【東京ゲゲゲイ特集vol.1】最年少メンバーMIKUにインタビュー

数々の動画作品で注目を集め、今やダンスシーンに留まらず多方面で活躍をみせる東京ゲゲゲイ。 彼女らのサード・アルバム「黒猫ホテル」のリリースを記念した東京ゲゲゲイ特集がスタート! 第一弾は現役大学生のMIKU(写真右から二番目)にインタビュー。

2013年に結成した、リーダーMIKEY率いるアーティスト集団”東京ゲゲゲイ”。
ダンスシーン出身でありながら、これまでに日本ゲゲゲイ連合、ゲゲゲイの鬼太郎など数々の動画作品をバズらせ、二回に渡る単独舞台の成功と怒涛の活躍を見せて来た彼女らがサード・アルバム「黒猫ホテル」をリリースした。
さらに同アルバムを提げて単独公演「東京ゲゲゲイ歌劇団Vol.Ⅲ 黒猫ホテル」を敢行。

今回、Dewsでは、東京ゲゲゲイの特集をスタート。
意外と知られていないメンバーの素顔に迫るべく、それぞれのインタビューを行なった。
第一弾は、最年少メンバーであり、現役大学生のMIKU。


ダンススタートから東京ゲゲゲイ加入まで

STAFF
まずはじめに、ダンススタートから東京ゲゲゲイ加入までの経緯を教えてください。

MIKU
私は、5歳くらいの時にモーニング娘に憧れてダンスを始めたんですけど、最初は近くのスポーツクラブみたいなところで習っていました。
それで小学生からチームを組んでコンテストにたくさん出ていたんですが、5年生くらいの時に出たコンテストのジャッジが、当時MIKEYさんが活動していたチーム東京★キッズの相方のMAIKOさんだったんです。
それでMAIKOさんに「東京★キッズのイベントがあるから出てみない?」と言っていただけて、そのイベントでMIKEYさんを知り、衝撃を受けました。
公演を見に行ったら「次の公演のオーディションがあるよ」とMIKEYさんに誘っていただいて、オーディションに合格したのがきっかけです。
そこからずっとMIKEYさんに習って、Vanilla Grotesque (バニラグロテスク)、MIKEYさんプロデュースの東京★ガールというチームを経て、今という感じです。

STAFF
MIKUさんは確か現役大学生で最年少ですよね?

MIKU
21歳です。

STAFF
正直、少しエロティックな表現とかあったりするじゃないですか?
素朴な疑問なんですけど、当時はどう捉えていたんですか?

MIKU
小学6年生くらいのときが東京★ガールなんですけど、おっぱい光らせたりとかしてました(笑)。

当時のショーケース

STAFF
小学6年生は、一番お年頃だとは思いますが(笑)。

MIKU
でもなんか、楽しいなーって!
なかなかやらないじゃないですか?普段の生活で。
だからとにかく楽しいなって思ってました。

STAFF
なるほど!
そんな深く考えないものなのですね。
では続いて、チーム内で自分はどんな役割担当ですか?

MIKU
担当、私は・・・。

———-しばらく悩んだ後———-

BOW
MIKUは真面目担当ですね。

STAFF
BOWさんが答えてくれましたね(笑)。
真面目担当。全員奇抜だと中々成り立たないですし重要な役割ですね。

MIKU
そうですね。

東京ゲゲゲイでの一番の思い出や出来事

STAFF
東京ゲゲゲイの活動で、インパクトがあった思い出を教えてください。

MIKU
私達ダンスをずっとやってきて、まさかマイクをもってステージに立つ日が来るなんて思っていなかったので、それはインパクトが大きいです。

STAFF
確かに、この前久しぶりにライブをみたら全員歌っていて驚きました。
歌い始めたのはいつからですか?

MIKU
去年くらいですね。
ボイトレとかにも通って新たな挑戦でしたね。

STAFF
そうですよね。
けど、違和感がないというか、ダンサーなのに自然と歌っているように見えました。
キッズ時代からの師匠であり、今はチームメイトでもあるMIKEYさんの魅力はなんですか?

MIKU
出会った時からずっと刺激的。
常に、出てくるもの出てくるもの、「ああ、こんなのもあるんだ」っていうのがもう10年くらい。
いつになったら超えられるのか。いつになったらその発想ができるんだろうかって思うんですけど、常にそういうものを吸収できるし、「私こういうことも出来たんだ」っていう自分の可能性を広げてもらえる部分も大きな魅力です。

個人的な夢と東京ゲゲゲイとしての夢

STAFF
とてもいい関係ですね。
では個人的な夢と、東京ゲゲゲイとしての夢をそれぞれ教えてください。

MIKU
小さい時からずっと踊ってきて、踊ることが本当に好きなので、ずっと踊っていたいなって思いますし、いろんな国で踊りたい。
この前フランスに行ったりとか、ゲゲゲイでも海外に行かせてもらって、より世界各国で踊りたいという夢が強くなりました。
個人的には、まだ大学生ですしどこか留学行くのもいいなって思いますし、違うものも吸収してみたいなっていう夢もあります。

STAFF
ありがとうございます。
最後に今回の舞台の魅力を教えてください。

MIKU
今回は、生バンドで初の挑戦なので、音楽もとってもいいと思うし、一緒に騒げる内容になっていると思うので、曲も聞きに来て欲しいし、踊りも見に来てほしいです。
とにかく生の音で騒いで楽しんでください!

STAFF
ありがとうございます。

東京ゲゲゲイのプロフィール

リーダーのMIKEYのキテレツメンタルワールドを表現するアーティスト集団。
2013年、MISIAや加藤ミリヤの 振付を担当するMIKEYが、テレビ番組『DANCE@TV』(TX)のダンスコンテスト企画『DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON』への出場を機に結成、同番組の歴代最高得点で優勝。
以降、ダンス公演やワーク ショップのほか、有名アーティストの振付を担当。
2015年には、国際交流基金とパルコによる国際企画 「DANCE DANCE ASIA -Crossing the Movements」に 参加。
ベトナム、フィリピンでも公演を行った。 2016年には、ストリートダンス界としては初めて、第10回日本ダンスフォーラム賞を森山未來と同時受賞。 2017年にアメリカデビュー、またMV『ゲゲゲイの鬼太郎』は、YouTubeで2000万回再生(2018年9月現在) を突破する。
2018年日本を代表する劇団としてDance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018 芸術監督 ドミニック・エルヴュによりトリプルビル#1に参加。9月から2ヶ月に渡り、パリの国立ダンス劇場シャイヨ、 リヨン・ビエンナーレなどフランスとスイス12都市で26公演を行う。2018年12月、日中平和友好条約締結 40周年記念催事(主催:国際交流基金)の一環として中国(上海・北京)で公演。

東京ゲゲゲイ歌劇団 vol. III 「黒猫ホテル」公演概要

日時:2019年1月29日(火)~31日(木)
会場:EXシアター六本木
料金(税込):座席指定席:6800円/アリーナスタンディング:5800円/U‐25チケット4800円(観劇時小学生以上25歳以下対象/チケットぴあ、 パルステ!にて前売販売のみ取扱い)
東京ゲゲゲイHP:https://www.tokyogegegay.com/