【2018年最新】洋楽ヒップホップ人気ランキング 30選

2018年にヒットした洋楽ヒップホップを30曲一挙にご紹介。 今年の急上昇人気アーティストから、不動の人気アーティストまでランキング形式でお届けします。


10位 Rich the Kid – “Plug Walk”

2/9リリース。1992年生まれ、クイーンズ出身のリッチ・ザ・キッド。2013年に最初のミックステープ『Been About the Benjamins』をリリースしてから数々の作品を世に出し、ミーゴスとコラボしたミックステープや、ケンドリックラマーとコラボしたシングルなどで話題を集めている注目のニューカマーから放たれるー曲です。

9位 Juice WRLD – “Lucid Dreams”

3/13リリース。来日公演も果たしたシカゴの大注目のラッパー、ジュースワールド。
こちらの楽曲は一気にUSヒップホップの中心に躍り出た楽曲としても有名で、ジャン・レノ主演映画『レオン』の主題歌としても知られるStingの名曲『Shape of My Heart』をサンプリングしています。

8位 Drake – “Look Alive”

2/8リリース。話題のラッパーBlocBoy JBとコラボした楽曲です。この曲によってBlocBoy JBを知るきっかけになった人も多く、Dreakのフックアップによって若手の才能が表に出た形となったと評価されているようです。

7位 Migos – “Walk It Talk It” feat. Drake

3/18リリース。人気のヒップホップトリオミーゴスの人気曲。
こちらも不動の人気を誇っているドレイクを客演に迎えた曲で、三枚目のアルバム『Culture II』に収録されています。

6位 Drake – “Nice for What”

4/6リリース。ドレイクの5thアルバム『Scorpion』に収録されている、リードシングルとしてリリースされた楽曲です。
ローリンヒルの『Ex Factor』をサンプリングしたノリの良いトラック魅力的ですね。

5位 Kanye West & Lil Pump ft. Adele Givens – “I Love It”

9/7リリース。ご存知カニエ・ウェストとリル・ポンプのコラボ曲、『I Love It』。MVでは二人の珍妙な姿が話題となりました。
こちらの楽曲は大手ポルノサイトPornHubが主催するPornHub Awordsの授賞式当日である9月7日に合わせてリリースされていて、MVに込められたメッセージも少し大人な内容のものらしいです。

4位 Childish Gambino – “This Is America”

5/5リリース。ミュージックビデオがとてつもない話題を呼んでいる、Childish Gambinoの『This Is America』。アメリカ社会の実像を痛烈に表現した、衝撃的なMVヒット曲となっています。
歌姫SZAが出演していたり、Yound thugや21Savage他、有名なアーティストもコーラスに参加しているとか。

3位 6ix9ine, Nicki Minaj, Murda Beatz – “FEFE”

6/22リリース。レインボーのカラーリングのヘアースタイルで注目を浴びるラッパー、シックスナインのニッキーミナージュとコラボした楽曲です。
シックスナインは「誘拐・強奪され、入院している」という報道もされ、情報錯綜している渦中の曲でもあり、話題にあがったようです。

2位 Cardi B – “I Like It” feat. Bad Bunny & J Balvin

5/25リリース。全米シングルチャートで1位を獲得した『Bodak Yellow』の大ヒットで一躍トップスターの仲間入りをしたCardi B。彼女のデビューアルバム『Invasion of Privacy』に収録されている曲です。

1位 Drake – “God’s Plan”

1/19リリース。SpotifyとApple Musicでの再生回数において、史上最多記録を更新した一曲。MVの方では、制作費予算99万6631ドル(約1億650万)を寄付する光景が映っており、自身もこの寄付が「キャリアの中でも最も重要な行い」とコメントしています。

まとめ

2018年ヒップホップヒット曲30選をお送りしました。
振り返ると、爆発的な人気を博しているドレイクがたくさんランクインしていました。
現在進行形でビルボードチャートなどに上がっているもの等を考えればまだまだごく一部でしょうが、少しでも今年のヒット曲を知っていただけたら幸いです。