ユース五輪「金メダリスト」河合 来夢も参戦!人気沸騰中「ブレイクダンス」の年末一大イベントを今年も開催!!

12月23日(日)国内最大規模の1on1ブレイクダンスバトル「FLYING ROOKIEZ」が開催。全国から300名の若手ブレイクダンサー達が羽田空港に集結!!


トータルダンスエンターテイメントを提唱する株式会社エンターテイメントカンパニーが2018年12月23日(日)、TIAT SKY HALL(羽田空港国際線旅客ターミナル)にて「大流行のダンスバトル × 世界一のダンスジャンル × 情報を発信する若者」をコンセプトにブレイクダンスのバトルイベント「FLYING ROOKIEZ」を開催する。

FLYING ROOKIEZとは

全国のブレイクダンサー達が集い、戦い、繋がる年末一大イベント!!

全国で開催されているブレイクダンスバトルで、輝かしい活躍をみせている次世代ブレイクダンサー(Bboy & Bgirl)が、「その年のチャンピオン」を決めるために集結する「1on1 DANCE BATTLE」。
年間を通じて行われている提携イベントで実績を上げ、シード権を獲得した強者達と、当日予選を勝ち抜いた実力者達が競い合い、その年の年間チャンピオンの称号「TOP OF THE ROOKIE」を賭けて雌雄を決定する。

イベント公式サイト:http://flyingrookiez.net

ユース五輪の金メダリスト「河合 来夢(Ram)」が出場決定


2018年10月にブエノスアイレスで開催されたユース五輪から正式種目となった「BREAK DANCE(ブレイクダンス)」。
記念すべき第1回目では日本代表選出が大活躍し、男子の半井 重幸が銅メダル、女子の河合 来夢が見事金メダルを獲得。
その金メダリスト「河合 来夢(Ram)」が、特別シード者として出場し、金メダリストと各地の若手実力者による熱い戦いが繰り広げられる。

日本が世界に誇るブレイクダンサー「B-BOY TAISUKE」が審査員として参加決定

世界のブレイクダンスシーンの中で、日本をトップレベルまで押し上げた立役者が「B-BOY TAISUKE」が審査員に決定。
TAISUKEは、毎年ドイツで開催されている世界一のBREAK DANCE TEAMを決める大会「BATTLE OF THE YEAR WORLD FINAL」では、リーダーとしてチーム「The Floorriorz」を率いて、大会史上初の3連覇を達成。(2015~2017)
そのカリスマブレイクダンサー「B-BOY TAISUKE」が、当イベントに特別審査員として参加。
世界を知る彼が、どんな視点で審査をしていくのか注目!

【開催概要】
名称:1on1 Breakin’ Battle FLYING ROOKIEZ
日時:2018年12月23日(日) 開場11:00 ~ 閉幕20:00
会場:TIAT SKY HALL(羽田空港国際線)
住所:東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田空港国際線旅客ターミナル4F
主催:株式会社エンターティメントカンパニー
来場者数:500名/※提携イベント合計集客約3,000人
優勝賞金:100,000円
URL:http://flyingrookiez.net