GENERATIONSのキレキレダンスの魅力をダンス経験者が解説!

GENERATIONS(ジェネレーションズ)のダンス特集です!彼らのダンサーとしての経歴やダンスの特徴、おすすめMVと共に紹介していきますのでぜひチェックしてください!


EXILEなどを輩出している芸能プロダクション「LDH JAPAN」から2011年に結成され、2012年にメジャーデビューしたGENERATIONS。
彼らにはアイドルとしての側面ももちろんありますが、なによりもダンスヴォーカルユニットとしてそのアーティスト性が注目されるべきで、そのダンスパフォーマンスは超一流です。
ここではそんなGENERATIONSのダンスの魅力について、ミュージックビデオなどを参考にしつつ見ていきたいと思います!

  1. GENERATIONSにはキッズ時代から活躍するダンサーも
  2. 【メンバー別】GENERATIONSのダンス動画
    1. 佐野玲於
    2. 関口メンディー
    3. 中務裕太
    4. 小森隼
  3. ダンスがかっこいいGENERATIONSMV
    1. F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS
    2. AGEHA
    3. Love You More
  4. まとめ

GENERATIONSにはキッズ時代から活躍するダンサーも

彼らのダンスはGENERATIONS以外のところでも発揮されてきました。
佐野玲於さんは9歳のころからKRUMP(クランプ)というダンスを始めており、実はGReeeeNの『HIGH G.K LOW ~ハジケロ~』にキッズ時代に出演しています。
現在は関口メンディーさんとともに現在はKRUMPアーティスト集団、「Twiggz Fam」のメンバーとしても活躍しています。
「Twiggz Fam」はKRUMPの創始者であるTight Eyezから日本のKRUMPを託されたTwiggzがリーダーを務めるファミリーで、日本を代表するクランプ集団です。
また小森隼さんもキッズのころからダンスをしており、過去にはめちゃイケで放送された”オカザイル”にキッズダンサーとして出演しています。
中務裕太さんも小森隼さんと同じくキッズダンサーの走りのような世代で、子供のころからEXPGでダンサーとしてのスキルを磨き、EXILEのライブバックダンサーを経験してきています。

【メンバー別】GENERATIONSのダンス動画

佐野玲於

KRUMP(クランプ)という種類のダンスをしており、攻撃的で力強いダンスです。
GENERATIONSの中では比較的小柄な彼ですが、それを感じさせないほどのキレと迫力があります。

関口メンディー

同じKRUMPでも佐野玲於さんとは全然印象が違いますね。
低姿勢での動きなど大きな身体を存分に活かしつつ、一方では服を使った遊びもあってかっこいいです。

中務裕太

POP(ポップ)ダンスが得意なだけあって、身体の一部分だけを動かすアイソレーションという動きが随所に見られます。
しかしそれにとどまらず足捌きも高速かつ綺麗だったりとフリースタイルに踊っています。

小森隼

シカゴフットワークという超高速ステップが特徴のダンスを得意にされています。
この短い時間でもバリエーション豊かなステップがあり、足元に自然と注目してしまいます。(映像自体が寄っていっていますが!)