日本人選手がダンス大会で世界の頂点に!「FISU第1回世界大学チアリーディング選手権大会」

ポーランドで開催された「FISU(国際大学スポーツ連盟)第1回世界大学チアリーディング選手権大会」にて、創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)の学生が「チームチア・ヒップホップダブルス」と「チームチア・チームヒップホップ」の2つの競技において金メダルを獲得した。


ポーランド・ウッチ市で10月5日~10月6日(現地時間)に行われた「FISU(国際大学スポーツ連盟)第1回世界大学チアリーディング選手権大会」に、日本代表として出場した創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)の学生が「チームチア・ヒップホップダブルス」と「チームチア・チームヒップホップ」の2つの競技において金メダルを獲得した。

今大会では、松尾正樹さん(文学部・3年)、尾本幸一さん(教育学部・3年)ペアが「創価大学チーム」として「チームチア・ヒップホップダブルス」に出場。
また、松尾さん、尾本さん、瀬下孝一さん(教育学部・3年)、森愛海さん(経営学部・2年)、桑島温希さん(経営学部・1年)、下川孝二さん(経営学部・1年)、杉山皐月さん(経営学部・1年)を含めた「WORLDWINGS2WDC」の17人が日本代表として「チームチア・チームヒップホップ」に出場した。世界13カ国の代表選手が参加する中、息の合った力強いダンスで見事に金メダルを獲得する結果となった。

動画はこちら

「チームチア・ヒップホップダブルス」優勝、松尾さん、尾本さんコメント

松尾さん

「良い結果を残すため全力で踊り、悔いのない演技ができました。このように悔いのない演技ができたのも支えてくださった皆様のおかげだと思っています。この感謝の思いを踊りに込めました。素直に嬉しかったです。結果が出た時に、真っ先に一緒に戦ってきたチームのみんなに『ありがとう』との思いが込みあげ、そして、支えてくださった方々に少しでも恩返しができたかなと感じました。自分は、ダンサーとしても一人の人間としてもまだまだ足りない部分は多いですが、さらに成長していきます。次の大会でも、ダブルス4連覇、チーム3連覇を目指していますので、必ず勝ち取ります。」

尾本さん

「今回創価大学、日本の代表として大会に出場しました。決勝のパフォーマンスでは、とにかく楽しむこと、そして自分たちのパワーを世界中に届けるという思いで踊りました。踊り終わった後は、本当にスッキリして悔いなく終えることができました。まだこの先どうなっていくかはわかりませんが、今の自分を越え続けていく自分になって行きます。優勝したことより悔いなくやりきって、周りの人にたくさんの反響をもらえたことの方が嬉しかったです。」

創価大学とは

1971年に「人類の幸福と世界平和の構築」を目的として開学。開学以来、海外の大学と交換
留学制度の協定を結ぶなどグローバル人材の育成に力をいれてきた。文部科学省により高等教育の国際競争力の向上を目的として設立された「スーパーグローバル大学創成支援事業」にも採択され、2018年2月28日に発表された中間発表では最高評価の「S」を獲得した。また、世界大学ランキング日本版の「国際性」のランキングにおいては20位にランクインしている。(2018年時点)