バレエ発表会の実状とは?出演費用やスケジュールのリアルな情報も

バレエの発表会は一大イベントですね!チャレンジしたくてもなかなかその一歩が踏み出せない。そんな方に向けてバレエ発表会の実状を全てお教えします!


バレエの発表会って実際どのくらい経費がかかるの?どのくらい稽古があるの?など気になることが様々だと思います。バレエを習わせているお子さまを持つお母さまも、バレエ始めたばかりの方も、参考にしてみてください!

バレエ発表会に出演する上での注意点

まずは稽古期間がどのくらいなのか、振付の日にきちんとレッスンに参加できるのかなどスケジュールを確認しましょう。振付の日にお稽古を欠席してしまうと、あとで追いつくのも大変ですし他の人に迷惑がかかってしまいますので注意しましょう。また照明合わせ(本番と同じように衣装をつけてリハーサルをすること)も舞台スタッフさんがわざわざ教室に見に来て照明を決めてくれるので、欠席しないように気を付けましょう。

バレエ発表会の出演費用

お教室の状況によってだいぶ変わってはきますが、お教室主催のバレエ発表会であれば、20万程度はかかります。例えば市や県が主催している発表会に色々なお教室が集まって出る場合などは10万円かからないことがほとんどです。
また1曲だけ出演するような発表会は10万円いかないこともあります。
教室によっては、出演する演目数によって値段が違ったり、兄弟割引があったりと様々です。もし男性とパ・ド・ドゥを組む場合は男性とリハーサルをする度にお金を支払うことになります。必要経費の中には衣装代や写真代、お礼代など様々です。

バレエ発表会のスケジュール

だいたいの目安です!
本番3か月前:演目が決定・振り渡し
       稽古スタート・踊りこみ
  1か月前:照明合わせ(衣装を実際に着用して舞台の照明さんにみてもらいます)
 本番1日前:リハーサル(本番と全く同じように髪形や衣装・メイクをします)

バレエ発表会で親がすること

・衣装のサイズがぴったりでない場合、つめたりホックをつけ足したり肩紐のゴムを変えたり裁縫をしてぴったりに調整しましょう。
・髪型は崩れないシニヨンをつくってあげてください。ハードスプレーとUピン、アメピン、シニヨン用ネットがいります。100円ショップで揃えられますよ。
・お教室によっては、髪飾りや小道具などを作る場合もあります。
・本番当日はおにぎりなどの軽食や口紅がつかないようにお茶にストローを用意するといいでしょう。本番は少しお菓子は我慢しましょうね。

さいごに

今まで一生懸命レッスンしてきた成果を出す発表会。1年に1度のペースでもいいので是非チャレンジすることをおすすめします。発表会経費について心配がある方も、発表会の種類によってはそれほどかからない場合もあります。たとえ1曲でもどんな小さなステージであったとしても本番を踏むことは何百回のレッスンより上達に近づけてくれます!

WRITER
MIHO