引退を発表したバレリーナ吉田都の魅力をバレエ経験者が解説!

今年の夏に現役を引退することを発表された吉田都さんですが、既に今年のローザンヌ国際バレエコンクールの審査員としてご活躍されていましたね!彼女がどれほどに凄い方なのかを、ここでは、じっくりご紹介致します。

吉田都という人のバレエを見たことがある人の中には、自分には同じことができないとバレエを辞めてしまう人もいるそうです。それほどの実力を持つ彼女は、一体どんな人なのでしょうか。

吉田都のプロフィール

生年月日:1965年10月28日
出身地:東京都国立市
出身校:ロイヤル・バレエ学校
身長:159センチ

吉田都の経歴

1974年:9歳で石沢秀子にバレエを習い始める。
1981年:全国舞踊コンクール・ジュニア部門で第1位に。その後石沢の勧めで松山バレエ学校に移籍
1981年〜1983年 松山バレエ学校在籍。コール・ド・バレエとして松山バレエ団の公演にも出演
1983年:ローザンヌ国際バレエコンクールでスカラシップ賞を受賞。同年、英国ロイヤル・バレエ学校に入学。当初は上級学校の1年生のクラスだったが間もなく最終学年に移される
1984年:サドラーズウェルズ・ロイヤル・バレエ団 (現バーミンガム・ロイヤル・バレエ団) に入団した
1988年:ピーター・ライト卿に認められ、最高位プリンシパルに昇格1995年:バーミンガムから英国ロイヤル・バレエ団に正式に移籍
2005年:遠藤貴と結婚
2009年:11月、ロイヤル・バレエ団からの引退公演発表
2010年:4月にロンドンのオペラ・ハウスにてさよなら公演として『シンデレラ』を踊る
2010年:東京文化会館で同バレエ団の来日公演 『ロミオとジュリエット』 のジュリエット役を踊り、26年間に及んだイギリスでのキャリアを終える
2011年:3月11日の東日本大震災の直後には、ロンドンにてJapan Tsunami Appeal Concertというチャリティー公演を企画
同年5月には東京で、古巣バーミンガム・ロイヤル・バレエ団と『真夏の夜の夢』を踊った
2018年:6月28日に行われた新国立劇場運営財団理事会審議にて、同年9月から新国立劇場舞踊部門次期芸術監督予定者として芸術参与に就任することが決定
2019年:現役引退を発表

22年間も英国の2つのロイヤル・バレエ団で最高位プリンシパルを務めるなんて、信じがたい偉業です。そして何よりも凄いのは、その22年の間ずっと、一切の衰えを感じさせず、失敗と見た人が思うような動きが一度もなかったということです。「彼女は本当に人間なのか?!」と叫んだ観客がいたという話も、ただの噂ではないかもしれませんね。吉田都さんは、いつまでも若々しく、溌剌とした踊りをされるので、20年以上英国ロイヤルバレエ・プリンシパルとして君臨した間、妖精や少女の役が似合うダンサーだと評されてきました。

吉田都の魅力をバレエ経験者が解説

正確で、細やかで、寸分の狂いもないステップに、見ている側が、息をすることを忘れてしまいますね!アラベスクをしても、ピケやシェネを続けても全くブレることのない安定感。海外のどんなダンサーも回転後に少しフラついたり、自分の身体に振り回されて軽く軸がブレたりすることはあります。ブレたものをすぐに直したり、そのブレ方がまた情熱的な表現だと認められたりしますが、吉田都さんは絶対にブレません。ブレないようにコントロールし、ブレないように身体を作りあげ、ブレないようにレッスンをし続けていらっしゃるのです。しかも、調子が悪くて今日は動きがイマイチだなと思う日が一度もなかった!と吉田都さんと共演したことのあるダンサーが言っていました。驚嘆に値しますね!

あまりにも圧倒的ですね!この動画でも、吉田都さんという人の卓越した技術、寸分の狂いもなく緻密に構築されているステップといった魅力を味わうことができます。男性に支えられてのスピンのあと方向転換をするあの切れのよさ、次々とリフトされていって時には投げ飛ばされても決してバランスを崩さない様に、男性なしでも浮いてしまうのでは?と思ってしまいますね。

吉田都さんという人の表現力は、役柄をしっかり勉強した上に成り立っているそうです。でもこの動画を見ていると、それだけではない吉田都さんご自身の可愛らしさが溢れでてしまっているのでは?と思ってしまいますね。恥じらう仕草や振り向く仕草が、とても少女らしいのです。

2019年夏で引退を表明

吉田都さんは現在53歳。そろそろ次世代の教育にあたりたいという理由で現役を引退されるようです。NHKでバレエレッスンをする番組がかつて放映されていましたが、ご自身が努力家で正確に踊りこむ方であるため、その指導は明確でとてもわかりやすいものでした。指導や監督の立場になられてからも、その活躍が楽しみですね!

まとめ

「NHKバレエの饗宴 2018」で吉田都さんをお見かけした時に、そのあまりの変わらなさに、驚きを隠せませんでした。バレエダンサーとしてのスタイルに恵まれている訳ではありません。でも、他のスタイル抜群の若手ダンサーの中にいて、特別に光り輝いて見えたのは、やっぱり吉田都さんでした。