バレエ初心者でも脚が上がる!アラベスクの正しいやり方とコツ

クラシックバレエの基本ポーズ「アラベスク」の正しいやり方をご紹介します。バレエ初心者でも脚が上がるコツを動画でわかりやすく解説していきますのでぜひご覧ください!


バレエの代表的なポーズ「アラベスク」は、バリエーションにも頻繁に登場します。世界で活躍するバレリーナのアラベスクは、高く脚が上がっているのに軽やかで「あんなふうに脚を上げたい!」と憧れる人も多いでしょう。でも、むやみに脚を上げても美しいアラベスクはできないのです…。

そこで今回は、バレエ初心者でも脚が上がるアラベスクの正しいやり方とコツをご紹介します。やはり大事なのは「基礎」のようです♪

  1. アラベスクとは?
  2. アラベスクの正しいやり方とコツ

アラベスクとは?

「アラベスク」とは、片脚で立ち、上げた脚をまっすぐ後方へ伸ばすクラシックバレエのポーズです。上げた脚と反対の腕を前方に伸ばし、手の先から上げた脚の爪先まで最も長い線を形づくります。支えの脚はプリエの場合もあれば、ポワント(つま先立ち)やドゥミ・ポワントで立つ場合、ア・テール(べた足)で立つ場合とがあります。

アラベスクは、C.ブラシスがメルクリウスの彫像からヒントを得て考案したといわれており、チェケッティ派には5つ、ワガノワ派には4つ、フランス派には2つの基本的なアラベスクがあります。今回は、ワガノワメソッドの4つのアラベスクの形を見ていきましょう。

第1アラベスク

舞台に対して右横に向き、右腕が前、左腕が横、左脚が後ろになります。顔は前に伸びた手先の方を向きます。

第2アラベスク

舞台に対して右横に向き、左腕が前、右腕が横、左脚が後ろになります。顔は左に回し舞台正面を向きます。

第3アラベスク

舞台に対して右斜めクロワゼ方向に向き、右腕が前、左腕が横、右脚が後ろになります。顔は前に伸びた手先の方を向きます。

第4アラベスク

舞台に対して右斜めクロワゼ方向に向き、左腕が前、右腕が後ろ、右脚が後ろになります。ウエストで上体を右方向に強く回旋します。それにより、大きなポーズを作る事が可能になります。顔は左に回し左手先の方を向きます。

アラベスクはバレエのポーズで最も有名といっても過言ではないほどバリエーションに頻繁に登場するため、レッスンでもアラベスクに長い時間が割かれます。ちなみにアラベスクに男女の区別はありません。

続いてはアラベスクの正しいやり方とコツを解説いたします!