誰でも簡単にできる!股関節を柔らかくするストレッチ方法12選

股関節を柔らかくしたいという方に向けて、効果的なストレッチ動画をまとめて紹介します。12種類の動画を紹介していますので、自分にあった方法を見つけてください!


股関節は、美しい身体を作る鍵を握っています。バレエダンサー達の美しさにはたくさんの秘密がありますが、その秘密のうちの1つが、股関節ストレッチです。
ここでは、バレエダンサー達が行なっているストレッチの中から幾つかをご紹介しますので、挑戦してみて下さい。

股関節ストレッチの効果

股関節ストレッチをすると、クラシックバレエの基本であるアンディオール、ターンアウトがしやすくなるので、バレエダンサーは、股関節ストレッチを入念に行います。でも、バレエダンサーでなくとも、股関節が柔軟であれば、痩せやすい身体になると言われているので、股関節を柔軟にしておきたいですね!なぜ股関節が柔らかいと痩せやすくなるかというと、股関節が柔らかいと血行やリンパの流れがよくなり、基礎代謝量が上がるからです。また、股関節が柔らかく可動域が広がることで、消費カロリーも増える上に、股関節周りの筋力低下も防いでくれます。実は股関節は、バレエを習っている人でなくとも、ストレッチをして柔らかくしておく方がよい部分なのです。

効果的な股関節ストレッチのやり方 12選

股関節ストレッチは、基本的に身体があたたまっていないと、股関節そのものを痛めてしまう可能性があるので、暖かい場所で、お風呂に入ってから行うことがオススメです。

股関節をほぐし、緩めるストレッチ4選

股関節をときほぐす

①仰向けに寝て、お尻の下に両手を敷きます。この時、お尻の上部に手を入れて、背中は床から離れないようにしましょう。股関節が宙に浮いている状態がベストです。
②両足を広げて、自在に動かしましょう。内側にターンインしてみたり、ターンアウトしてみたりしながら、股関節がほぐれていく感覚を味わって下さい。力を込めて動かすのではなく、足の力を抜いて、ふわふわと股関節を緩めていくイメージです。
③足をゆっくり閉じておろし、お尻の下から手を抜いて終了です。

股関節揺らし

こちらは、足を組んで、片足づつ股関節を揺らします。ゆらゆらと揺らすことで、股関節がほぐれていく感覚を味わって下さい。

股関節まわし

今度は、股関節をまわします。これを行うと、時折「バキッ」という音のする人がいますが、何かを損傷している訳ではないので、痛みが無ければ心配はありません。詰まりがとれたと考えてもよいです。痛みを少しでも感じたら、即座にストレッチを中止しましょう。

裏技的ストレッチで股関節を緩める

親指を回すと股関節が緩むという、まるで手品のようなお話ですが、是非試してみて下さい。確実に、あなたの股関節は、変わります。

ピジョンストレッチ

最後に身体を前に倒す時は、必ず吸った息をゆっくり吐きながら身体を倒していって下さい。ストレッチは、呼吸がとても大切です。

マーメイドストレッチ

この動画の、2:25~3:38がマーメイドストレッチです。背中を丸めたり反らせたりすることで、股関節に様々にアプローチしています。

フロッグストレッチ

足をカエルのように開くことからフロッグストレッチと呼ばれるこのストレッチは、お尻を前後させることで股関節にアプローチしています。

かえるのポーズ

こちらは、フロッグストレッチの難易度が上がったバージョンです。この動画ほど開く必要はないですが、この形をとろうとするだけでも、股関節はかなり伸びます。

かえるのポーズ準備

こちらは、かえるのポーズをとれるようになるためのストレッチです。ゆっくりじっくりかえるのポーズに近づいていきましょう。

股関節を開くストレッチ3選

あぐらストレッチ

このストレッチは、背骨や骨盤の位置が正しくないと、股関節には全くアプローチできません。すぐにベストな場所を見つけるのは難しいので、少しずつ骨盤や背骨の位置を変えながら、自分の股関節が開くと感じられる位置を探して下さい。また、あぐらをかいたまま、身体を前に倒す時は、ゆっくり息を吐きながら倒していくことをオススメします。

壁開脚

自分の足の重さで、股関節を開いていくストレッチです。壁からも床からも足が離れていると効果的ですが、一気に壁から足を離さずに、はじめは片足ずつ壁から離していきましょう。無理は禁物です。

こちらのように、壁を床と見たてて立ってするストレッチを、壁開脚と呼ぶこともあります。

パラダイスバードフロー

こちらはなかなかキツいストレッチです。股関節を開くだけでなく、他の部位が伸びたり鍛えられたりもするので、お得感がありますね。
出来うる限り、同じ形になることを心がけましょう。

まとめ

股関節ストレッチには、様々な方法があります。ほぐす、伸ばす、開くという形で分けましたが、伸ばすストレッチに開く作用が含まれていたり、ほぐすストレッチによって伸びる部分があったりもします。様々な方法を試してみて、自分の股関節に最も効果がありそうなものを探してみて下さい。ただし、闇雲に無理矢理股関節を開くようなマネをしてはいけません。痛気持ちいいくらいが、目安です。