辛い腰痛とはおさらば!腰痛持ちにオススメしたいストレッチ 10選

腰の痛みはどうしたらとれる?!日々負荷がかかっている腰。放っておいても痛みがなくなることはありません。今回は腰痛持ちの方にオススメのストレッチ10選、痛みを和らげる為に効果的なストレッチ方法をご紹介します。


辛い腰痛で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今や人口の10人に1人もの人々が腰痛を経験しているようです。
ひとくちに腰痛といっても筋筋膜性腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎分離症・すべり症などありますがMRIなどで症状が確定するのは全体の15%だそうなので、原因不明の腰痛は全体の85%にも及ぶとされています。
原因が分からない上に一度痛みを感じたらなかなか治らない…そんな時は自分でケア出来たら楽になりますよね。今回は腰痛持ちの方にオススメするストレッチをご紹介します。

腰痛にストレッチは効果的?

そもそも腰痛にストレッチは効果があるのか?ストレッチが逆効果だという説もありますが、その場合は筋肉が凝り固まりロックされている時に無理やり伸ばしてしまうと逆効果という意味です。
筋肉は強い衝撃を受けたときや継続的な負荷がかかると、反射的に収縮します。「筋肉がロックされた状態」とは、そのように筋肉が太く硬く縮み、毛細血管が圧迫され酸素が足りない酸欠状態になっている状態です。
その状態で無理やりストレッチをしてしまうと「縮んで守れ」とさらに筋肉が縮み、ロックされてしまうのです。
その為ストレッチを効果的に行うには、まずは腰と繋がっている筋肉を緩め、筋肉のロックを解除してからストレッチで伸ばすことが重要です。

腰痛持ちがストレッチする上での注意点

腰が痛いからといって腰だけをストレッチしても意味がありません。
腰と繋がっている筋肉を伸ばすように意識しましょう。直結しているお尻やハムストリングと呼ばれる太ももの裏側を重点的に伸ばしていくと効果的です。
そして押しすぎたり、揉みすぎたり、勢いをつけてストレッチをしてはさらに筋肉が縮み逆効果ですので、他の筋肉にストレスがかかっていないか確認しながら息を吐きながらゆっくりとストレッチしましょう。
不安のある方は必ず医師と相談しながら行いましょう。

腰痛改善におすすめしたいストレッチ10選

ストレッチは下から上にかけて順に行うのが良いので、まずは太もも・お尻・腰・背中の順でストレッチしていきましょう。
次のページからご紹介していきます。