは浅めに被り、長めの髪を大胆に出したスタイルです。クールな印象も出せますし、顔型が気になるかたや、フェイスラインをあまり出したくない方なんかにもオススメです。