白Tシャツの黄ばみを真っ白に!洗濯方法や裏技を紹介

いかなるシーンにおいても活用されがちな白Tシャツ。この白Tシャツの問題点の一つが"黄ばみ"です。この"黄ばみ"についての原因と、これに対する防止策から落とし方まで一挙にご紹介していきたいと思います!


肌着として、ファッションとして、スポーツやフィットネス用に…。などなど、多くの場面で着用することの多いTシャツ。その中でもラインナップが非常に多いのが白Tシャツです。その無機質な色味ゆえに、使い勝手も良く、ほとんどの人が1枚くらいは持っているのではないでしょうか。
使い勝手が良いと言うことは、自然と着用する機会も多くなってきますよね。

しかしここで気になってしまうのが白い衣類の弱点“黄ばみ”です!今回は白Tシャツの黄ばみの原因と対策を掘り下げていきたいと思います。

白Tシャツの黄ばみの原因

白Tシャツにおいて悩まされる”黄ばみ”は、特に首回りなどに起こりやすいと思いますが、これはなぜ起きるのでしょうか?その答えは「皮脂の汚れが空気に触れ酸化して起こる現象」と言われています。
皮脂は皮脂腺と呼ばれる「皮脂を分泌して、皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きする腺」の部分から分泌され、その皮脂腺が在る箇所が首回りや脇の下です。
この部位はTシャツを着た際に肌との摩擦も起こりやすい箇所なので、着用後、特にスポーツなどをしたときにはすぐに洗濯するなどの対策が必要です、

黄ばみ防止の方法

黄ばみを防止するには「繊維とも摩擦を減らすこと」です。摩擦が多ければ多いほど皮脂汚れが付着しやすくなりますので、激しい運動や上にジャケットなどを羽織るときには、出来るだけ白Tシャツを着用しないというのも一つの対策になります。
また、

・こまめに洗濯する。(着用後すぐが望ましいです。そのまましまったり、放置しないこと)
・衣類用防水スプレーを摩擦の起こりやすい襟もとに吹きかけておく。
・脇汗パットを使用する。

などの対策も黄ばみ防止につながります。

白Tシャツの黄ばみが真っ白になる落とし方

アタック 高活性バイオEX 大 1kg
ワイドハイターEX 粉末タイプ 本体 530g

まずは粉末洗剤、粉末酸素系漂白剤を用意しましょう。
熱めのお湯(50℃前後)のお湯にどちらも5gずつお湯に溶かして、漂白液を作ります。

20~30分つけおきしたら、取り出して、洗濯機で通常の洗濯を行います。(※つけおきは長くやりすぎると痛みの原因になるので注意しましょう!)

洗濯が終わったら干す作業に移ります。(部屋干しの場合は臭い対策のためにアルコール除菌スプレーを吹きかけておくと良いです。)
また、干す際は型崩れとかさばりを防ぐマワハンガーを使用するのがオススメです!

Tシャツの黄ばみ落としの裏技

先ほどご紹介した黄ばみ落としの方法は割とスタンダードなものですが、実は裏技的な方法もあるので今回は特別にご紹介いたします!

その方法はとても簡単です!「クリーニング屋さんの汗ジミ黄ばみ取り洗剤」という黄ばみ取り洗剤があります。こちらは生地に直接塗り、2~30分おいてから普通に洗濯するだけで黄ばみが取れるという代物です!
面倒くさがりな方や、通常の方法で黄ばみが落ちなかった方は、こちらの方法を試してみるのもいいかもしれません!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は白Tシャツの黄ばみの落とし方についてお送りしてきました。
本記事では黄ばみの「洗い方・落とし方」というところを重点的にフォーカスしてきましたが、本当に黄ばませたくない白Tシャツは出来るだけ着ないという選択も一つの方法かもしれません(笑)。
というのは冗談ですが、基本的に酸化というのは時間が経てば経つほど進み、黄ばみも強くなってしまうので、「こまめに洗濯すること・着用後にそのまま放置しないこと」を最後にもう一度念押しさせていただいて終わりにしたいと思います!
皆さんぜひお試しあれ!