バレリーナの食事を真似して痩せよう!美ボディ献立を紹介

バレリーナたちの美ボディは、トレーニングやレッスンだけでなく、当然食べる物からの影響も受けています。ミスティ・コープランドや、倉永美沙、中村祥子やヤーナ・サレンコといったプロのバレリーナたちが、どんなものを食べているか覗いてみて、参考にしましょう!


バレリーナの美ボディは食事も関係している

バレリーナたちは、その美しさを保つ為に、食べるものを選んでいます。ストレスを溜めないためにドーナツやケーキを楽しむ時もありますが、基本的には「白いもの(白いお砂糖や白い小麦粉など)を避けています。彼女たちは、「口から入るものが自分の身体を作る」ということをよく理解しています。そしてそれは、バレリーナたちだけでなく、あなたにとっても、同じことが言えるのです。

実際のバレリーナの献立例

映画「くるみ割り人形と秘密の王国」にも出演していたミスティ・コープランドのある日の献立

【朝食】 オニオン・クリームチーズを厚く塗ったマフィンかベーグルとアイスコーヒー

チーズを好んで食べるバレリーナは多いようです。理由は、骨が強くなるから。骨折の可能性と隣合わせで踊っている彼女たちは、食べもので解決しようとしているのかもしれません。

【間食】 カシューナッツとマカダミアナッツ、パイナップルのドライフルーツとブドウを数粒

ナッツやフルーツはすぐにエネルギーになってくれると考えられています。バレリーナたちはとてもハードなレッスンを毎日しているので、空腹を感じ続けることを好みません。常にベストなパフォーマンスをするために、間食で身体によくて効率的にエネルギーとなるものを摂取しているのです。

【昼食】 ほうれん草のサラダ。ピーカンナッツと山羊のチーズ、乾燥クランベリー、ビネグレットソース、アボカドのスライスを数枚のせる

サラダというと、野菜だけを食べるものだと考えてしまいますが、バレリーナたちは、野菜と共にタンパク質や炭水化物を摂るものをサラダと呼んでいます。サラダをどのように食べるかが、彼女たちにとってはとても重要なことなのです。

【夕食】 グリルで焼いたサーモンとローズマリーとニンニク、塩コショウで味付けしてローストした玉ねぎ、人参、バターナッツスクワッシュ(南瓜の一種)。プロセッコ(スパークリングワイン)を一杯、あるいはピーナッツバタークッキーを1枚

ミスティ・コープさんは、ある時を境に、肉を食べることを辞めたそうです。これは、あくまでミスティさんがそうだというだけで、肉を食べるバレリーナたちもたくさんいます。牛肉こそが、エネルギーの源だというバレリーナもいれば、鶏肉で筋肉を作ると考えているバレリーナもいます。

他のバレリーナたちの食事

英国ロイヤルバレエ団のオリビア・カウリーさんも、チーズを好んで食べているようです。彼女のインスタグラムでは、彼女の食生活が垣間見られれだけでなく、レッスン着のとてもオシャレな着こなしも見ることができます。バレエをしている人必見のインスタグラムですね。

ボストンバレエ団で大活躍中の日本人バレリーナ、倉永美沙さんも、サラダの食べ方を研究しているようです。彼女は、156センチという小柄さであるというコンプレックスを乗り越えて、ボストンバレエ団のプリンシパルとなった女性です。彼女が、今もなお、レッスン・トレーニング・食事の全てにおいて努力を続けていることが、彼女のインスタグラムからは窺えます。

kバレエカンパニーで主演を務める中村祥子さんは、がっつり餃子を食べていますね!これがエネルギーになると考えていらっしゃるようです。彼女のエネルギッシュで華やかな踊りは、「しっかり食べること」に支えられているのかもしれません。あの長くてしなやかな手足は、エネルギーがなければ使いこなせないですよね。彼女のインスタグラムには、素材にこだわって彼女自身が作った食事がよく載せられています。

この美しい足の持ち主、ヤーナ・サレンコさんは、ベルリン国立バレエ団所属のプリマバレリーナです。そして、彼女のインスタグラムのストーリーには、「meal」として彼女自身の食事があげられていますが、その中に赤身のお肉が写っています。彼女も、肉を食べることは大切だと考えているようですね。お肉あってこその美しいジャンプなのでしょう。彼女のインスタグラムには、彼女の美しい舞台写真だけでなく、トレーニング風景も載っているので、参考になりますね。

バレリーナの食事と運動で美ボディを目指そう!

バレリーナたちは、その美しさを保つために、大変気をつけて食事をしていることが分かりましたね。彼女たちの食べているものをマネすれば、きっと美しいボディに近づいていけるはず!因みに彼女たちの多くは、しっかり噛んで、ゆっくり食事することを心がけています。何を食べるかも大切ですが、どのように食べるかも大切なのです。また、食べたいものを我慢するストレスが美しさに良い影響を与えないので、自分を甘やかす「チートデイ」を設けているバレリーナたちも多いようです。ただし、彼女たちは、ドーナツやケーキ、ポテトチップスを食べてしまったら、即座にランニングやバーレッスンを行なっています。食べ物と運動の両方が、彼女たちの美しさを作っているんですね。