バーレッスンが苦手な方必見!バーレッスン上達のコツを解説

バーレッスンが苦手だという人は多いと聞きますが、バーレッスンはバレエ上達のためには避けては通れない道です。 ここでは、バーレッスンの意味やバーレッスンの順番、上達のコツなどを解説していきます。


子どもや、バレエをはじめて間もない方ほど、バーレッスンを苦手だと感じてしまいがちです。それは、何故でしょうか。
順番が覚えられない、バーとの距離感がわからない、ただただ反復しているようで飽きてしまう…など、理由は人によって様々です。
でも、バーレッスンの意味を知り、バーレッスンによって自分の身体の調子が確認できるようになれば、バーレッスンが苦手だという気持ちはなくなってしまうはず。
ここでは、バーレッスンの意味や自宅で出来るバーレッスンの方法などをご説明致しますので、ご覧になって、是非、バーレッスンを好きになって下さい。

バーレッスンとは

バーレッスンは準備運動だとよく言われます。だからといって軽視してはいけません。ただの準備ではなく、身体を順に作り上げていくというイメージの方が適切でしょう。身体の隅々に意識を向ける時間でもあります。ザハロワやシルヴィ・ギエムもバーレッスンは必ずするし、あなたがするバーレッスンと同じようなことをしているのです。彼女たちと同じことをしているなんて、凄いことですよね!

バーレッスンの流れ

ここでご紹介するのは、あくまで一般的で初心者向けのものです。先生やお教室によって、違いは必ずあると考えて下さい。

①Plie(プリエ)

膝を曲げる動きだと考えている人は、間違えています。プリエは、股関節から足を開いていく動きです。また、骨盤を立てられているかの確認にもなります。細〜い壁と壁の隙間に挟まりながら、腰を沈めていくイメージをしましょう。そうすると、膝は前にこないし、お尻も後ろに出ないはずです。

②Tendu(タンデュ)

足を床から離さずに、前横後ろに出す動きです。床から爪先は離しませんがかかとは離します。これもただ足を出すと考えてはいけません。足を外側に回しながら、アンディオールしながら出しましょう。この時、出した足のかかとの向き、足首が伸びているかどうかを意識して下さい。更に指先でしっかり床を感じることで、爪先にも意識が向けられるようになるでしょう。

③Jete(ジュテ)

タンデュの床から爪先を離すバージョンです。ただし、離す時も、足の指が親指から順に離れていくのをしっかり感じて下さい。ジュッテは足を高く上げません。上げない分、じっくりと、自分の足の指一本一本まで感覚を行き渡らせましょう。

④Rond de Janbe Par Terre(ロン・デ・ジャンプ・ア・テール)

アテールというのは、床から爪先を離さないという意味です。タンデュした爪先で、前から後ろ後ろから前へと円を描きます。この時、タンデュの時のように、アンディオールや爪先を意識するのはもちろんですが、自分の骨盤が、足に釣られて傾いていないか、軸足が引き上がっているかもチェックしてみましょう。

⑤Fondu(フォンデュ)

軸足はプリエ、動足はクッペからスタートし、どちらの膝も伸ばす動きです。これも、膝の曲げ伸ばしではなく、開いて開いたものを開いたまま伸ばす動きだと考えましょう。プリエ同様、細い隙間に挟まっているイメージをすると良いかもしれませんね。

⑥Frappe(フラッペ)

動足をクッペから勢いよく前横後ろに出す動きです。早く動かさなければいけないことが多いので、ついつい動足に気をとられてしまいますね。でもここで気をつけたいのは、軸足に自分がのっているかどうかです。動足が動かしにくいなら、体重が動足にもかかっている可能性が高いでしょう。軸足にのることを意識してみて下さい。

⑦Adagio(アダージオ)

ゆったりとした音楽の中で足を高く上げる動きをします。アダージオの時は、気持ちよく身体の隅々が伸びているかどうかを意識しましょう。
音楽を楽しむ余裕まで出てくると、より、伸びやかに動けますよ。

⑧PetitBattment(プチバットマン)

細かく足を動かします。軸にのっているかを意識しましょう。

⑨GrandBattment(グランバットマン)

足を大きく高く振り上げます。力を入れて止めるのではなく、勢いで振り上げるとイメージしましょう。

バーレッスン上達のコツ

とても美しいバーレッスンに溜息が出てしまいますね。これは、英国ロイヤルバレエ団のレッスンですが、この動画にたくさんのバーレッスン上達のヒントがあったことにお気づきでしょうか。
まず、呼吸。プリエの前半で先生が「ふーっ」と強めに息を吐いていますね。人は集中するとどうしても呼吸が止まりますが、呼吸が止まると筋肉が固まって、動くものも動かなくなります。常に深めの鼻呼吸を心がけましょう。
2つめは表情です。みんな微笑んでいるような柔らかな表情ですね。先にあげた様々なことを気にすると、自然と表情は無になってしまいます。でも、表情は脳と繋がっているので、しかめ面をしながらバーレッスンをすると、出来ることも出来なくなるらしいですよ。意識して、表情を緩めましょう。
そして、この動画で明らかなのは、指導者が優れているということです。つまり、もっとも早く上達出来るのは、良い先生に出会った時だということなのです。身体の使い方をじっくり教えてくれる上に、バーレッスンの組み方が上手な先生に出会えば、必ず上達します。順番ばかりを重視するのではなく、どう身体を使うかを教えてくれる先生を探しましょう。あなたや他の生徒さんの様子を見て、その様子に合わせてバーレッスンを組んで下さる先生が、最高ですね。

自宅で練習するバーレッスンの方法

これは大変わかりやすい動画ですが、自分が正しい動きが出来ているのかというチェックを自分ですることは、とても難しいことです。家でバーレッスンをするなら、あなたの先生がしていることを、先生の注意を思い出しながら復習することの方をお勧めします。

まとめ

バーレッスンは、知れば知るほど奥が深く、バーレッスンが変われば必ずセンターレッスンでの踊り方も良くなります。バーレッスンでしたアレが、センターレッスンのここに繋がっているのね!なんて考えられるようになれば、バレエの上達がとてもはやくなりますよ。