ケント・モリの凄さが一目でわかる!キレッキレダンス動画 10選

"マイケルジャクソンとマドンナが取り合ったダンサー"としても有名なKENTO MORI (ケント・モリ)さん。そんな彼のキレッキレな厳選ダンス動画10選をこれまでの経歴とともにご紹介いたします!

ケント・モリの経歴

2006年に単身渡米し2007年にはプロダンサーとして認められ、本格的にダンサーとしてのキャリアがスタートします。2008年にマドンナのワールドツアー「Sticky & Sweet Tour」専属ダンサーに抜擢され世界中を周り、2009年4月15日、「THIS IS ITオーディション」でマイケル・ジャクソンによって専属ダンサーに選ばれましたが、マドンナとの契約中のためそれを断念します。そのオーディションを最後としてマイケルが亡くなったため、マイケル・ジャクソン自らが最後にセレクトしたダンサーとしても有名です。
その後、マドンナのワールドツアーにて、マイケル・ジャクソン本人に扮して会場を沸かせます。この時、渡米3年半にして日本人男性ヒップホップダンサーとして、史上初めて永住権(グリーンカード)を取得しています。

2010年には、チャカ・カーン専属ダンサー、ニーヨやトニー・ブラクストンなど、トップアーティストのダンサーPV出演など数多くこなし、2011年にポップスタークリスブラウンの世界に4人だけの男性専属ダンサーの一人を務めます。日本では代々木体育館にて開催された「マイケル・ジャクソン・トリビュート・ライブ」第一部のダンスステージを総合プロデュースし、主演を務めています。

2013年、伊勢神宮において奉納の舞を行い、これが現代ダンスで伊勢神宮の奉納の舞台に上がる史上初の出来事となりました。

その後も、SMAP『JOY!!』の振り付け、ダンサーとして第64回NHK紅白歌合戦への出演や、国内外TV番組、CM、PVの振り付けやパフォーマンスを幾度となく行っています。

これまでのステージ共演として、ジャスティン・ティンバーレイク、ニッキー・ミナージュ、バスタ・ライムス、ティンバランド、リル・ウェイン、ザ・ゲーム、ファレル・ウィリアムス、デヴィッド・ゲッタ、T-ペイン、リュダクリス、タイガ (ラッパー)、ショーン・キングストン、エイス・フッド、ケリー・ローランド 、キャシディー、トニー・ブラクストンらが名を連ねているようです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。世界的ダンサー、ケント・モリさんの厳選動画をまとめてきました。
こうして見てみると、ケント・モリさんがこれまでにどれだけ大きな舞台・ステージに立っているかがまじまじと分かります。
一人の日本人がダンサーとしてその名を轟かし、誰もが知っているような世界のアーティストと名を連ねているというのは、多くの日本人やダンサー達に夢を与えたのではないでしょうか。
これからも長くそのキャリアを拡大して活躍の場を広げていって欲しいですね。