ストレッチボールの効果とは?肩こり、腰痛などの改善にもおすすめ!

簡単なのに効果抜群!気になっている方も多いのでは?ストレッチポールの購入を検討している方は特に必見!どうやって使うの?効果は出るの?ここではストレッチポールの効果、知っておきたいポイントをご紹介。

スポーツジムなどでよく見かけるあの長いポール。
気になる効果は?実は使い方は簡単なのに肩こりや腰痛や姿勢改善にも繋がるんです!
ストレッチポールの効果を詳しくご紹介します♪

ストレッチポールとは?

スポーツジムなどで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。
こちらがストレッチポールです!

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001

スポーツ用品のショップなどでみる筋膜リリースやマッサージ用の中が空洞のものと比べるとかなり長めの作りになっています。
上から仰向けで寝てみると、頭からお尻まですっぽりと支えられます。
たったそれだけなのですが様々な効果が得られるのです!
まずはストレッチポールを使用することで得られる効果を4つご紹介します♪

出展:http://stretchpole.com/

ストレッチポールの4つの効果

①筋肉がゆるむ

日頃から運動している方は勿論ですが、普段生活をしている中でも筋肉はギュッと緊張し固まってしまうのです。
例えば何かに集中している時、デスクワークでもそうですが前かがみになり少し力が入ってしまいますよね。
そうなると筋肉が緊張し固まっている状態が続き、寝た状態でも重力が1点に集中してしまい常に力が入っている状態になってしまうのです。

②姿勢が良くなる

姿勢が悪い例で「猫背」が上げられますよね。
猫背の原因は背骨の歪みが原因であるとも言えます。背骨がS字カーブを描いている状態が通常の「良い姿勢」の状態なのですが、日常生活の姿勢や荷物の持ち方、立ち方が偏っているとそのS字カーブが崩れてしまいます。
「猫背」が癖になっている方は特に要注意です!悪化してしまうとそのカーブが崩れたまま元に戻らなくなってしまいます。
そうなる前にまずは歪みを直し、正しい背骨のカーブを保ちましょう。

③呼吸が深くなる

まず姿勢が悪く前屈み姿勢になると、助骨の動きが悪くなります。
そうなると肺が酸素を取り込みにくくなり呼吸も浅く…。緊張した状態だと呼吸が浅くなり思わずあくびが出てしまう経験はありませんか?
普段からあくびが多く、呼吸がしづらい方は姿勢が歪んでしまっていたり常に筋肉が緊張状態になってしまっているかもしれません。
ストレッチポールで助骨を開き深い呼吸をしましょう!

④リラックスモードになる

毎日のデスクワークやスマホの利用などが1日のほとんどを占めている方は特に考えられますが、その場合交感神経ばかりが活発になり、興奮状態が続いてしまいます。
そのような状態が多くなると疲労やストレスを蓄積することになり、寝ても疲れが取れず休まらなくなってしまいます。
ストレッチポールに身体を預け寝ることで副交感神経が優位になり、身体がリラックスモードになりますので疲労がたまりなかなか寝付けなかったり眠りが浅い方は
1度ストレッチポールを使ってみてください♪

次ページからはストレッチポールの効果的な使い方を部位別にご紹介します!