運動会の定番曲ジンギスカンの面白ダンス動画 7選

「ウッ!ハッ!」の掛け声があまりに有名な『ジンギスカン』。そもそもこの曲はどうやって生まれたのかや、様々な場所でダンスに使用されている動画を7選お届けします!


小学校や中学校の運動会、また余興などにおいても定番曲として使用される『ジンギスカン』。
よく聞くけど、もともとはどんな曲なのかよく知らない……という人も多いのではないでしょうか。
ここではそんなジンギスカンが生まれた意外な経緯や、この曲を使用した様々な面白ダンス動画を7選お届けします!

  1. 運動会の定番曲ジンギスカンって?
  2. ジンギスカンの面白ダンス7選
    1. 芋洗坂係長「会社のある部署の男」
    2. ミュージック空手
    3. 結婚式余興 錯覚ダンス
    4. 結婚式余興 サプライズダンス
    5. ウォーターボーイズ
    6. 道民によるファイターズ応援ダンス
    7. Berryz工房「ジンギスカン」 Mongolian Dance Shot Ver.
  3. まとめ

運動会の定番曲ジンギスカンって?

運動会で使用されることの多いジンギスカン、実は当時の西ドイツのアーティストグループであるジンギスカン(Dschinghis Khan)が1979年にリリースしたデビュー曲です。
ジンギスカンはモンゴルの英雄として有名なチンギスハーンであるため、モンゴルの歌と思っていたかもしれませんが実はドイツの曲です。
そのため歌詞にでてくる言葉は全てドイツ語で歌われています。

ジンギスカンというグループや曲は、企画ものとして生まれた経緯があります。
西ドイツの音楽プロデューサーデあるラルフ・ジーゲルと経済学者のベルント・マイヌンガー博士が世界的なディスコブームに目を付けました。
そして世界的なヒット曲である「怪僧ラスプーチン」をモデルに楽曲を作り、それをヨーロッパのポップ・ミュージックの登竜門である「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」に応募するために結成されたのがジンギスカンです。

結局、ドイツ国内予選でグランプリを獲得し、本選では4位に終わったものの、その後西ドイツにとどまらず世界的な大ヒットを記録し、日本でもオリコンシングルチャートで5週連続1位を記録しました。

『ジンギスカン』は世界各国の言語でカバーがなされ、日本でも多くのアーティストがカバーをしてきました。
本家がヒットした1979年には川崎麻世や渋谷哲平がカバーし、その後モダンチョキチョキズやBerryz工房もカバーし、SMAPや米米CLUBもコンサートで披露しています。
また、2000年にミリオンセラーを記録したモーニング娘。の『恋のダンスサイト』内での「ウッ!ハッ!」という掛け声は『ジンギスカン』がモチーフになっています。

ジンギスカンの面白ダンス7選

芋洗坂係長「会社のある部署の男」

お笑い芸人の芋洗坂係長がTV番組「エンタの神様」で披露したネタです。
ジンギスカンのメロディに沿ってある会社員の男について踊りながら歌うのが面白いです。

ミュージック空手

ジンギスカンの曲に合わせて小学6年生3人による空手の演武が行われます。
ジンギスカンと空手という異色の組み合わせですが、見事にマッチしています。

結婚式余興 錯覚ダンス

とある結婚式の余興で披露されたジンギスカンです。
お笑い芸人のにゃんこスターをパロディしながら進行していき、特に前半の白黒タイツを用いた錯覚ダンスが面白いです。

結婚式余興 サプライズダンス

こちらも同じく結婚式の余興で披露されたものです。
中盤で新郎の方も加わり、なんとも楽しそうな雰囲気ですね。

ウォーターボーイズ

2005年放送のドラマ「ウォーターボーイズ」劇中で披露されたダンスです。
現在大活躍する俳優たちがしっかりとした振り付けでシンクロをする姿は必見です!

道民によるファイターズ応援ダンス

北海道の人々が北海道日ハムファイターズ応援のために老若男女問わず楽しく踊っている動画です。
使用楽曲もファイターズオリジナルバージョンで、なかなか力の入った作品です。

Berryz工房「ジンギスカン」 Mongolian Dance Shot Ver.

Berryz工房のイベント会場限定で販売されたDVDに収録されているモンゴリアンダンスバージョンです。
7人のメンバーが様々な衣装でダンスをしているのが非常にかわいいです。

まとめ

ジンギスカンに関して、リリースの経緯やダンス動画を紹介してきました。
様々なアーティストにカバーされているほか、運動会や余興などでも大活躍のジンギスカン。
一芸を披露する機会のある際には是非ジンギスカンを使用してみてください。
盛り上がること間違いなしです!