バレエ初心者でも脚が上がる!アラベスクの正しいやり方とコツ

クラシックバレエの基本ポーズ「アラベスク」の正しいやり方をご紹介します。バレエ初心者でも脚が上がるコツとは?美しいアラベスクができないと悩んでいる方は、改めて基礎であるタンデュから見直してみましょう!


バレエの代表的なポーズ「アラベスク」は、バリエーションにも頻繁に登場します。世界で活躍するバレリーナのアラベスクは、高く脚が上がっているのに軽やかで「あんなふうに脚を上げたい!」と憧れる人も多いでしょう。でも、むやみに脚を上げても美しいアラベスクはできないのです…。

そこで今回は、バレエ初心者でも脚が上がるアラベスクの正しいやり方とコツをご紹介します。やはり大事なのは「基礎」のようです♪

  1. アラベスクとは?
  2. アラベスクの正しいやり方とコツ

アラベスクとは?


「アラベスク」とは、片脚で立ち、上げた脚をまっすぐ後方へ伸ばすクラシックバレエのポーズです。上げた脚と反対の腕を前方に伸ばし、手の先から上げた脚の爪先まで最も長い線を形づくります。支えの脚はプリエの場合もあれば、ポワント(つま先立ち)やドゥミ・ポワントで立つ場合、ア・テール(べた足)で立つ場合とがあります。

アラベスクは、C.ブラシスがメルクリウスの彫像からヒントを得て考案したといわれており、チェケッティ派には5つ、ワガノワ派には4つ、フランス派には2つの基本的なアラベスクがあります。今回は、ワガノワメソッドの4つのアラベスクの形を見ていきましょう。

第1アラベスク

舞台に対して右横に向き、右腕が前、左腕が横、左脚が後ろになります。顔は前に伸びた手先の方を向きます。

第2アラベスク

舞台に対して右横に向き、左腕が前、右腕が横、左脚が後ろになります。顔は左に回し舞台正面を向きます。

第3アラベスク

舞台に対して右斜めクロワゼ方向に向き、右腕が前、左腕が横、右脚が後ろになります。顔は前に伸びた手先の方を向きます。

第4アラベスク

舞台に対して右斜めクロワゼ方向に向き、左腕が前、右腕が後ろ、右脚が後ろになります。ウエストで上体を右方向に強く回旋します。それにより、大きなポーズを作る事が可能になります。顔は左に回し左手先の方を向きます。

アラベスクはバレエのポーズで最も有名といっても過言ではないほどバリエーションに頻繁に登場するため、レッスンでもアラベスクに長い時間が割かれます。ちなみにアラベスクに男女の区別はありません。

アラベスクの正しいやり方とコツ


アラベスクを美しくするには、正しいやり方を知っておかなければなりません。見様見真似で脚を上げてもエレガントさは出ませんし、間違ったやり方を続けていると脚や腰の故障に繋がるので注意してください。それでは、アラベスクの正しいやり方を確認しましょう。

上げた脚と軸脚を完璧に伸ばしきる

アラベスクで最も大事なのは、脚をきれいに伸ばしきることです。後ろに上げた脚の膝を完璧に伸ばしきるのはもちろん、軸脚の膝もしっかり伸ばしましょう。

肘と手の平を下に向ける

アラベスクの腕の形はきわめて特徴的で、肘と手の平を下に向けます。この腕の形はアラベスク以外では出てきません。

両肩を水平に保つ

両肩は、常に水平を保ちます。第4アラベスクを除く3つのアラベスクではパンシェ(上半身を前方下に倒し、脚を高く上げるポーズ)をしますが、その間も両肩は水平を保たなければなりません。

背中を柔かく使う

アラベスクは、いかに背中の柔軟性が高いかがポイントになります。背中が柔らかければそれだけ脚を高く上げられますし、脚を上げたときに上半身を不必要に前へ倒す必要がなくなります。

ここからは、美しいアラベスクができないと悩んでいる方のために動画でやり方やコツをご紹介します。

脚の角度と骨盤の位置、タンデュでの伸ばし方

バレエヨガインストラクターの三科さんは、アラベスクで重要なポイントを3つ挙げています。その3つとは開脚、後屈、筋力です。どれか1つでも欠けていると美しいアラベスクにはなりません。そして脚が高く上がらない、ひざが曲がる、内股になるなどの悩みが出てきます。

これらを踏まえて、アラベスクはむやみに脚を上げるのではなく、まずはタンデュがきちんとできるように練習して、体幹を意識して立つことから確認してみましょう。

90度以上の脚の上げ方

バレエを続けていると、ある程度(90度)までは脚が上がるようになっていきます。しかし、90度以上に上げようと思うと、骨盤をしっかり開く必要があります。また、腹筋がなければ体が不必要に前に傾いてしまうので、お腹を引っ込めるイメージで腹筋に力を入れましょう。

ゴムバンドを使って脚を上げる方法

アラベスクのポジションを鍛えるのに、ゴムバンドを使う方法もあります。ただし、成長過程にある子どもは骨に支障をきたす恐れがあるので、ゴムバンドの使用はおすすめできません。また、腰痛のある大人の方も使用は控えた方がよさそうです。

三科さんは、チャコットのエクササイズバンド(硬さはミディアム)を使用しています。使い方は簡単で、ゴムバンドを脚と肩に掛けるだけ。動画を見ているだけでは楽に思えますが、実際にやってみるとかなりキツいので無理なく試してみてくださいね。

最後に、アラベスクのコツをまとめてみました。

胸から下が脚であると意識する

軸脚のひざをピンと伸ばす

骨盤の位置と肩の位置は平行

タンデュがきちんとできているか確認する

ゴムバンドでトレーニングする

アラベスクの上達には、長い道のりが待ち受けています。諦めそうになったときは、バレエ団で活躍する世界のバレリーナも日々レッスンを積んでいることを思い出してレッスンに励みましょう!