エアロビクスとはどんなダンス?現役指導者がわかりやすく解説

エアロビクスの歴史から種類の違いまで動画を交えて解説しています。エアロビクスについて興味を持ったらおススメ動画を見て自宅で簡単に!エアロビクスデビューしてみましょう!


エアロビクスといえば多くの人が、ピチピチのお姉さんが音楽に合わせてはつらつと運動している場面を思い浮かべるのではないでしょうか。今や知らない人はほぼいないと思われるエアロビクスですが、実際にどんなことがきっかけで始まり、現在はどんな種類があるのでしょうか。歴史から種類まで、詳しく探ってみましょう。

  1. エアロビクスとは
  2. エアロビクスの効果
  3. エアロビクスをやる上での注意点
  4. エアロビクスをやってみよう!自宅でできるオススメ動画

エアロビクスとは

エアロビクスはもともと、80年代にアメリカでケネス・クーパー博士によって、宇宙飛行士の心肺機能向上のために開発されたプログラムでした。1981年11月にクーパー博士が来日し講演を行ったことで日本でもフィットネスブームに火が付き、主婦や若い女性を中心にエアロビクスが広まっていきました。
動画はその当時アメリカのエアロビクスチャンピオンシップの映像です。はつらつした様子に元気がもらえ、これぞエアロビクス!という感じですね!

現在ではシンプルなものから幅広い層へ向け使う音楽や動きのバリエーションが増えてきました。ラテンエアロやダンスエアロ、ズンバやバレトンなど聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。時代によって種類が増えているのもエアロビクス人気が続く秘訣なのかもしれません。

 

エアロビクスの効果

美容や健康のために始める方も多いと思いますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。ここでは5つ紹介します。

1、脂肪燃焼で、痩せる!

一定の心拍数を保ちながら20分以上継続して運動することでエネルギー源が脂肪に切り替わり、脂肪を減らすことができます。

2、血行促進で免疫力が上がり、美肌になる!

筋肉が伸縮することにより血液が細部までいきわたり、冷え性やむくみ解消につながります。

3、筋力低下を防ぎ体が引きしまる!

筋肉を持続的に動かすことにより脳から指令が出て筋肉の合成を促進させ、筋力がアップします

4、生活習慣病の予防になる!

生活習慣病の主な原因は運動不足ですので、適度に体を動かすことでリスクが大幅に減ります。

5、汗をかいてストレス解消になる!

汗を出すことで自律神経の乱れを整え気持ちをすっきりさせることができます。

 

エアロビクスをやる上での注意点

どうせ続けるなら長く効果的に続けていきたいですよね。体の使い方を意識すれば、効果がグンとあがり、怪我無く安全に続けられるようになります。そのためには、以下の3つを気を付けましょう。

1、心拍数

心拍数が高くなりすぎ息が上がって苦しい状態では、無酸素状態となり脂肪が燃焼されません。しゃべりながらでも苦しくない程度の強度で続けます。

2、(跳ねる動きで)膝のクッションを使う

慣れない動きを突発的に続けた結果膝や腰を痛めてしまう危険もあります。膝は柔らかく使い、シューズは底の柔らかいクッション性のあるものを履きましょう。

3、意識的に動く

運動時にはその時どの筋肉が動いているかを意識するとより高い効果が出るとの研究報告があります。その部分にどんな効果があるのか考えながら動きましょう。

WRITER
yuki