英国ロイヤル・バレエ団 平野亮一のプロフィールや経歴をまとめて紹介!

男性バレエダンサーといえば、熊川哲也さんや宮尾俊太郎さんを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、平野亮一さんも、忘れてはならない男性バレエダンサーです。彼は、英国で王子ができるほどの長身と気品に加え、テクニックと表現力まで持ち合わせているので、見る者を惹きつけて離しません。


英国ロイヤルバレエのプリンシパルである平野亮一さんは、ここにきて益々、その実力が認められ、活躍していらっしゃいます。2018・2019年新シーズンの幕開けに、『マイヤリング』で初日の主演を踊り、賞賛を浴びたことは、記憶に新しいですね。

平野亮一のプロフィール

日本人離れした類い希なるスタイルが、はっきりとわかる写真ですね!平野亮一さんのお母さまの節子さんは尼崎市、吹田市、大阪市に教室を持つバレエスクール平野節子バレエスクールの主催者です。平野亮一さんは、幼い頃から、お母様の指導を受けていらっしゃったようです。お兄さまの平野啓一さんも弟さんと同じく世界的に有名なバレエダンサーで「ナショナルバレエオブカナダ」で活躍されていました。

生年月日:1983年9月5日
出身地:兵庫県尼崎市
出身校:滝川高等学校
身長:185センチ
趣味 : 大工仕事、カメラ

経歴

大阪市に教室を持つ平野節子バレエスクールでバレエを始める。
2001年:ローザンヌ国際バレエコンクールでプロフェッショナルスカラーシップ賞受賞
2001年:研修生として英国ロイヤル・バレエ団へ入団
2002年:英国ロイヤル・バレエ団に正式入団
2012年:『パゴダの王子』主演しファーストソリストへと昇格
2016年/2017年シーズン:32歳でプリンシパルに昇格
熊川哲也さん以来のプリンシパル昇格で、高田茜さんと共に日本人男女として史上初めて、同時に同バレエ団の最高位に昇格しました。

平野亮一の実力とは

英国ロイヤル・バレエ団の中にいても一際存在感を放つ長身と、穏やかな気品が平野亮一さんの魅力です。長身を活かしたダイナミックな踊りももちろん、見る者を十分に惹きつけますが、平野亮一さんの最大の武器は、繊細な身体のコントロール力と、類い希なる表現力だと私は考えます。後にあげる「ロミオとジュリエット」のリハーサル動画を是非ご覧になって下さい。サラ・ラム演じるジュリエットを優しく気遣うように接する前半の、腕の動きや、アラベスクの足の高さ!!気遣いが、振り上げない足の高さや腕のなだらかさで表現されています。そして、思い通りにならないジュリエットに詰め寄り迫り、乞い願う後半の表情!!ジュリエットに拒否されて呆然とする姿も含め、私は、平野亮一さんが踊るパリスを見て初めて、パリスという登場人物を愛おしく思うようになりました。それまでは、あまり注目したことのないキャラクターでしたが、平野亮一さんが踊ると、いたいけで、繊細で優しくて…ロミオと出会わなければジュリエットは、パリスと幸せになれたのでは?と思ってしまう人物へと昇華されたのではないでしょうか。
この動画は、平野亮一という人の真の魅力が詰まった動画です。彼は、とてもソフィスティケートされた、ロイヤルにふさわしいダンサーだと言えるでしょう。

英国ロイヤル・バレエ団

英国ロイヤル・バレエ団(The Royal Ballet)は、イギリス王立のバレエ団です。フランスのパリ・オペラ座、ロシアのマリインスキー・バレエとともに、世界三大バレエ団の一つと称されることもあります。ルドルフ・ヌレエフや、アレッサンドラ・フェリ、アダム・クーパーにタマラ・ロホといった名だたるダンサーたちは皆、英国ロイヤル・バレエ団に所属していました。日本人では、熊川哲也さんや吉田都さんが所属していたことは、有名ですね。

平野亮一のダンス動画

2001年第29回ローザンヌ国際バレエコンクールの映像です。まだ17歳の平野亮一さんですが、この頃から既に、王子らしい気品が備わっているように感じられますね。ふわりと浮かび上がったかのようなアントルラッセには、うっとりしてしまいます。

ロイヤル・バレエ団のリハーサル映像を見ると、彼らがいかに緻密に舞台を作り上げているかがわかります。この動画は、先述したように、平野亮一さんの魅力が存分に味わえるものです。ジュリエット役のサラ・ラムに触れようとするその、一手で、様々な感情を表現してしまえるなんて、ダンサーというのは本当に恐ろし生き物だと、ため息をつかずにはいられません。また、振り上げず、低めに保ったアラベスクが、ジュリエットの反応を気にして、ジュリエットにイマイチ踏み込めない彼の気持ちを想像させます。低めなのに、ぐっと遠くに伸びるアラベスクは、長身のなせる技!自分の身体を存分に活かした踊り方です。リハーサルなので衣装をつけていませんが、それがまた、アンバランスでなんだか魅力的ですね。

まさしくハマり役!ですね。大胆で、ワイルドで、伸びやかで自由。でも、荒々しくは感じさせないのが、平野亮一流なのでしょう。女性に優しく、男性には憧れられる色男といったところでしょうか。細やかなステップや、繊細なシェネが要所要所で見られるので、他のダンサーが躍ると荒々しく感じられるこの役も、モテる素敵な男性に見えてきますね!女性のサポートが紳士的で優しげなところも、平野亮一さんの数ある魅力の1つです。

まとめ

今年2019年は、平野亮一さんの所属している英国ロイヤル・バレエ団が来日する年です!6月に来日する演目の中にドンキ・ホーテがあり、平野亮一さんは、先にあげた動画の中のエスパーダを踊られますよ!とても楽しみですね!美しすぎるバレリーナの高田茜さんも来日され、キトリを踊られる日もあるんですよ!