ダンス経験者が直伝!ダンスの振り覚えをよくする4つのコツ

ダンスの振り付けは難しい動きと動きが組み合わさって初心者には難しかったりしますよね。ダンスの振り覚えに自信がない方、今まさにその壁にぶちあたっている方、今回はダンスの振り覚えに役立つ4つのコツをご紹介します!


ダンスを始めると多くの人がぶつかる壁…、それが振り覚えです。
ダンスは「体を動かして楽しく!かっこよく!」みたいなイメージが先行しますが、蓋を開けてみると振り付けが細かくてなかなか覚えられなかったり、そもそもやったことのない動きの組み合わせなどが加わってしまうと、もうお手上げな方も多いはず。
今回はダンスの振り付けをしっかり覚えられるようにするべく、これから始めたいと思っている方や、ダンス初心者向けの振り覚えのコツをご紹介していきたいと思います!

ダンスの振付の覚え方

単刀直入に申しますと、振り付けを覚える際に気を付けることは思い出すきっかけ作り思い出す作業の繰り返しをすることです!詳しくは次項4つのコツの部分で説明します。
“記憶する”というのはとても難しい作業で、ダンスだけじゃなく、勉強でも仕事内容でも苦労している方が多いのではないでしょうか。これからご紹介していくコツは4つの分類と段階に分かれていますが、得手不得手は必ず人それぞれありますので、出来そうな方法だけピックアップしてやってもらっても大丈夫です!

振り覚えをよくする4つのコツ

①振り付けの全体像を把握する

まずはその振り付けの全体的な特徴や、構成を把握しましょう。というのは要するに、「一、二行くらいの文章にできるくらい簡単に振り付け全体の流れをイメージする」ということです!
例えば「前に出たら、細かい手の動きをガーっとやる。右に行ったらスライドしてキックして終わり!」みたいな感じで、あくまで自分の分かりやすいニュアンスで結構です!(笑)

振り付けの穴埋め地図を作るようなイメージですね。

こうやって全体像を把握することで、自分にとってどの部分の振りが体に入っていないのかが明確になります。振りを区切って考えることができるので、覚えるためのガイドになってくれます。

これは特に長い振り付けのときや、一つのネタを覚えるときに有効です。なのでレッスン中、振り落としが終わってから時間があまりなかった時などは、後の復習に活用しましょう!

②振り付けのキーポイントを見つける

これも①の内容と少し似ているのですが、その振り付けで自分に刺さったポイントや、特徴的だったポイントをチェックして、振り付けの区切りをつけられるようにしましょう。

振り付けのセーブポイント作るようなイメージですね。

これは一つの動作や技に対して行うので、短い振り付けや、細かい振り付け、あまり覚える時間が無いときなどに活用できます!

③思い出す作業を繰り返す

地図やセーブポイントを作ることができたら、その地図の空白の部分を穴埋めしていくように思い出す作業を繰り返していきます。特に長期間覚えておきたい振り付けの場合は、この思い出す作業そのものが記憶に定着に役立つので、「一度は覚えたけどすぐ忘れちゃう」という人には特にオススメしたい部分です!
思い出す作業はやればやるほど、振り付けが身についていくので復習する時間がある人は沢山やりましょう!

④とにかく曲でやってみる

ダンスは音楽と密接につながっているのは皆さんもご存じだと思います。ほとんどのダンサーや振付師の方は、その曲の歌詞や曲調、雰囲気などを掴みながら振り付け考えている場合が多いので、”できなくてもいいから曲でやってみる”というのは手っ取り早い方法だったりします!
また、同じ振り付けでも、様々な曲で踊ってみるといった教え方をしている先生もいるので、レッスンで使った曲以外の曲で練習してみるのも一つの記憶手段となります。
実際に曲でやってみると、今までご紹介した①~③のコツが流れで通せるので、これらの組み合わせを意識して練習できると尚良いでしょう。

ダンスの振り覚えに役立つアプリ

djay2

djay 2 for iPhone

djay 2 for iPhone

algoriddim GmbH¥240

有料アプリですが、その分機能性は抜群!
ビート数を設定できる曲のループ機能がついていたり、曲のピッチ(曲の速さ)を変更したりすることが出来るので、細かい部分の練習やゆっくり曲でマスターしたい方にはオススメのアプリです。

Anytune

Anytune

Anytune

djay2は機能が多い分少し複雑な面もあるのと、有料アプリなので「もっと簡単に曲のピッチを変更したい」、「無料のアプリがいい」という方にはこちらのAnytuneがオススメです。

Spotify

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.無料

一億人を超えるユーザーを抱えてる大手音楽ストリーミングサービスのアプリです。4000万を超える楽曲を聞くことができるので、レッスンで先生が使用していた曲がもしかするとSpotifyでみつかるかもしれません。また、これだけ膨大な量の楽曲が備わっていると、他の曲で振り付けを練習するときにも困りませんね!
無料版・有料版とあって、無料版はプレイリスト内でシャッフルがかかってしまうなどの制限はあるものの、十分に使えるアプリなのでぜひ使ってみて下さい。

まとめ

今回はダンスの振り付けを覚えるコツをご紹介してきました。
もう一度まとめると、

振り付けの地図を作り、振り付けのセーブポイントを作り、そこから思い出す作業を穴埋めしていくように繰り返し練習します。
実際に曲を使って練習するとさらにスムーズになり、一番本番に近い形で練習できるので、慣れてきたらできるだけ音楽先行で振りをこなしていきましょう。
ということでした!

振り覚えで悩んでいる方はぜひ試してみて下さい!