自宅筋トレにオススメ!効果を高める筋トレ器具を部位別に紹介

自宅での筋トレの効果アップにおすすめの器具・道具を10種類紹介します。トレーニング方法例も動画で紹介していますのでぜひ一度試してみてください。


ダイエットや健康、体型維持など筋肥大のほかにも様々な面で筋トレは効果があります。
ですが初心者がいきなりジムは少しハードルが高いかもしれません。
そこでここでは気軽に自宅でもできるおすすめの筋トレアイテムを紹介していきます!

  1. 筋トレは自宅でもできます!
  2. 上半身の筋トレにおすすめのグッズ10選
    1. 1.【腕 / 胸】ダンベル
    2. 2.【腹筋】腹筋ローラー
    3. 3.【腕 / 胸】プッシュアップバー
    4. 4.【全身】ケトルベル
    5. 5.【背中 / 肩】チューブ
    6. 6.【胸 / 背中】ウェイトバー
    7. 7.【腕 / 手】スナップボール
    8. 8.【腕 / 肩 / 胸 / 背中など】ぶら下がり健康器
    9. 9.【背中 / 腹】フラット&シットアップベンチ
    10. 10.【全身】トレーニング用ゴムバンド
  3. 下半身の筋トレにおすすめのグッズ 10選
    1. 1.【腹 / 腰 / 尻】バランスボール
    2. 2.【尻 / 脚】レッグスライドマシン
    3. 3.【尻 / 脚】スクワットマジック
    4. 4.【尻 / 太もも / ふくらはぎ】ステッパー
    5. 5.【腰 / 太もも】ステップ台
    6. 6.【太もも】内もも引き締め器具
    7. 7.【太もも / 腰 / 尻】エアウォーカー
    8. 8.【太もも / ふくらはぎ】エアロバイク
    9. 9.【太もも】レッグカールマシン
    10. 10.【腰 / 太もも / 背中 / 腹】ツイスト運動器具
  4. まとめ

筋トレは自宅でもできます!

筋トレはジムに通わないと効果が表れないとお思いかもしれませんが、自宅でも十分効果的な筋トレが可能です!
もしかすると、自宅での筋トレ=自重トレーニングと考えておられる方もいるかもしれません。
もちろん自重トレーニングもはもちろん、ダンベルやトレーニングチューブなど簡単に揃えられる筋トレグッズを用いたウェイトトレーニングを正しく行うことでしっかりと効果は出てきます!

上半身の筋トレにおすすめのグッズ10選

1.【腕 / 胸】ダンベル


上腕の筋肉を効率良く鍛えるにはダンベルがおすすめです。
一般によく知られるダンベルカールというトレーニングでは上腕二頭筋が鍛えられるほか、ダンベルフレンチプレスという方法では上腕三頭筋を鍛えることもできます。

トレーニング方法

2.【腹筋】腹筋ローラー

腹筋、特に腹直筋を中心に鍛えることができます。
またインナーマッスル・体幹への意識が可能になり、全身にアプローチできるという抜群に効果の出やすいアイテムです。

トレーニング方法

3.【腕 / 胸】プッシュアップバー


腕立て伏せに取り組まれる方におすすめなのがこのプッシュアップバーです。
ワイドプッシュアップでは大胸筋・三頭筋、リバースプッシュアップでは上腕三頭筋・三角筋を中心に鍛えることができます。

トレーニング方法

4.【全身】ケトルベル

身体を大きく動かすことで全身の筋肉を鍛えることのできる筋トレグッズです。
動画で紹介しているほかにも様々なトレーニングがあるので鍛えたい部位に応じて選んでください。

トレーニング方法

5.【背中 / 肩】チューブ


筋トレ初心者や怪我をしてしまった人におすすめするのがチューブです。
チューブは筋肉に少しずつ負担をかけられるので、ダンベルなどのように筋肉への負荷が少なくすみます。
下記のトレーニング方法ではローテーターカフという肩のインナーマッスルとも呼ばれる部分を鍛えることができます。

トレーニング方法

6.【胸 / 背中】ウェイトバー


様々なトレーニングができるという使い勝手の良さから人気を集めているのがロングウェイトバーです。
初心者の方には3kgがおすすめですが、自信のある人は5kgや7kgを選んでも大丈夫です。
トレーニング方法にもよりますが、広背筋や大胸筋、僧帽筋などを鍛えることができます。

トレーニング方法

7.【腕 / 手】スナップボール

通常のトレーニングでは鍛えにくい前腕と握力を鍛えることができる筋トレグッズです。
遊び感覚で楽しく筋トレができる上、しっかりと握力増強に効きます。

トレーニング方法

8.【腕 / 肩 / 胸 / 背中など】ぶら下がり健康器

自宅で気軽に懸垂を行えるのがこのぶら下がり健康器です。
身体や部屋の大きさ、レベルに合わせて高さなどを調節することができます。

トレーニング方法

9.【背中 / 腹】フラット&シットアップベンチ

紹介している商品では高さを4段階に調節できるため、フラットベンチとしてもシットアップベンチとしても使うことができます。
そのためこれを使用して様々なトレーニング方法が可能になります。
以下では腹筋に効くシットアップの方法をご紹介します。

トレーニング方法

【全身】トレーニング用ゴムバンド

筋トレ器具を置くスペースがない方でも非常に気軽に全身の様々な部位を鍛えられるのがこのゴムバンドです。
下記動画では肩を中心に鍛えられるトレーニング方法を紹介しています。

トレーニング方法