米津玄師、土屋太鳳らの振付を手がける奇才ダンサー「辻本知彦」とは

米津玄師、土屋太鳳らの振付を手掛け、菅原小春との共作でも話題の奇才ダンサー「辻本知彦」とは?プロフィールや経歴、ダンス動画までたっぷりご紹介します。

ダンサー兼振付師として有名な「辻本知彦」は、米津玄師に”師匠”と慕われる類まれなる才能の持ち主。Sia『Alive』のMVで辻本の振付を踊った土屋太鳳には、猛々しい表現ができるようにトレーニング法や動きのイメージを細かく指導したのだとか。

今回は、そんな話題のダンサー辻本知彦のプロフィールや経歴をご紹介します。ダンス動画も用意したので、ぜひ独創的なダンスを堪能してください。

  1. 辻本知彦のプロフィール
  2. 辻本知彦の経歴
  3. 動画で解説!辻本知彦ダンスの特徴とは?

辻本知彦のプロフィール

生年月日 1977.12.10
身長 174cm
血液型 AB型
出身地 大阪府吹田市
補足 18歳の時にダンスを始め、97年渡米後、自ら海外を転々とし2007年シルク・ドゥ・ソレイユにて日本人男性ダンサーとして初めて起用される。

ダンサー兼振付師の「辻本 知彦(つじもと ともひこ)」(※本来「辻」のシンニョウは点1つで表記する)は、シルク・ドゥ・ソレイユ初の日本人男性ダンサーとして起用されたことで有名です。現在は国内外で多岐に渡る活躍を見せており、米津玄師の『Lemon』の振付を担当したことで注目を浴びていますよね!その他、代表作にSiaの『Alive』、平井堅の『ノンフィクション』、RADWIMPSの『カタルシスト』や菅原小春との共作など、最先端を走るダンサー兼振付師としてさらなる活躍を見せています。 

米津玄師とは「LOSER」の初タッグ以降、”師匠”と呼ばれるほど大きな存在となっている辻本知彦。めったに人を絶賛することのない辻本ですが、彼の才能に対しては「彼の踊り方は万人に一人の芸術性を持っている。」と感服しているとのこと。

森山未來と立ち上げたユニット「きゅうかくうしお」の公演も楽しみです。また再演してほしい…! 

かわいいワンちゃんも飼っているようです♡

辻本知彦さんの経歴

1995年:18歳でダンスをはじめる。
2004年:金森穣主宰Noism04に所属。
2007年:シルク・ドゥ・ソレイユにて日本人男性ダンサーとして初めて起用される。
2011年~2014年:シルク・ドゥ・ソレイユ『マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー』27カ国485公演を成功させる。
2015年 :
蜷川幸雄演出『青い種子は太陽のなかにある』Bunkamura オーチャードホール(出演/振付)
Janet Jackson – BURNITUP! Feat. Missy Elliott (Japanese dance Video)【出演】etc…
2016年:
米津玄師『LOSER』MusicVideo(振付)
Sia『Alive』日本版 MusicVideo 土屋太鳳(ダンス指導/振付)etc…
2017年:
第67回NHK紅白歌合戦 平井堅 『ノンフィクション』 ダンサー大前光市(振付)
土屋太鳳写真集 『初戀』(演出)etc…
2018年:
日本武道館「米津玄師 2018 LIVE / Fogbound」GUEST出演
NHK 2020応援ソングプロジェクト『パプリカ』(作詞作曲・プロデュース:米津玄師 、歌:Foorin、振付:辻本知彦 & 菅原小春)
米津玄師『Lemon』紅白歌合戦 出演:菅原小春(振付)etc…

18歳でダンスを始めた辻本知彦さんは、2004年に舞踊家・金森穣が主宰する劇場専属舞踊団Noism04(ノイズム)に所属しました。小学校からバスケットボールひと筋だった辻本さんは、高校卒業前にたまたまダンスのクラブに通い、踊ることに目覚めたそうです。世界で活躍ダンサーの多くが幼少期からダンス漬けの日々を送るなか、18歳からダンスを始めた辻本さんはかなり遅いプロへのスタートを切ります。そこからめきめきと頭角を現し、ディズニーランドのダンサーとしてキャリアを積み、1997年には渡米します。

その後、シルク・ドゥ・ソレイユの3年間のワールドツアーに参加した辻本知彦は、この時期を「修行期間」と呼んでいます。現在は、数々の有名アーティストからオファーを受け、著名なタレント、ダンサー、シンガーにもダンス指導・振付を担当しています。

続いては辻本知彦さんのダンスの特徴について動画で触れていきたいと思います!