TRF SAMのダンサーとしての経歴や活躍をダンス経験者が徹底解説

TRF SAMさんのこれまでの功績や活躍を振り返っていきます。SAMさんといえばダンスですが、そのダンスに焦点をあて、デビュー前までさかのぼり、どのようにして今までやってきたのかを掘り下げていきましょう!


男女混成のダンスボーカルグループの先駆け的な存在でもあるTRF。そのなかでも男性パフォーマーとして力強く、しなやかにダンスで魅了し続けている存在といえばSAMさんです。
今回はそんなSAMさんのダンサーとしての活躍を色々な視点で追っていきたいと思います。

TRF SAMとは

日本のダンサーとして。TRFのメンバーとして。ダンサーとタレントの両方の顔を持っているのがSAMさんです。15歳でダンスの面白さに気づき、その後本格的にダンスを始めます。1992年頃、小室哲哉さんプロデュースでTRFを結成後、TRFのメンバーとしてパフォーマンスはもちろん、ライブなどの振付け、舞台設計、照明、などパフォーミングに関わることの大部分を担当し、日本初のレイヴユニットとして活躍の幅を広げました。

個人としても、V6や安室奈美恵、BoAなどの振付やライブプロデュースを担当するなど、メジャーアーティストのバックアップという裏方の役割もこなしています。さらにはSAMさん主宰のダンススクール「ソウルアンドモーション」の設立や、一般社団法人「ダレデモダンス協会」の設立など、一般の方に密着した形でのダンスの普及に励んでいる人物で、自らがダンサーとして、ダンサーの認知度を広げるために多大な影響を世間に与えている人物です。

TRF SAMのダンサーとしての活躍

Riff Ruff時代

TRF以前に実はデビューしていて、そのグループ時代のSAMさんです。
はじめは「チャンプ」という名前で活動し、そのおよそ1年後に「Riff Raff」と改名し再デビューしたそうです。SAMさんのハウスダンスのイメージとは違い、様々なダンススタイルを取り入れた振付けになっていますね。

日本House Dance黎明期

日本のハウスダンスの夜明けを作った伝説のダンスクルー「Roots」との撮影中のダンスです。
撮影でありながらセッションしている感じがいなたく、とてもかっこいいです。

TRF時代

TRFでのダンスです。レジェンドEJOEとLINKをゲストに迎え、メジャーシーンでも本質的なダンスを披露しています。

rave2001時代

当時流行っていた、SAMさんが司会を務めるストリートダンス番組「RAVE2001」でのパフォーマンスです。
現代でいえば「スーパーチャンプル」や「DANCE@TV」などを想像してもらえるとわかりやすいかもしれません。ストリートダンスシーンにスポットライトを当てていた、ダンサーの中でも伝説的な番組です。

現代

SAM (TRF)、KOJI(ROOTS, ALMA)、 PInO(ALMA)、 KATSUMI(PYRO)、GENKI(PYRO)、SHOGO(Bounce Stream)、YOSHIYUKI(Bounce Stream)という豪華なメンバーでのパフォーマンスの映像です。
年齢を重ねて尚、ブレないダンスを披露しています。

デビューに到るまで

当時高校生であった1997年頃に、ディスコに通うクラスメイトの影響でダンスに興味を持ち、実際にディスコに通うようになってからは、そこで見たダンサー達に衝撃を受け、本格的にダンスにどっぷりとハマっていったようです。
当時まだストリートダンスというもので生計を立てている人がいない中、「ダンスで食べていけるようになろう」と決意し、働きながら手探りでその方法を追い求めるようになります。
その後「全国ディスコ協会」のトップにスカウトされ、ウェイターとして働きながら、人前でパフォーマンスするという日々が続きました。そういった生活が一年ほど続いたある日、デビューの話が舞い込んできます。それが、ダンス&ボーカルユニット「Riff Raff」(元々は「チャンプ」)の結成&デビューとなります。

デビュー後の活躍

「チャンプ」、「Riff Raff」でのデビューを経て、順風満帆に進むかと思いきや、当時は「マッチ」や「トシちゃん」といった超人気男性アイドルが業界を席捲していたこともあって上手くはいかず、SAMさんの”ダンサー”として活躍する夢もあり、グループは解散。その半年後にニューヨークへ渡米しダンスを学びにいきます。
そして、帰国後にレギュラーダンサーとして出演していたフジテレビの「ダンスダンスダンス」という番組内で、それを見ていた小室哲哉さんから声がかかり、それがTRFデビュー(結成当時はtrf)の始まりだったといわれています。

TRFデビュー後は、グループとしての活動の傍らで数々のメジャーアーティストの振り付け、プロデュースなどの仕事を行っています。近年ではより現場に密着し、ダンスオーディションの開催や、自身主宰のダンススクール「ソウルアンドモーション」の設立もしています。メジャーアーティストとして、メジャーシーンと現場の声を繋ぐ架け橋的な役割を果たしていたともいえるでしょう。

そして2016年には「一般社団法人ダレデモダンスを設立」し、誰もがダンスに親しみやすい環境の整備、子供から高齢者まで幅広い年代へのダンスの普及、質の高い指導者の育成、ダンサーの活躍の場の拡大を目指す活動をコンスタントに行っていくことで、現在進行形でダンスの普及へさらに大きな動きを見せています。

おわりに

いかがだったでしょうか。SAMさんのこれまでの活躍をお送りしてきました。
振り返ってみてみると、絶対的なルーツとしてやはりダンスへの愛が感じられました。
このような多大な影響力を持っているSAMさんのような人物が、ダンサーがアーティストバックアップや、ステージアクセントとしてだけでなく、いちアーティストとして活躍することが当たり前になる時代が来るような気がしてなりませんね!