初心者はまずこれを聞いてみよう!ヒップホップの名曲を年代別に紹介!

ヒップホップが生まれてから数十年...。ここまで影響力の強い文化になるまでにどのような事が起こっていたのでしょうか?1980年代頃から現在までの出来事や背景を、時代ごとにヒット曲を交えてお送りします。


2000-2010年

ゴールデンエラと呼ばれる時代が終わりを告げ、まさにヒップホップの新時代が到来しようとしていた時代。
NASが「ヒップホップは死んだ」と言った一方でより商業的にシーンは大きくなり、多様化が進んだ時代とも言えるでしょう。
90年代に力を潜めていたアーティストや、新たな若手アーティストが代等し始めた年代です。

Nas, DMX, Method Man, Ja Rule- Grand Finale

Method Man, Redman – Da Rockwilder

Busta Rhymes – Break Ya Neck

Ja Rule – Between Me & You ft. Christina Milian

Missy Elliott – Get ur freak on in

Kanye West – Good Morning

Jaylib – The Heist

The Game – My Life ft. Lil Wayne

Eminem – Lose Yourself

Nas – Hip Hop Is Dead ft. will.i.am

2011年

2パック生誕40周年が祝われたこの年は、トライブ・コールド・クエストのドキュメント映画『Beats, Rhymes & Life』が公開され、世間を賑わせました。一方その頃フォーブスは 、2011年にヒップホップ・キャッシュ・キングスを出版し、ジェイ・Z(3700万ドル)、 ディディー(3500万ドル)といった業界のセレブのあり方を世間が知ることになりました。

Wiz Khalifa – Black And Yellow

Nicki Minaj – Super Bass

Dr. Dre – I Need A Doctor ft. Eminem, Skylar Grey

2012年

ビギーの死から15年、ビースティー・ボーイズの設立メンバーの一人であるアダム・ヤウクがこの年亡くなるなど、ヒップホップの時代の経過を痛烈に感じさせる出来事の裏で、NASのアルバム『Life Is Good』のリリースなど、未だ健在のレジェンドの姿も垣間見えました。

Flo Rida – Good Feeling

Jay-Z & Kanye West – Ni**as In Paris

Snoop Dogg & Wiz Khalifa – Young, Wild and Free ft. Bruno Mars

2013年

ウー・タン・クランがデビューアルバム『Enter The Wu-Tang』のリリース20周年を記念して、第六のスタジオアルバムに取り組んでいると発表したこの年は、エミネムのアルバム連続1位獲得数がザ・ビートルズ(8作品)に次いで史上2位(エミネムは7作品)となる偉業を達成。ヒップホップのシーンがもう一段階上へと上がりました。

Eminem – The Monster ft. Rihanna

Eminem – Berzerk

MACKLEMORE & RYAN LEWIS – THRIFT SHOP FEAT. WANZ

2014年

アメリカのヒップホップマガジン『XXL』が発表している「今年、活躍がもっとも期待される新人ラッパー”XXL Freshman Class”」に12名が選出され、(Chance the Rapper / August Alsina / Ty Dolla $ign / Isaiah Rashad / Lil Durk / Rich Homie Quan / Lil Bibby / Vic Mensa / arren Benton / Kevin Gates / Troy Ave / Jon Connor)近年はラッパーが歌い、シンガーがラップをする例も増え、ラップのようなメロディの楽曲も多いくシンガーとだけ区別できないアーティストも多いと囁かれていたようです。
また、ライブ・イベント〈Hot 97 Summer Jam〉に出演した50セントが、そのパフォーマンスの中で、ロイド・バンクス、トニー・イエイヨー、ヤング・バックをゲストに迎えてG-ユニットのサプライズ再結成を敢行した後、活動を再始動しました。

Iggy Azalea – Fancy ft. Charli XCX

will.i.am – Feelin’ Myself ft. Miley Cyrus, Wiz Khalifa, French Montana

Nicki Minaj – Anaconda