ヨガインストラクターはどのくらい稼げるの?平均年収を業種別に解説

ヨガインストラクターを目指している方、必見!ヨガインストラクターの平均年収の目安をご紹介します。ただし、あくまでも目安なのでスタジオの勤務形態や1レッスンのギャランティを事前に確認することをお忘れなく。


ヨガのインストラクターを目指している方は、レッスン内容や指導方法とは別に給与相場も気になりますよね。そこで今回は、ヨガインストラクターの平均年収の目安をご紹介します。スタジオ勤務、フリーランス、派遣インストラクターと業種別に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. ヨガインストラクターの平均年収の目安
  2. ヨガインストラクターの業種別年収の目安
  3. ヨガインストラクターで年収1,000万円は稼げる?

ヨガインストラクターの平均年収の目安


最近は、健康や美容のためにヨガを始める人も多いですよね。そして、ヨガの魅力を知ってヨガインストラクターを目指す人も多いようです。ダンサーの中にも、ヨガ好きが高じてヨガインストラクターになる人も少なくありません。

そこで気になるのがヨガインストラクターの平均年収ではないでしょうか?

ヨガインストラクターの求人の多くが月収21~27万円前後となっています。中には時給制のスタジオもありますが、だいたいヨガスタジオやスポーツジムでヨガインストラクターをする場合はこれぐらいが固定給の目安だといえるでしょう。また、昇給・昇格ありのスタジオの場合は、月収が50万円ほどになることもあるようです。

月収21万円だとすると、年収で252万円。
月収27万円だとすると、年収で324万円。
昇給・昇格を繰り返し経て月収50万円になった場合は、年収で600万円になります。

ヨガインストラクターの業種別年収の目安

一口にヨガインストラクターといっても、複数の業種があります。ここからは、ヨガインストラクターを業種ごとに分類し、それぞれの平均年収の目安をご紹介します。

ヨガスタジオ、スポーツジム、フィットネススタジオ勤務のインストラクターの場合

ヨガスタジオ、スポーツジム、フィットネススタジオ勤務のインストラクターの平均年収の目安は、先ほどご紹介した通り250~320万円前後です。昇給・昇格によっては、年収で600万円ほどになることもあるようです。

フリーランスのインストラクターの場合

フリーランスのインストラクターの平均年収の目安は、1レッスンの相場ギャランティから割り出してみたいと思います。

1レッスン60分として、相場は3,000~5,000円前後。1日に2レッスン行い、それを週5回続けたとすると、1週間で3~5万円となります。コンスタントにレッスンがあると考え、これを1ヶ月続けた場合は12~20万円前後。

つまり、フリーランスのインストラクターの平均年収の目安は140~240万円前後となります。ただし、フリーランスの場合はスタジオ勤務のように固定給は存在しないため、月によって大きなバラつきが出るでしょう。頑張れば頑張った分お給料も増えますが、お仕事がない月は苦しい生活を強いられることになります……。

また、スタジオ雇用ではなくレンタルスタジオを借りた個人レッスンなどでは、1レッスン2000-3000円を10名集めたりしている方も多いです。
これだと週3で9万円×4週間 = 36万円ほどになりますね。単純計算ではありますがフリーだと色々な方法が存在します。

派遣インストラクターの場合

派遣会社に登録してレッスンを受け持つ派遣インストラクターの平均年収の目安は、一般的にフリーランスと同程度だといわれています。ただし、フリーランスとは違い登録会社が仕事を選ぶことになるため、給与の相場は分からないというのが現状です。

派遣インストラクターは、例えば企業、福祉施設、学校、地域センターなどに出向き、出張レッスンを行います。ヨガインストラクターに興味のある人は、派遣会社に登録してみるのもひとつの方法です。

ヨガインストラクターで年収1,000万円は稼げる?

ヨガインストラクターで年収1,000万円稼ぐのは、現実的には厳しいかもしれません。
ただし、フリーランスで売れっ子になったり、スタジオを経営したりするようになれば話は別です。
年収1,000万円稼ぐのは難しいかもしれませんが、スタジオ勤務で月収21~27万円前後の固定給があるなら、昇給を目指して続けるのもよいのではないでしょうか?

まとめ

ヨガインストラクターの平均年収の目安をご紹介しました。

ヨガインストラクターで年収1,000万円稼ぐのは厳しいかもしれませんが、基本的にヨガインストラクターは拘束時間が少ないため、空いた時間でヨガの資格の勉強をしたり、ヨガにまつわる副業をしたりすることも可能でしょう。また、ヨガは健康と美容に良いため、働きながら健康になれるのは最大のメリットではないでしょうか?

ヨガインストラクターを目指している方は、平均年収のほかにも業種ごとのメリットやデメリットを理解しておきたいですね。