初心者でもわかるヨガ呼吸法講座!メジャーな5種を解説

ヨガ初心者の為のメジャーな7種の呼吸法をご紹介いたします。正しい呼吸法を行えば心も体もリラックス♪ 早速ヨガ生活をスタートさせましょう!


初心者でもわかるヨガ呼吸法講座!メジャーな5種を解説。
ヨガを始めてみたものの、本当にこれで合っているのか分からない…ただカタチだけなぞっていては意味がない?!
大事なのはまずは「呼吸法」
呼吸の質で寿命に関わってくるという説もあります。ここでは初心者でもわかるヨガ呼吸法、メジャーな5種をご紹介します。

ヨガの呼吸法とは?

そもそも呼吸法とは?普段の呼吸と何が違うの?
いつも何気なく「呼吸」をしていますが、私たちが生活をする上では必要不可欠ですよね。
「呼吸」とは感情をコントロールする自律神経とも深く関わっており、意識することでコントロールできる唯一の身体活動です。
緊張すると呼吸が浅くなりあくびが…なんてこともありますよね。呼吸は私たちの感情により深かったり浅かったり様々に変化します。
「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」という意味。正しい呼吸法で心と身体を繋げ、心の乱れを整えコントロールしましょう。

メジャーなヨガの呼吸法5種

腹式呼吸

ヨガの呼吸法で一番基本となる呼吸法です。鼻から息を吸い込んでお腹を膨らませ、口から息を吐ききってお腹をへこませます。深い呼吸を意識させましょう。

深い呼吸ができる腹式呼吸は自律神経の副交感神経を活発にし、心身をリラックスさせる効果があるとされています。
睡眠中は自然と腹式呼吸になっているようです。お腹の膨らみ、凹みをしっかり意識することがポイントです。分かりづらい場合はお腹に手を当ててトライしてみましょう。

胸式呼吸

鼻から息を吸い、お腹は膨らませずに胸の部分に空気を取り込み、口から息を吐きます。顎を引き姿勢を正して行うと効果的です。吐く時は、吸う時よりも時間をかけて行いましょう!

肺活量アップ!肺周囲の血流も上がります。インナーマッスルを鍛える効果もあり、脂肪燃焼率を高めボディエクササイズの要素も高いです。ヨガのみでなく、ピラティスの場合よく使われる呼吸法です。

片鼻呼吸

左右の鼻から交互に息を吸い、吐きます。難しいかもしれませんが、必ず口ではなく鼻で呼吸をしましょう。できるだけ長く時間をかけて行うことで脳にしっかりと酸素を送ることが出来ます。

私たちは普段から鼻呼吸は両方の鼻だけでなくこの片鼻呼吸を無意識のうちに行なっています。より意識的に行うことで自立神経を整えることが出来ます。
首から上の部分の血流が特に活発になり、顔の表情がパッと明るくなります。
脳に酸素を送ることができるので頭をスッキリしたいとき、切り替えたいときにオススメです。

ウジャイ呼吸

鼻からゆっくりと息を吸い込み、喉の奥を軽く締めるように意識し「シューッ」というような音を出します。口から息を吐き出す時は、寒い時に手を温めるようなイメージで「ハーッ」という音を出します。

胸式呼吸の発展版です。ウジャイ呼吸法は、腹部の筋肉をかなり活性化することが出来ます。そして換気量も普段の呼吸の約6倍!
身体全体に新しい酸素が巡り代謝の向上が期待出来ます。呼吸の音に集中できるので「動く瞑想」とも言われます。
深く集中したい時や、腹部周りの筋肉強化に繋がることからぽっこりお腹を改善したい方にオススメです。

丹田呼吸

鼻から息を吸いお腹を膨らませます。息を吐く時に「丹田」を意識するのがポイントですが、丹田はおへそと肛門の中間にありますのでお尻の穴を閉めるようなイメージで下腹部から腹筋を使って息を吐きます。息を吐きながらググッとお腹に力を入れて、絞り出すように吐きましょう!

腹式呼吸の発展版です。「丹田」は身体を循環させる「気」の中心地でありエネルギーセンターとも呼ばれます。身体の中心をより意識させることによって気の流れが整い、身体も安定します。イライラ解消や精神を安定させたい時にぴったりです!丹田周囲の筋肉を意識的に収縮する為、インナーマッスルを鍛えたい方にもオススメです。

おわりに

ダイエットや健康、ストレス解消を意識した運動としてヨガはかなり注目されていますね。ヨガスタジオも全国で急激に増えています!動画などをみながら自宅でもヨガを気軽にできるようになりました。これからヨガを始める方も、続けられている方も、呼吸法を見直し更に運動効果を上げていきましょう!
今回はメジャーなヨガの基本となる呼吸法5つをご紹介しましたが、難易度の高い高度な呼吸法もいくつかあります。
高度な分、より運動効果、リラックス効果が期待出来ます。危険が伴う場合もありますので初めての方は必ずトレーナーと行うようにして下さい。まずは基本の呼吸法をマスターし、発展系もトライしてみましょう!