ホットヨガの服装の選び方を解説!初心者向けに注意点やオススメ商品を紹介

ホットヨガ初心者に向けて、スタジオに通うための服装をレクチャーいたします。選び方からオススメ商品まで、ぜひスタジオにいく前にチェックしてみてください!


ホットヨガをやってみたいけれど、どんな服装をしたらいいの?と不安な声をよく耳にします。悩んでいてホットヨガを経験できないのはもったいない!そこで今回はホットヨガにぴったりの服装をご紹介します。

ホットヨガの服装とは

基本的には、動きやすい服装で問題ありませんが、ホットヨガは室内をかなり高温にして動きますので、体調面に気を遣ったウェア選びをしたいです。通気性の良いものや、しめつけの少ないもの、汗をかいても肌馴染みが悪くないものなど動く時にストレスを感じない服装を選びましょう。初心者の人はできるだけ露出度が少ないものを選ぶと気軽に始められるかもしれませんね。

ホットヨガの服装の選び方

では、具体的にホットヨガの服装を選ぶ時のポイントをご紹介します。また、ヨガウェアおすすめのブランドも一緒に紹介しますので、是非参考にしてみてください。

選ぶ上での注意点

ホットヨガでは汗を大量にかきますので、体温や汗を外に逃してくれる「通気性」が良い素材やデザインのウェアを選ぶようにしましょう。金具付きのインナーは極力避けた方が良いでしょう。スポーツ用のインナーを着用する、もしくはキャミソールと一体型のタイプのものを着る方が動きやすくおしゃれなウェアが多いです。そして「伸縮性」のあるものを選びましょう。体の動きや呼吸、ポーズの妨げになっては、せっかくヨガをしているのに効果が半減されてしまってはもったいないです。動きやすく、呼吸がしやすい、しめつけの少ないウェアを選ぶといいでしょう。

オススメブランド

DANSKIN(ダンスキン)

ダンス用品を多く取り扱っているブランドですので、自身のスタイルを綺麗にみえるラインのウェアが特徴です。またデザインや機能性に優れており、バリエーションがかなり豊富です。

yoggy sanctuary(ヨギー・サンクチュアリ)

機能性だけではなく、 着心地のよさ、シルエットの美しさを兼ね備えた、メイドインジャパンの品質にこだわっています。

suria(スリア)

自然由来の素材を多用し、身体を優しく包みこむ着ごこちでリラックス系ヨガやストレッチなどにおすすめです。マタニティ用のヨガウェアもあります。

「Welcomfo by Chacott(ウェルコンフォ バイ チャコット)」:バレエ専門店「チャコット」が手掛けるヨガ専門ウェアです。男性ものもあります。

WRITER
MIHO