【26種類】ダンスショー、余興で役立つ!実用的フォーメーション一覧

ダンサーの方にとってはあるあるなのですが、一般の方も余興や文化祭などでダンスをしてフォーメーションに困ったことはありませんか?人数も多かったり少なかったりとその時により変わりますよね。ここでは実用的なフォーメーション26種類をまとめました。人数によりアレンジして使ってみて下さい。


健婚式の余興や文化祭でのダンスフォーメーション!成功すればとても盛り上がりますが、考えるのはとても大変ですよね…今回は基本的なフォーメーションから応用編まで26選をご紹介!
何種類かを組み合わせて踊りながら移動しても面白いですね。基本のフォーメーションから応用編までご紹介しています。是非参考にしてみて下さい♪

ダンスフォーメーションパターン26種類

基本のフォーメーション

ダンスフォーメーション
まずは基本の横1列から。人数によりセンター(真ん中の人)を決めましょう。

ダンスフォーメーション
横2列のパターンです。2列目の人は顔が見えるように1列目の人の間にしましょう。

ダンスフォーメーション
迫力を出したい時にオススメのフォーメーションです。前に進む振付などに使うと盛り上がりそうですね。

ダンスフォーメーション
縦1列のフォーメーションです。前の人が低くなったり、全員重なり千手観音像のように踊ってもいいですね。
ダンスフォーメーション
縦2列のパターンです。1列とはまた違った印象になりますね。
ダンスフォーメーション
全員がしっかり見えます。キレイに斜めをつくるのが大変ですが、こういった変化があると面白いですね。

ダンスフォーメーション
こちらは逆パターンです。先頭の人が軸になるフォーメーションですね。

ダンスフォーメーション
7人の場合オススメのフォーメーションです。

ダンスフォーメーション
先ほどのフォーメーションと逆パターンになります。

ダンスフォーメーション
1列の斜めのフォーメーションです。カノン(順番に追いかけるように動く)の振付などに効果的です。

ダンスフォーメーション
2列の斜めです。人数が多い時や斜め1列だとスペースが足りない時などに使えますね。

ダンスフォーメーション
センターだけ前に出ているパターンです。雰囲気を変えたい時に良さそうです。

ダンスフォーメーション
上からみるとM字にみえるフォーメーションです。

ダンスフォーメーション
真ん中だけ抜けている三角のフォーメーションです。

ダンスフォーメーション応用編

ダンスフォーメーション
奇数の人数の場合適している形です。動きながらこのフォーメーションになっても面白いですね。
ダンスフォーメーション
難しい形ですが、ソロ(1人で踊る)と分ける時にも使えそうですね。
ダンスフォーメーション
上から見るとZの形になっています。高低差をつけたりと、人数が多い場合使いやすいですね。
ダンスフォーメーション
円の形です。踊りながら回ったり、明るい曲からしっとりとした曲まで幅広く使えます。
ダンスフォーメーション
上手(お客さんから見て右側)と下手(お客さんから見て左側)に分かれているフォーメーションです。同時に動きながら出てきたり、グループ分けでそれぞれ踊っても良いですね。
ダンスフォーメーション
ガラッと雰囲気を変えたい時にオススメです。人数は少なくても多くても使えると思います。横移動の動きなどが映えますね。
ダンスフォーメーション
十字の形です。センターを決めてつくるフォーメーションなので、奇数の人数の場合使いやすいです。
ダンスフォーメーション
3つのグループに分けて踊りたい時にオススメです。こちらではセンター(真ん中)グループは逆三角、他2グループは三角になっていますが逆のパターンや違う形でも良いでしょう。
ダンスフォーメーション
四角の形です。人数により綺麗に収まらないので注意しましょう。
ダンスフォーメーション
偶数の場合の斜め3列のフォーメーションです。スペースを広く使いたくはないけど雰囲気を変えたい時にオススメです。
ダンスフォーメーション
上から見るとバツの形です。センター(真ん中)の人は動かず周りだけ動き、十字の形に変えても面白いですね。
ダンスフォーメーション
最後はこちらです。大人数の場合適しています。縦1列を何列かつくり、間に1人ずつ入れてみましょう。ボリュームが出ますね。迫力がほしい時に使えると思います。

終わりに

如何でしたでしょうか?このようにダンスのフォーメーションは様々なパターンがあり、人数により異なります。
奇数、偶数だからこそ出来る形がありますので披露する人数や曲に合わせて考えてみましょう♪